びわ追加販売も即完売!

昨日 残っていた びわの追加販売を行ったのですが、12箱分あっという間に完売してしまいました。ご購入有難う御座いましたm(_ _)m

びわを受け取り食べた後に再注文して下さった お客様も何人かいらっしゃいまして ご好評頂いております。改めて今期からびわの販売を開始して良かったなーと思いました(^^)

残り袋数120余り。おそらくは 明日午前中の収穫発送で最終になるかと思います。

また来年も 屋久島びわを販売していきたいと思いますので宜しくお願い致します(^^)


2019.02.01 冬の嵐とバナナの木

昨日は結構な強風が吹き荒れた一日でした。
南西の風が吹いたので久しぶりに雨空になり、15m以上の暴風が暫く吹いていました。

お陰で辺り一面 落ち葉だらけ
今日は落ち葉の片付け作業からのスタート(^^)

片付けをしながら 他に異常は無いかもチェックしていきます。
法面の下を見た時に 何か違和感。。

バナナの木が根っこから倒れてる!
しかも実が付いていた木。。
実も80本以上付いているので かなりの重量になります
その荷重が片側に掛かっている状態で暴風を受けたのでひっくり返ってしまったんでしょう。

木上でバナナが黄色く追熟するまで放置しておこうと思ったのに 意図せずイキナリの収穫です(笑)

2F699285-5178-453D-A324-EA733733E973

遅かれ早かれ収穫して追熟もさせるのですが、
もう少し木上で保管したかったです。
でも あともう1本同じようにバナナが実っている木があるので、そちらは木上でもう少し寝かせたいと思います

80本以上のバナナ 全体が一気に熟すので 加工や冷凍保存する段取りをしておかないと 勿体ない事になりますので注意が必要ですが、
皮を剥いて冷凍しておくと夏場には嬉しいフローズンバナナやスムージーに利用できるので なかなか使えるヤツなんです(^^)

本土の方に聞くと島のバナナ食べてみたいという声を聞きますが、バナナの木は屋久島を含む南方の離島では丈夫で簡単に育つ庭木の様なモノなんです。
なので 南方に遊びに行かれた際には結構バナナの木を目にする事は多いと思います。
その際 もし機会があれば 国産バナナをゲットしてみて下さい。青い状態の物なら熟すまで少し時間もかかるので良いお土産になるかもです(^^)
ご参考までに。

2019.01.28 GWの予約はお早めに

1月27日 今期一番の冷え込みとなりました。
尾之間で最低気温4度 島の南側ではなかなかの冷え込みです。

いきなりですが、、
今年のGWの予定はお決まりでしょうか?
まだ1月ではあるんですが GWの予約は年明け前から動き始める方が結構多いんです。
屋久島に限らずとは思いますが GW中の観光予約は早めに済ませておいた方がよいと思います。
屋久島でも宿は勿論のことレンタカーや観光ガイドなどは早めに予約した方が良いですね。
直前になると空きが無いなんて事も良くあります。

GW時期意外も4月 5月は大変過ごし易く観光するのに良い時期ですので 時期を少しずらすのが良い方法と思います(^^)
皆様のお越しを心よりお待ちしております!

昼間この暖かさから ミツバチがあちこちで蜜集めに飛び回っていました。昼間晴れていれば 汗をかく位に暖かいです。
虫や動物は自然の動きに敏感で従順ですね。
DD9BF4E8-67B9-4A22-BD83-FB92035A2161

2019.01.26 インフルエンザ大流行

年が明けて本格的に寒い季節がやってきました。
南国屋久島も南の島と言えど1、2月はやっぱり寒いです。
でも島の南側は冬の北風が屋久島の高い山々に遮られるので暖かいんです。お日様が出ていたら暑く感じますよ
前日来られたゲストさんも島の北と南での天気の違いに驚いていました。
「北側は凄い雨でしたよ!?」と仰っていましたが
当館のある南側では雲を探すのが難しいくらいの青空が続いていました。車を走らせていくと天気が変わるのです(^^)
それだけ島の中央に位置する山々の大きさを感じさせられますね。

まだまだ寒い日が続き 今年は関東では雨が降らずカラッカラのようですね。
インフルエンザも全県で感染の警報が発令されています
皆様どうかご注意下さいませ。

◆庭の金柑色づいたので収穫
7D9C9A42-3911-489A-9904-32D796940EA8
毎年の楽しみです(^^)

2018.12.18 庭のパッション

12月に入ったので お宿も暫くお休みを頂き
大掃除を済ませました。
また来年もたくさんのお客様に利用して頂けたら嬉しいです(^^)

さて今年も ぽんかん収穫時期になりました。
この時期になると屋久島中で ぽんかんのお裾分けが行われます。
以前は農道を歩いているだけで 知らない農家さんからぽんかんを頂いたこともありました。観光客だと思われたんでしょうねー。
それは大変有り難かったのですが、、、
そのままポンカンを持って農道を歩いていたら変な容疑をかけられそうだな。とも思い 即ポンカンをカバンにしまいました(笑)
そんなポンカン収穫シーズンなので ポンカン果樹園では皆さん賑やかに作業されています。

ウチの庭にあるパッションフルーツは 未だ実が幾つかついたままなんですが、流石に寒さで色付かないかなぁ
伸びきったパッションは来年に向けて一気に切り詰めたいんですが、もう少し待ってみましょうかね。

