2019.02.01 冬の嵐とバナナの木

昨日は結構な強風が吹き荒れた一日でした。
南西の風が吹いたので久しぶりに雨空になり、15m以上の暴風が暫く吹いていました。

お陰で辺り一面 落ち葉だらけ
今日は落ち葉の片付け作業からのスタート(^^)

片付けをしながら 他に異常は無いかもチェックしていきます。
法面の下を見た時に 何か違和感。。

バナナの木が根っこから倒れてる!
しかも実が付いていた木。。
実も80本以上付いているので かなりの重量になります
その荷重が片側に掛かっている状態で暴風を受けたのでひっくり返ってしまったんでしょう。

木上でバナナが黄色く追熟するまで放置しておこうと思ったのに 意図せずイキナリの収穫です(笑)

2F699285-5178-453D-A324-EA733733E973

遅かれ早かれ収穫して追熟もさせるのですが、
もう少し木上で保管したかったです。
でも あともう1本同じようにバナナが実っている木があるので、そちらは木上でもう少し寝かせたいと思います

80本以上のバナナ 全体が一気に熟すので 加工や冷凍保存する段取りをしておかないと 勿体ない事になりますので注意が必要ですが、
皮を剥いて冷凍しておくと夏場には嬉しいフローズンバナナやスムージーに利用できるので なかなか使えるヤツなんです(^^)

本土の方に聞くと島のバナナ食べてみたいという声を聞きますが、バナナの木は屋久島を含む南方の離島では丈夫で簡単に育つ庭木の様なモノなんです。
なので 南方に遊びに行かれた際には結構バナナの木を目にする事は多いと思います。
その際 もし機会があれば 国産バナナをゲットしてみて下さい。青い状態の物なら熟すまで少し時間もかかるので良いお土産になるかもです(^^)
ご参考までに。

2019.01.28 GWの予約はお早めに

1月27日 今期一番の冷え込みとなりました。
尾之間で最低気温4度 島の南側ではなかなかの冷え込みです。

いきなりですが、、
今年のGWの予定はお決まりでしょうか?
まだ1月ではあるんですが GWの予約は年明け前から動き始める方が結構多いんです。
屋久島に限らずとは思いますが GW中の観光予約は早めに済ませておいた方がよいと思います。
屋久島でも宿は勿論のことレンタカーや観光ガイドなどは早めに予約した方が良いですね。
直前になると空きが無いなんて事も良くあります。

GW時期意外も4月 5月は大変過ごし易く観光するのに良い時期ですので 時期を少しずらすのが良い方法と思います(^^)
皆様のお越しを心よりお待ちしております!

昼間この暖かさから ミツバチがあちこちで蜜集めに飛び回っていました。昼間晴れていれば 汗をかく位に暖かいです。
虫や動物は自然の動きに敏感で従順ですね。
DD9BF4E8-67B9-4A22-BD83-FB92035A2161

2019.01.26 インフルエンザ大流行

年が明けて本格的に寒い季節がやってきました。
南国屋久島も南の島と言えど1、2月はやっぱり寒いです。
でも島の南側は冬の北風が屋久島の高い山々に遮られるので暖かいんです。お日様が出ていたら暑く感じますよ
前日来られたゲストさんも島の北と南での天気の違いに驚いていました。
「北側は凄い雨でしたよ!?」と仰っていましたが
当館のある南側では雲を探すのが難しいくらいの青空が続いていました。車を走らせていくと天気が変わるのです(^^)
それだけ島の中央に位置する山々の大きさを感じさせられますね。

まだまだ寒い日が続き 今年は関東では雨が降らずカラッカラのようですね。
インフルエンザも全県で感染の警報が発令されています
皆様どうかご注意下さいませ。

◆庭の金柑色づいたので収穫
7D9C9A42-3911-489A-9904-32D796940EA8
毎年の楽しみです(^^)

2018.06.11 ウミガメの産卵

屋久島 梅雨に入りましたが、今のところ雨だけが降り続く事もなく今日も青空が見えています。
空気はすっかり夏らしくなって非常に蒸し暑いです。
海や川遊びが恋しくなる時期に突入ですね。

先日ウミガメの産卵を見にきたというドイツ人ゲストがご宿泊でした。
残念ながらウミガメの産卵は夜、屋久島では夜間の交通機関は皆無ですので レンタカーが無いと見に行くことができないのです。
屋久島に来た目的がウミガメを見たいから。。と聞かされたら そこは何とか致しましょう!という事になり、特別に車で一緒に出かけました。
栗生浜に到着したのが夜8時45分頃。
まだウミガメは浜にあがってきていないので あとは産卵に来てくれることを祈りつつ、ただ待つしかありません。
梅雨空かと思いましたが空には満天の星空。
金星や人工衛星を見ることもできました。

しかしながらなかなかウミガメはやって来ず。。
話しによると 前日は全く来なかったらしく0頭
潮の条件も悪く、黒潮も少し沖を流れているそう。

スタッフさんが常駐しているのは夜10時まで。
今日はダメかなーと思いかけた 夜9時45分を過ぎたあたりで ようやくアカウミガメが1頭産卵にあがってきました。

産卵のため 砂浜に穴を掘り、ようやく産卵を始めてくれました。
749C4894-F911-46CB-A937-7DF62FB395BB

9D498543-8341-459F-9953-C2F96B8C28AA

産卵が終わるとタマゴに後ろ足で砂をかけ、前足を使って掘った穴を平らに均したあと 海に向かって移動していきます。
そして海に無事帰るまで見届けました。

無事見ることができてゲストさんは大喜び。
悪条件の中で見る事ができた非常にラッキーなゲストさん、長い時間待った甲斐がありましたね。

私は無事に見られて内心ホッとしています、、、
ウミガメさん有難う(笑)

ウミガメの産卵シーズンは まだまだ続きます。
この時期 屋久島に来られたら是非足を運んでみてください。

2018.06.04 屋久島クレープ

ついに梅雨入りとなりました。
屋久島はまだ そんなに蒸し暑さも無く天気の不安定さも感じられません。晴れ間すら垣間見れます。
しかし明日以降からは前線が掛かる予報になっていて不安定な陽気になっていくみたいですね。
梅雨時期のトレッキングは急な雨による川の増水や落雷など沢山の危険がありますので、充分注意ながら山に入るのは勿論 荒れた天気が予想される場合には予定を変更、中止する事も視野に入れるようにしましょう。

安房にある 手作りアクセサリー樹之香(きのこ)さんが店舗敷地内でカフェをオープンさせました。
先日 空いた時間にお邪魔してきたのでお知らせします。

クレープが買えるのは 樹之香アクセサリーショップのすぐ脇のこちら
3CE51130-8EED-4011-A745-DDDC4F0F5C64

7BEEB53C-6BAF-4A73-B34B-BE6F45AC8C54
クレープがメインメニューとなっています。
屋久島らしさ満点の限定クレープとして屋久島のタンカンを使用したタンカンクレープがありました。
こちらはカスタードクリームとニューヨークチーズクリームのどちらかを選べます。
タンカンクレープには その他にもタンカンバナナ、タンカンチョコバナナの種類もありましたよ。
他にもバナナやストロベリー、キャラメルなどの定番クレープメニューもあります。

6AE875C0-8935-4274-8B86-E764263ED43B
今回はタンカンクレープ ニューヨークチーズverとキャラメルバナナクレープを頂きました。
美味しくてあっと言う間にペロリと食べちゃいました(笑)クレープを食べられる所は屋久島に無かったのでとても嬉しいです。
甘いクレープ以外にも お食事クレープな感じでしょうか。サラダクレープという けい水産の燻製を使用した物もありました。
勿論 コーヒーやフローズンドリンクなど飲み物も販売していますよ。

あとはなんといっても ゆっくり過ごせるデッキが最高でした。ご主人が10年越しで構想を練り やっと作り上げたデッキらしくデッキ下を流れる力強い川の音と辺り木々の緑で覆われた それはそれは素敵な空間でした。

02498BB3-63A9-46E2-A009-5441A2918D8B
売店で購入したクレープや飲み物を持って このデッキでゆっくり過ごす事ができます。
木陰になるので真夏は涼しいと思いますよ。

EB960840-2C7F-4656-AC65-8A4D873027C0樹之香さんでは アクセサリーなどの手作り体験も行なっています。晴れた日はこの気持ちの良いデッキで作業できますし、雨の日には店内で工作できます。
これからの長い雨の日には こちらのクレープをいただきながら お気に入りのアクセサリー作りを楽しまれてはいかがでしょうか。

【樹之香カフェ】
営業時間:10:00-16:30
〒891-4311 鹿児島県熊毛郡屋久島町安房 2737-14
電話 090-2512-8940
ホームページ https://www.y-kinoko.com

2018.04.23 近くに寿司屋がオープン

ここ最近 当館周辺では新しいお店がオープンしたり、
ランチ営業を始めたりと色々と動きが感じられます。
GW目前という事も関係あるのだと思いますが、この辺りが賑わう事はとても良い事ですね。

新たに開業されたのは お寿司屋さん。
近くで食べに行けるのは大変有り難いです。
78D4A86F-72C4-400E-8DF6-A8B897FE7889

◆すし将
以前はトーンというレストランがあった場所にオープンしました。まだ食べにいけてないので 近いうちに行ってみたいと思います!

