2019.11.08 ビワ園の様子

今年もビワ農園のビワに蕾が沢山あがってきました。ビワは放っておくと全ての花に実をつけようと頑張ってしまうので 今はそれを防ぐ為に蕾を摘み取る摘蕾作業をコツコツやってます😊

全部に受粉させてしまうと樹自体も疲れてしまうのもありますが、実が大きくならないんです。

収穫は来年春3月末から4月頃になりますので、それまで手入れを行いながら 今期も美味しいビワをお届けできるように頑張りたいと思います😆

2019.10.17 バナナなりなり

9月を過ぎても未だ暑い日が続いていましたが、最近はやっと秋らしくなってきた様に感じます。

屋久島に移住する前は秋の紅葉シーズンだったり 秋を感じるものがありましたが、屋久島は夏が長い分秋らしい時期は一瞬で過ぎます(^^)涼しくなったり暑くなったりを繰り返しながら いつの間にか12月。

なので屋久島を訪れるなら これからのシーズンは意外にオススメです。観光客が少なくなった静かな森をゆっくり散策して楽しむことができますよ。年明け1月を過ぎると屋久島でも山岳地域では雪が降りますが 年内に降ることはまずないです

今年も終盤になりますが これから屋久島旅行を計画されてみてはいかがでしょうか。

庭のバナナの花です😆

現在3本のバナナの木が実をつけています。1本の木にはスーパーに売られているひと房のバナナが10段以上付きますので 結構な重さなんです。

植物の日々の変化を見るのは楽しいですね。

2019.09.05 自然散策してヤクシカに会おう

屋久島では人2万、鹿2万、猿2万と言われ 人の数と同じ位のヤクシカとヤクサルが住んでいるとされてきました。今では人の数が減っているのでそれには当てはまらなくなっていますが😆

少し辺りを歩いて散策してみるのも面白いかもしれないですね。野生のヤクシカに出会えるかも😊

ヤクシカは山上の車道や登山道、西部林道などでよく見かけますが意外と沿岸に近い里でも見かけます。場所によっては住宅が立ち並ぶ場所にだって姿を見せます🦌

3A78B0C7-5212-40C5-B701-C23A1BAD7FED

2019.08.24 屋久島移住について

楽しかった夏休みシーズンも そろそろ終盤。学校の始業式も近づいてきましたね。お子様連れのゲストさんは今年も沢山来て下さいました。皆さん夏の楽しい思い出が作れたようで何よりでした😊是非またお越し下さい。

屋久島を訪れる方の殆どは山登りや海や川のレジャーを楽しむのが旅の目的だと思います。屋久島の大自然を体感して満喫して帰りたい!という観光目的の方ですね。

でも年に数回、屋久島への移住を目的として来られる方も案外いるんです🌴住居探しが目的、という方もいますね。その後無事に移住できた方も何組かいます。

しかし屋久島に限らずどこの場所においても、住む環境を変える事はなかなか大変なことです。色々不便な田舎の離島であれば尚更 環境の違いは大きいと思います。住んでからの現実とのギャップに後悔しないように まずは人に聞いたり、お試しで滞在してみたり、屋久島の梅雨時期や台風を体感してみたり(笑) 先に色々知ることをお勧めしております😆

屋久島への移住を目的として 当館を利用したゲストさんには、そういった この島の事について知っている範囲でご説明しています😊

屋久島に興味はあるが島の現状が分からない、ビジョンはモヤっとしてるけど将来住んでみたいなど、もしお考えの方がいましたら気軽にご連絡下さい🍀

2019.08.10 農園は昆虫王国

夏の大型連休 10連休とも言われていますね。屋久島も観光の方が増えてきたせいか島内が活気付いてきました😆まだまだ暑い日は続きますので暑さ対策はバッチリお願いします☀️

先日、農園の手入れに行った際 幼少期の憧れ カブトムシを見つけました👀もうすっかりシーズンになり、よく見ると園内のあちこちで見つける事ができました✨✨

こんなところにカブト!
木裏でまったり。。
タンカンとカブト😆
ノコギリクワガタもよく見かけます。
中には雌をめぐって熾烈なバトルを繰り広げるカブトムシもいたり。。

見て気づいた方もいるかもしれませんが屋久島のカブトムシはツノが小さくて小型なんです。 特別なカブトムシの種類ではないみたいなのですが、屋久島で生存していく中でこういったスタイルに落ち着いたんでしょうかね。不思議です😊

当農園で お子様にカブトムシやクワガタ探しをしてもらうのも楽しいかもしれませんね😁もし当館ご利用の方で興味ある方は事前にご連絡下さい🌱

2019.08.04 フトモモの木

屋久島の川沿いに自生するフトモモの木。春に花が咲き夏に実をつけます。

フトモモの実。見た目はなんだかビワみたいです。白いビワですね😊

見た目はビワですが食味の方は全く違い、なんというか素朴な味(笑)優しい自然の甘み。甘い物がありふれている現代では この甘みは薄いと感じると思います🌟

食感は例えるなら柔らかめのリンゴでしょうか。シャリシャリ食べる感じです。ビワとは全く別物でしょ?