ポンカンと12月収穫したパッションフルーツ
8ABCCCA4-6D6F-4AA7-8298-E941AEADCA30

2018.10.05 台風25号

こんにちはヴィラウルーです。
二週続けて台風の影響を受けております。
今年初めて屋久島を直撃した台風24号は
麦生集落の巨大なアコウの木を根から薙ぎ倒しました。
5833DA70-5DB7-4A7D-AF31-525C37B5D5AA
凄い力ですねー。

今 近くを通過中の台風25号は だいぶ西寄りのルートをとっているので、屋久島自体にはあまり影響無さそうですね。
しかし、交通機関に関してはだいぶ影響アリアリです。
昨日からフェリーは欠航、今日は高速船全便欠航、空路もほぼ欠航。
ちょっと早い交通機関のクローズで 屋久島から帰れなくなってしまった方も多いのではないかと思います。

大型台風が発生し易く 日本に近付き易い9月10月は
少しリスキーな時期です。
案外 少し時期を外して11月、12月に来られるのもおススメです。
その時期は観光の方も少なくなり 本来の静かな屋久島の森を散策できます。
12月上旬頃であれば まだ本格的な雪のシーズンては無いので状況を見ながらトレッキングも十分楽しめます。
また 冬季は荒川登山口まで車で行けるのもメリットとしてはありますね。

是非 これから年末にかけて屋久島に行く予定を立ててみてはいかがでしょうか?

2018.08.30 モンステラの花

客室棟の裏庭にはモンステラが地植えしてあります。
次々と新葉を出して とても元気なモンステラ。
96546223-B525-42E5-8D8C-D8F09185467F

夏に入ってから 蕾をつけました。
蕾の状態が随分長く続きましたが ようやく白い花が開く姿を見せてくれました。

EE1DA5F2-3F15-4B96-9F06-3790A284D428

その後は あっと言う間に 萎んでしまいましたが、
しっかり実をつけてくれていました。

D381BB38-FA79-4525-B85F-97C902E9CDE6
このモンステラの実。
実は食べられるんです。
今年もしっかり熟させてから食べたいと思います。

2018.08.26 屋久島の植物 サクララン

今年は全国的に例年より暑い夏を迎えているようですね
危険な暑さ、というワードが毎日ニュースから聞こえてきます。 まだ残暑厳しいと思いますので 熱中症には充分注意しないといけないですね。

10D0775A-85B7-40E2-ABEB-D63521B5DA07
屋久島には たくさんの植物達が根付いています。
それは可愛いものや、神秘的なもの、苔やシダ植物
中にはちょっと気持ち悪いものも(笑)

ちょっとした山道でもそんな植物達を少しでも知って歩くと 色んな発見ができます。
これも屋久島の楽しみ方の一つですね。

写真はサクララン 県道沿いでも見られる植物で 葉っぱが肉厚で可愛らしいです。
夏にはこれまた可愛らしい花が咲きます。
水気の多い場所に群生しています。

2018.07.04 蝉も出てきて夏本番

D30470DC-B2DB-40FF-B876-860D8997339E

7月に入り蝉も 次々と飛び立っているようです。

梅雨明けかとも思われましたが 台風7号が発生したことで梅雨の様な陽気に逆戻りしてしまいました。

梅雨明けは来週でしょうか、いよいよ観光シーズンに入ります。
お陰様で7月、8月 沢山のご予約を頂いております。
まだ少し空室が御座いますので、お部屋を探されているお客様はどうぞご検討下さいませ。

2018.06.11 ウミガメの産卵

屋久島 梅雨に入りましたが、今のところ雨だけが降り続く事もなく今日も青空が見えています。
空気はすっかり夏らしくなって非常に蒸し暑いです。
海や川遊びが恋しくなる時期に突入ですね。

先日ウミガメの産卵を見にきたというドイツ人ゲストがご宿泊でした。
残念ながらウミガメの産卵は夜、屋久島では夜間の交通機関は皆無ですので レンタカーが無いと見に行くことができないのです。
屋久島に来た目的がウミガメを見たいから。。と聞かされたら そこは何とか致しましょう!という事になり、特別に車で一緒に出かけました。
栗生浜に到着したのが夜8時45分頃。
まだウミガメは浜にあがってきていないので あとは産卵に来てくれることを祈りつつ、ただ待つしかありません。
梅雨空かと思いましたが空には満天の星空。
金星や人工衛星を見ることもできました。

しかしながらなかなかウミガメはやって来ず。。
話しによると 前日は全く来なかったらしく0頭
潮の条件も悪く、黒潮も少し沖を流れているそう。

スタッフさんが常駐しているのは夜10時まで。
今日はダメかなーと思いかけた 夜9時45分を過ぎたあたりで ようやくアカウミガメが1頭産卵にあがってきました。

産卵のため 砂浜に穴を掘り、ようやく産卵を始めてくれました。
749C4894-F911-46CB-A937-7DF62FB395BB

9D498543-8341-459F-9953-C2F96B8C28AA

産卵が終わるとタマゴに後ろ足で砂をかけ、前足を使って掘った穴を平らに均したあと 海に向かって移動していきます。
そして海に無事帰るまで見届けました。

無事見ることができてゲストさんは大喜び。
悪条件の中で見る事ができた非常にラッキーなゲストさん、長い時間待った甲斐がありましたね。

私は無事に見られて内心ホッとしています、、、
ウミガメさん有難う(笑)

ウミガメの産卵シーズンは まだまだ続きます。
この時期 屋久島に来られたら是非足を運んでみてください。