2016.02.22 屋久島で観れる海洋生物

こんにちはヴィラウルーです。
今日は屋久島で見ることがある海洋生物についてご紹介

◆まずは代表的なウミガメ。
ウミガメの産卵場所として屋久島はとても有名ですね。
産卵時期になると栗生浜や永田浜などで沢山のウミガメが夜な夜な産卵に上がってきます。
そんな沢山のウミガメが生息している海域なので、
海を暫く眺めていると息継ぎの為プカリと姿を現すことも多いです。
防波堤や磯などで眺めていると 時には一度に沢山のアオウミガメやアカウミガメを見ることができますよ。

◆イルカ
屋久島周囲の海にもイルカの群れがやってくるときがあります。
多い時には100頭以上の大きな群れが通る時もあります。冬期に見かける事が多い気がしますが、ヤル気満々の時には水族館で見せる様なイルカジャンプも見せてくれることもあります。

◆クジラ
巨大なクジラも屋久島では見かける事があります。
イルカ同様、サービス精神旺盛なクジラの場合には
大きな体を水面から出してジャンプしてくれたりもします。

どの生き物も屋久島の磯で釣りをしていると時折姿を見せてくれますが、特に至近距離でクジラを見た時は結構迫力があって感激しましたよ!

image

写真は 先日見かけたクジラをスマホ撮影したものですがかなり遠い場所を泳いでいるので 全くクジラらしく撮れてませんね また次回機会があれば頑張ります(^^)

海をゆっくりと眺めていると思いがけず大きな海洋生物を見かける事があるかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください