カテゴリー別アーカイブ: 今日のヴィラウルー

2018.06.11 ウミガメの産卵

屋久島 梅雨に入りましたが、今のところ雨だけが降り続く事もなく今日も青空が見えています。
空気はすっかり夏らしくなって非常に蒸し暑いです。
海や川遊びが恋しくなる時期に突入ですね。

先日ウミガメの産卵を見にきたというドイツ人ゲストがご宿泊でした。
残念ながらウミガメの産卵は夜、屋久島では夜間の交通機関は皆無ですので レンタカーが無いと見に行くことができないのです。
屋久島に来た目的がウミガメを見たいから。。と聞かされたら そこは何とか致しましょう!という事になり、特別に車で一緒に出かけました。
栗生浜に到着したのが夜8時45分頃。
まだウミガメは浜にあがってきていないので あとは産卵に来てくれることを祈りつつ、ただ待つしかありません。
梅雨空かと思いましたが空には満天の星空。
金星や人工衛星を見ることもできました。

しかしながらなかなかウミガメはやって来ず。。
話しによると 前日は全く来なかったらしく0頭
潮の条件も悪く、黒潮も少し沖を流れているそう。

スタッフさんが常駐しているのは夜10時まで。
今日はダメかなーと思いかけた 夜9時45分を過ぎたあたりで ようやくアカウミガメが1頭産卵にあがってきました。

産卵のため 砂浜に穴を掘り、ようやく産卵を始めてくれました。
749C4894-F911-46CB-A937-7DF62FB395BB

9D498543-8341-459F-9953-C2F96B8C28AA

産卵が終わるとタマゴに後ろ足で砂をかけ、前足を使って掘った穴を平らに均したあと 海に向かって移動していきます。
そして海に無事帰るまで見届けました。

無事見ることができてゲストさんは大喜び。
悪条件の中で見る事ができた非常にラッキーなゲストさん、長い時間待った甲斐がありましたね。

私は無事に見られて内心ホッとしています、、、
ウミガメさん有難う(笑)

ウミガメの産卵シーズンは まだまだ続きます。
この時期 屋久島に来られたら是非足を運んでみてください。

2018.05.21 長期滞在の海外ゲスト

屋久島は今日も雨。
雨が続きますので梅雨入りしそうな雰囲気です。
例年だと九州南部は5月31日頃なのですが、すでに梅雨入りしている沖縄も奄美大島も普段より早めの梅雨入りの様です。
雨の日は川も増水しますし足下も滑りやすいので、観光される方はご注意くださいね。

話は変わりますが、
今年は長期で利用される海外ゲストさんが多い様な気がします。長期と言っても1週間くらいですが、昨年まではあまり多くなかったと思います。
つい先日もイギリスの方が6日間滞在されました。
対して国内のゲストや比較的近くて気軽に来やすい台湾の方などは1〜3泊が多いですね。

海外ゲストはレンタカーではなくバス移動の方が多いので登山口までのバスアクセス説明や観光地の案内、近くのレストランの予約や送迎など、自ずとゲストとコンタクトする機会が多くなります。
そして1週間も滞在すると そのゲストが居る事が常であるかのように感じてしまいます。それなのでチェックアウトのお別れの際には少し寂しさすら感じてしまう今日この頃。
一期一会かもしれないけれど 世界の遠い遠い異国の地の方と実際に出会える機会を得られる事は 普段生活していたらなかなかあり得ない奇跡だと思いますね。

これからも、そんなゲストの役に立てるような場所作りを目指して行けたらと思います。

02DD6D38-72D2-495F-AD99-9AF8EE3DA768

2018.05.15 今日は何の日 開業4周年

本日5月15日は 当館がオープンした日なんです。
いつの間にか4周年を迎えておりました(^^)
過ぎるとあっと言う間に感じられますね。

C6826123-CA17-45A1-8CA2-9C5E87C2EDAD

記念日の今日もお陰様で満室。といっても二棟のみの小さなお宿ですが、イギリスからの海外ゲストをお迎えし
夕刻には近くにオープンした お寿司屋さん「すし将」まで送迎させて頂きました。
すし将さんには ご挨拶に行かなければとは思っていたのですが、なかなか行く事ができずにいたので
この機会に少しだけ挨拶する事ができました。
また今度ゆっくりと お店の方に伺いたいと思います。

商売柄なのか小さな島に住んでいるからか分かりませんが、こういった人との繋がりも この4年間で培われてきた気がします。
移住者の先輩や同じ宿業を営む方々、ガイド業などゲストにサービスを提供してくれる方々、飲食店を経営している方々、 釣り好きが高じて知り合えた方々。。
娘が産まれた事に関して言えば、それはそれは多くの方々との繋がりを得る事ができました。
そんな人達との繋がりも4年間で得た財産と言えますね

屋久島ヴィラ ウルーも 5年目突入。
新たな展開目指して ゆっくりのんびり進めていきたいと思います。

◆7月8月予約の受け付けを開始しました。
そろそろ本格的に夏休みを計画される方が増えてくると思いますので、ご予約はお早めにどうぞ。

2018.05.01 GW突入と当館のスタイル

ゴールデンウィークに入りましたね。
車を運転していてもレンタカーを見かける台数が多くなってきました。2018年最初の大型連休到来です。

当館は二棟のみの小さなお宿なもので、少しお客様が増えてくると すぐに満室になってしまいます。
そのためゴールデンウィークやお盆休みといった集中する時期の瞬間的な忙しさには鈍感なもので、、、いつもの日常といった感じもしてしまいます(^^)
たくさんお部屋があるお宿さんは ここが大事な時でしょうから かなり忙しくされていると思いますが、、
私なんかはGWに入った事に気付かなかったりします(笑)そんな感じでのんびりとやっている当館です。
その代わり1組1組のお客様との時間を大切にできます
プランの相談にも応じますし、レンタカーを借りられない海外ゲストさんには バスでは行けない観光地を案内する事もあります。
そんな時間を確保する事ができるので、これはこれで良いのか?とも思いながらノンビリ運営しています。

当館も5月15日でオープンから4年が経ちます、5年目突入です。
そろそろ新しいことを実行しながら 独自のスタイルを確立させていければいいなーと考えております。

そこはやっぱりノンビリと。

2018.03.12 屋久島観光シーズン到来

今日は外作業するには暑いくらいの屋久島です。
ここは3月と言えども日差しは強烈なのです(^^;
一雨降るたびに植物達が元気に成長していくので、こちらの除草作業が追い付かないくらいです、、。
地道にやっていくしかないですね、頑張ります(笑)

気持ち良く晴れています☀️
DA6FBA28-3CAF-47D1-BEB0-6E1370003E93
全国的に暖かくなってきたせいか 当館の予約の動きが活発化して参りました。
3月と5月の屋久島は学生さんの旅行やGW旅行によって 島内観光者の数が方が増える時期なんです
しかし、その間の4月は案外と観光の方少ないのでおススメしておきます(^^)

先日宿泊頂いたお客様、ノートにメッセージを書いて下さっていました。
22CDF48D-9030-4F95-BBE4-CD6952E9A864
滞在楽しんで頂けたようで こちらも嬉しい気持ちになります。是非またいつか 屋久島にお越し下さいね!

2018.02.26 桜の時期

今日はよく晴れている屋久島。
昼間はポカポカ暖かい日が増えてきましたね、
屋久島の場合は2月初旬から中旬あたりが例年一番気温が低く、山道の交通規制が多い時期だと思います。
現在ヤクスギランドや白谷雲水峡に向かう道路の通行規制はありませんが、まだトレッキングコース内は残雪があるかもしれませんのでご注意下さい。
先日お越し頂いたゲストさんは白谷雲水峡の太鼓岩まで行かれたようでしたが、苔むす森あたりから雪深くなったと仰っていました。
ここ最近、山上も日中の気温が上がってきていますので
このまま雪解けしてしまえば良いのですが、、、
どちらにしても屋久島の春は もう目前です(^^)

3BB5B778-C717-4629-9F0A-834D6D378000

A0A4D06F-2856-4D14-874F-0D77CEF9CFF0

近所の公園の桜も咲き始めました。
早咲きの桜ではありますが、毎年屋久島に春の訪れを知らせてくれます。
千尋の滝にもこの時期に咲く桜が沢山あったのですが、昨年から大規模な工事を行っていて桜を見に行くことができなくなっています。
確かこのブログでも昨年同時期に工事中の書き込みをしたような気がしますが、、、彼此1年経ちますのに昨日千尋の滝に行ってみたらまだ工事中。
桜の木もどんな状態なのか見たかったのですが、まだ立ち入り禁止となっていました。

225939A6-D873-4C46-AA99-B5BD72F21329

売店脇でトウキビジュースとタンカンジュースをワゴン販売していたので、トウキビ&タンカンのミックスジュースを頂きました。
トウキビジュースは目の前で機械で絞ってくれました、
タンカンも絞りたて。タンカンのあとからトウキビの自然な甘さが感じられるジュースでした。
美味しかったです、ご馳走様でした(^^)

3月入れば屋久島も観光シーズン本番です。
予約の方も入ってきておりますが まだ空室は御座います。
ご予約をお待ちしております。

2018.02.19 サイクリング屋久島2018

77AE4272-B6FF-4BD7-B5B8-BEDC609F76DA昨日は毎年恒例のイベントとなっているサイクリング屋久島が開催されました。
清々しく雲一つない快晴の中朝7:30に尾之間をスタートし、7:40過ぎには先頭集団が当館の前を通過していきました。
私達も沿道で応援していました。
開始して間もないタイミングなので出場者の皆さんもまだまだ元気ハツラツ(^^)
これから走る屋久島ロードへのワクワク感が伝わってきました。風も殆ど無く天気も良かったので走るにも景色を見るにも最高のシチュエーションだったのでは、と思います。
当館をご利用下さった参加者の方からも最高に良い天気だったと、このイベントを満喫されていらっしゃいました。
23348DEB-2898-43A5-ABFA-16D37AC3F7B7

屋久島は冬のイメージが弱いですからね、このような冬のイベントは屋久島を盛り上げてくれるので大歓迎。
皆さん冬の屋久島も楽しんで頂きたいですね(^^)
今年も安田大サーカスの安田団長が参加されていました
2015年7月国内トライアスロン参加中の自転車事故で大怪我を負ってしまいましたが、その後無事復帰した後もトライアスロンの世界大会出場を目指し日々精進するストイックな方( ^ω^ )
また来年も来てくれるかな?
次回もこんな良か天気の中で開催したいですね。

2018.02.14 冬の屋久島観光

2月に入ってからというもの屋久島の山には雪がだいぶ積もっているみたいです。
平地でも小瀬田では雪が朝方降り積もったとも聞きました、やはり2月初旬〜中旬あたりの時期は一番寒い時期なんですね。
尾之間から見える山も白い帽子を被っていました。

2月に入ってからゲストが何名かいらっしゃっていますが、残念なことに山への道が凍結により通行止めになってしまっていました。
こうなると暫くの間は通行できなくなってしまうので、
ヤクスギランドや白谷雲水峡、縄文杉へは行くことができません。皆さん島を一周まわりながら観光されて楽しまれていました。
南国屋久島でも冬になれば山間部は雪が積もりますのでご注意下さいね。
ようやくヤクスギランドと白谷雲水峡辺りは開通になりましたが、コース内は10〜30cmの積雪があるとのことですから普通のトレッキングの感覚では行けないですね。行く場合にも現地ガイドをつけるなどをして行く必要があると思います。

皆さん山間部が通行止めになった際には里にあるスポットで屋久島を楽しまれています。
滝や博物館など島の観光スポットを見てまわりながら温泉に行ったり、陶芸やクラフト体験などしたり、釣りをしたり、沢山あるパワースポット巡りなんかをしていますね。ご希望があればミニツアーも行いますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

あとは大雨による交通規制ではないので、里山でのトレッキングは可能です。
当館近くで言えば「モッチョム岳」登山や尾之間にある「蛇之口の滝」のトレッキングコースなどがあります。
山岳部のコースとはまた違い 南国チックな植物が多く見ながら歩くコースになっているので、今まで縄文杉や白谷雲水峡に行ったことがある方にも里山歩きはおススメです。
里山とは言っても そこは厳しい自然がそのまま残る屋久島、簡単気軽に行ける場所では無いので装備はしっかりして出発して下さいね(^^)

ここからは私の勝手な戯言コーナーです(^^)
屋久島は山岳信仰のある島。集落ごとに信仰する山がありますので里からの登山コースは幾つもあるんです。
他にもあまり知られていないビュースポットや滝に繋がるトレッキングコースが無数にあるにはあるんですが、人があまり立ち入らなかったり集落の人の手が入らないとすぐに草木で覆われてしまいます。
そのために今は通れなくなってしまっている登山道は多いですし、道を外れる可能性がある危ないコースも多いです。
冬の観光スポット、冬に案内できるトレッキングコースとしても里のコースを整備できたら観光者の選択肢も増えて良かろうなーと勝手に思ったりしてます。
あとは里から2時間程度で目標地点までを往復できる距離が短めのコースが幾つか あったらおススメするのになーとも思いますね。
昼過ぎから行けるトレッキングコースは無いか?とか聞かれても 基本的に屋久島の山は長くてキツイです(^^)

縄文杉や白谷雲水峡に劣らないスポットがあるトレッキングコースがあったら、屋久島は冬でもトレッキング!といえるんでしょうね。
そんな事を日々妄想しながら楽しんでおります( ´∀`)
F51CBBD3-66A1-4F88-B98B-C750995A0879

2018.01.29 屋久島天気の安定する時期

今年は全国的に例年よりも寒い日が続いていますね。今週も関東地方でまた雪マークの天気予報がでていますし
まだまだ春が来るのは先のようです。
屋久島は南方の島ではありますがやっぱりこの時期はそこそこ寒いです。朝晩は特によ~く冷えます。。。やはり冬です。
それでも昼間太陽が出てくると春のような温かさが感じられるので、この時期になると私は決まって冬から春の訪れを毎日のように体感し「あー春が来た!」と毎日のようにお日様の暖かさにシミジミしながらボヤいています。
当然ですがヤクスギランドや白谷雲水協など山上に行けば極寒の寒さになります。平地とは10度近く気温差があるので雪も残っていますし日陰などは路面が凍っているところもあったり、、、人が少ないので静寂を楽しめますが防寒など準備は万端に出発して下さい。

今日は雨が多い屋久島の天候について書いてみたいと思います。
「屋久島は月に35日雨が降る」なんていう言葉を聞いたことありませんか?
全く意味不明な言葉ですが(笑)
これは屋久島では1ヶ月以上分の雨が降るという表現で、屋久島はそれくらい雨の多い島であるという事なんですね。
屋久島に雨が多い理由としては、
島なので当然ですが「周りが海に囲まれている」
そして周りを流れる暖流 「黒潮の影響」
最後に屋久島の「急峻な地形」これらの条件によるものと考えられています。

「35日雨が降る」と言われてしまうと 毎日の様に雨が降っているイメージに思われてしまいますが、実際はそこまで極端に雨の日が多いわけでは無いんです。
流石に6月雨季に入ると雨は毎日のように降りますが、その他のシーズンは意外と他の地域と大差ないと思います。その言葉が表しているのは雨の日の多さでは無く、屋久島の雨量です。
先述した条件によって 屋久島では雨が降ると度々まとまった雨が降ります。それこそ「バケツをひっくり返した」という表現がピッタリなくらいの土砂降りの雨。
里では降らなくても島の中心にある山の中では豪雨なんて事もあります。
毎日雨が降るイメージが先行してしまっていますが
実際には結構晴れの日も多いのでご安心を(^^)
ただ一度に降る雨量は凄い時があります。

◆観光に来られるにあたり 雨の日の多い時期について

2〜3月あたり屋久島の冬が明ける頃になると、島で「木の芽流し」と言われている長雨が降ります。
島の植物達にとっては春を知らせる恵の雨ですが、観光される方にとっては ちょっと残念な雨続きのタイミングになりますね。
6月は当然屋久島に梅雨前線がかかってきますので雨季を迎える時期になります。前線の上がり下がりで前線が通る度に激しい雷雨と凄まじい雨が降ります。
梅雨というとシトシト雨をイメージするかもしれませんが、屋久島の梅雨は半端ではありません(o^^o)
毎日の様に激しい雷が起きますし それが落ちて停電になる事も多いです。
梅雨が明けて夏の高気圧が張り出すとよく晴れて天気が安定します。夏の間は晴れ日が多いですね。
あとの夏以降は台風次第で雨の頻度は大きく変わってきます。
冬は北風が吹き荒れる事は多いですが、雨自体は少ないと思います。降っても弱い雨が多いですね。

屋久島の雨は一度に降る量が多い事が特徴です。
トレッキングに行く時や川遊びをする際には特に事前情報や当日の空模様などチェックしておくと安心かも知れませんね。安全に屋久島旅行を楽しみましょう(^^)v

2018.01.22 屋久島で釣りを楽しむ②

ここ数日 屋久島は春の暖かさを通り越して暑さを感じさせる陽気になっていました。
屋久島は日差しが強いですからね、晴れていたら実際の気温なんかよりも体感気温は高く感じます。ちょっと動くと汗をかく程です。
強烈な北西風も暫く休憩なようで、東寄りの風が爽やかにそよそよ吹いています。
そんな気持ち良いお天気の中、釣り目的のゲストが滞在されていました。昨日お帰りになりましたが毎朝薄暗い時間から釣り場に行かれていましたよ。

ゲストさん屋久島の釣りはNJ氏が書いている「屋久島いい加減釣り日記」という釣りブログを見て興味を持たれたのだそう。
「文や表現が面白い」「笑いながら見させて貰ってる」と仰っていましたので まさにNJ氏のファンですね(^^)

いい加減釣り日記https://fishing.yakushima.link/daily/?page_id=542

湯泊港ではNJ氏と実際に会ってお話しもできた様で何よりでした。

それで、ここからは先週に引き続き屋久島の釣り事情について書いていきたいと思います。

1、屋久島の防波堤
今回のゲストさんは湯泊港によく行かれていましたが、
屋久島南岸の防波堤は非常に高さがあるんです。
特に南岸は台風が来れば10m以上の高波が港を襲います、港には漁で使う小型船や釣船などが停泊していますので それらを守る為にも超高い防波堤は必須なんですね。
そういう訳なので安定感のある広い防波堤ではあるのですが 水面までの高さが10m近くある非常に釣り辛い感じになっています(笑)
A7CBF83E-DA46-4ED1-9506-61E5B6145B30

大きな魚が掛かった場合 堤防に引き上げる事が難しいという問題がありますね(^^)
因みに湯泊港の先端にはNJ氏が設置してくれた落としタモがありますので、もし大きな魚が掛かったとしても周りの人にタモ入れしてもらえば魚を引き上げられます。

2、岩場の上り下り
屋久島の岩場は こんな感じです。
C5209160-13C2-4287-9753-E015F7AF28B3

Googleマップなんかでみると平坦で歩き易そうにも見えるかもしれませんが、実際に来てみるとアップダウンが激しかったりします。
46408BAF-DE1D-420F-A33C-996991E68108
中にはロープが下ろしてあって、それを伝いながら降りる場所なんかもあります。

なので持ち物は少なめに軽装が基本と思います。
両手が塞がっている状態では危険ですね。濡れている岩場も滑りますが、砂を被った傾斜のあるフラットな岩の上も意外と滑って転びやすいです。ご注意下さい。

3、干満
潮が満ちている時にはいけないが、干潮時には渡れる。
なんていう釣り場が幾つかあります。
勿論 そんな場所に行くからには先に当日の潮位は見るとは思うのですが、帰り時間をしっかり守らないと潮が満ちて帰れなくなったりしますのでご注意を。
イソモン採りも干潮時を狙っていきますので 夢中になって採っているうちに潮が満ちてきてしまった、とか
上げ潮に変わってから潮流波が大きくなってきて 頭から波を被ったとか聞きますので、周りや時間に注意しながら楽しみましょう。

4、屋久島の局地的大雨
屋久島は雨の多い島とはよく知られていますが、
毎日ずっと雨が降り続いているという事では無くて、降り出すとスコールの様にドカンと降る事が多いのが特徴と言えると思います。特に暖かくなってきてからの雨は時折雷を伴いながら激しく降りますね。
雷も勿論 注意報を見ながら気をつけなければなりませんが大雨にも注意が必要で、屋久島では急な大雨があると川が一気に増水します。島全体が傾斜地ですから 山上で降った雨も一気に下流まで流れてくるんですね。
これは屋久島で山登りをされる方のほうが注意するポイントかもしれませんが、釣りをされる方もご注意を。
行きの時は足首くらいまでしか無かった川が、急な雨が降り出したので帰ろうとしたところ 増水した濁流になっていた、、なんていう話しもよく聞きます。
天気が不安定な時に もし釣りに行くのであれば、そういったリスクを回避できるポイント選びも大切かと思います。雷が鳴りそうな時には無理せず釣行を控える判断も大切ですね。

ともあれ屋久島に釣りに来てみたいというお客様は一度当館にご連絡下さい。
お待ちしております(^^)