更に特徴的なのは香りで、近づくと薔薇の様な芳香が漂ってきます。 英名でローズアップルと呼ばれていますが、その名はこの香りが由来なんでしょうね🌹

同じフトモモ科の仲間は その殆どが熱帯、亜熱帯原産の植物で3000以上の種類があるみたいです。名の知れたフルーツではフェイジョアやグアバ、ピタンガ、レンブ、ジャボチカバなども同じフトモモ科の仲間らしいです🤔

フトモモの実は どちらかというとレンブに近いのかも。リンゴの様な食感で、味も弱めで(笑)

フトモモの実、屋久島ではホトウと呼ばれています。麦生にホトー川という名前の川がありますが、きっと川沿いにホトウが沢山自生しているところから その名がついたんだろうなぁー、、と勝手に想像しています😆

当方で管理している農園内にも野生化して沢山実をつけています🍀8月に入ったのでもうそろそろ終盤ですが、こういった変わった植物を知る事も面白いと思いますよ。

興味があるゲストさんはお声かけ下さいね。7月〜8月初旬くらいまで実が付きますよ😊

2019.08.01 夏休みシーズン到来

今日から8月がスタート。夏休みを屋久島で過ごす為に家族で訪れるゲストさんが増えてきました。夏休みの思い出を沢山作っていって欲しいですね😊

夏の虫たちも活発に活動しています。クマゼミは毎日朝から大音量で鳴いています(笑)遠方から来られた方は少し驚くかもしれないですね

クマゼミ

ビワ園で作業していても沢山飛んでくるので、時々目の前で飛び立たれて驚かされることがあります😆

梅雨明けから待った無しで毎日暑い日が続いています。みなさんも熱中症に気をつけて元気にお過ごし下さい🐬

2019.06.27 梅雨の中休み

熱帯低気圧が屋久島の南方を通過しましたー。

しかし通過後は こんなにも快晴😊


雨上がりの青空はやっぱり気持ちがいいものです。

熱帯低気圧の影響を受けるかと思いましたが、その影響も少なく 宿泊しているゲストは島内散策に出かけられました🏝

梅雨明けが待ち遠しいですねー。

2019.06.18 農園のミョウガ

今日も農園の整備&パトロールです

びわの木の状態をチェックをしながら辺りを見回していると。


日陰に群生するミョウガ達の根元からニョキニョキと花芽がでていました。タケノコの様にニョキニョキ。

・・・既に花咲いたものも。

農園の点検もそこそこにミョウガを収穫して帰りました(笑)

採れたてはシャキシャキ、香りも強く大変美味しかったです✨

ただ地下茎が広がり過ぎてミョウガが増え過ぎてます。根域制限必要ですね。

こちらはガジュツ(紫ウコン)

2019.06.19 雨季らしくない6月

今年の梅雨は例年とちょっと違っていますね。5月末に50年に一度と言われた大雨が降りましたが、6月に入ってからは雨も少なく 気温も低いのでかなり快適に過ごせています👍

その影響で梅雨時期恒例の流し虫も月初めに出たっきりで 最近は全く息を潜めてしまっています。

この後梅雨前線が北上して屋久島に影響を与え始めると思うので そうなるとまた雨続きになるのでしょうが、それでも例年よりだいぶ雨が少ない6月となっています☂️

それと心配なのが流し虫の動向。まだ飛び立っていないシロアリさん達がたくさんいる様な気がします(笑)

雨と流し虫を警戒して 6月上旬をメンテナンスに充てながら休業していましたが、読みが外れたよう😆

どうせなら この梅雨らしくないまま 梅雨明けしてもらえると有難いんですがね☀️

いつもは梅雨時期に一斉に咲くスパイダーリリーも花数が少ない気がします🌺らしくない梅雨のせいでしょうか。

梅雨時期に咲くスパイダーリリー。