◆木村珈琲店
以前は朝食のみを提供していましたが、最近ではランチタイムも営業しています。

昨年は近くのお店が幾つも閉店してしまって 少し寂しく思っていたので、ここ最近のお店の動向はとても嬉しい限りです。
すし将さん以外にも 新規オープンするお店があるようですし、宿としても情報収集&更新が忙しくなりそうです。

お客様に情報を伝える為にも まずは自分でリサーチしたいと思います(^^)

2018.04.02 屋久島の無人販売所

よく晴れた日が続いています。
ここ2週間ほどでしょうか、まとまった雨は暫く降っていないように感じます。
まさに今は屋久島の観光シーズンなので お客様にはとても良い時期になりましたね。

今日は屋久島のあちこちにある無人販売所について書きたいと思います。
車で県道を走っていると 手作り感満載の小さな小屋を見かける事があるかと思います。

こんな感じの小屋。
D557E618-9810-4669-BEDC-5A9C699CFCD3

この小屋は畑で採れた作物や果物なんかを販売する為の物なんです。代金は設置してある箱に入れてお支払い。
もちろん品物だけを持って行ってはいけません(笑)

置かれている品物は その時に近くの畑などで採れた物なので、時期によって品揃えが変わります。
少し前までは タンカンが沢山置いてありましたし
ダイコンやサヤインゲン 葉物野菜などが並ぶ事も多かったです。今はジャガイモの時期ですね。
大抵は100円〜200円で売られているのでとてもお安く買えます

無農薬栽培の品を販売している所もあったり 珍しい品が並ぶ販売所があったりと、沢山ある販売所の中にも特徴があったりするのでなかなか面白いです。

無人販売所は島の中でも温暖で畑や果樹農家が多い屋久島南部に多いです。

観光の方は野菜を買うことはないかもしれないですが、
ビワやパパイヤ、ドラゴンフルーツ、島バナナなども販売している所もあります。
島をドライブする際のちょっと変わった楽しみ方として 無人販売所に少し注目してみるのも面白いかもしれませんね。

2018.03.20 植物の生命力満ちる屋久島

屋久島はめっきり暖かくなり、先日まで山の積雪情報をチェックしていたのが嘘のような陽気になりましたね。
あちこちで桃の花や早咲きの桜が咲き始めています(^^)

当館でも客室側の桃の花が満開を迎えていて、華やかな桃色が青空に映えています。
A4605220-65D4-4617-A02D-BD82CFAC822E

植物の新芽達も生き生きと成長して生命力ある屋久島になっているのが分かりますね。
栗生にあるシャクナゲの森公園のシャクナゲ達も見頃を迎えているそうですので、お越しの際には是非 お立ち寄り下さい。静かに流れる美しい栗生川とシャクナゲとの美しい風景を見ることができますよ。是非!

2018.02.14 冬の屋久島観光

2月に入ってからというもの屋久島の山には雪がだいぶ積もっているみたいです。
平地でも小瀬田では雪が朝方降り積もったとも聞きました、やはり2月初旬〜中旬あたりの時期は一番寒い時期なんですね。
尾之間から見える山も白い帽子を被っていました。

2月に入ってからゲストが何名かいらっしゃっていますが、残念なことに山への道が凍結により通行止めになってしまっていました。
こうなると暫くの間は通行できなくなってしまうので、
ヤクスギランドや白谷雲水峡、縄文杉へは行くことができません。皆さん島を一周まわりながら観光されて楽しまれていました。
南国屋久島でも冬になれば山間部は雪が積もりますのでご注意下さいね。
ようやくヤクスギランドと白谷雲水峡辺りは開通になりましたが、コース内は10〜30cmの積雪があるとのことですから普通のトレッキングの感覚では行けないですね。行く場合にも現地ガイドをつけるなどをして行く必要があると思います。

皆さん山間部が通行止めになった際には里にあるスポットで屋久島を楽しまれています。
滝や博物館など島の観光スポットを見てまわりながら温泉に行ったり、陶芸やクラフト体験などしたり、釣りをしたり、沢山あるパワースポット巡りなんかをしていますね。ご希望があればミニツアーも行いますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

あとは大雨による交通規制ではないので、里山でのトレッキングは可能です。
当館近くで言えば「モッチョム岳」登山や尾之間にある「蛇之口の滝」のトレッキングコースなどがあります。
山岳部のコースとはまた違い 南国チックな植物が多く見ながら歩くコースになっているので、今まで縄文杉や白谷雲水峡に行ったことがある方にも里山歩きはおススメです。
里山とは言っても そこは厳しい自然がそのまま残る屋久島、簡単気軽に行ける場所では無いので装備はしっかりして出発して下さいね(^^)

ここからは私の勝手な戯言コーナーです(^^)
屋久島は山岳信仰のある島。集落ごとに信仰する山がありますので里からの登山コースは幾つもあるんです。
他にもあまり知られていないビュースポットや滝に繋がるトレッキングコースが無数にあるにはあるんですが、人があまり立ち入らなかったり集落の人の手が入らないとすぐに草木で覆われてしまいます。
そのために今は通れなくなってしまっている登山道は多いですし、道を外れる可能性がある危ないコースも多いです。
冬の観光スポット、冬に案内できるトレッキングコースとしても里のコースを整備できたら観光者の選択肢も増えて良かろうなーと勝手に思ったりしてます。
あとは里から2時間程度で目標地点までを往復できる距離が短めのコースが幾つか あったらおススメするのになーとも思いますね。
昼過ぎから行けるトレッキングコースは無いか?とか聞かれても 基本的に屋久島の山は長くてキツイです(^^)

縄文杉や白谷雲水峡に劣らないスポットがあるトレッキングコースがあったら、屋久島は冬でもトレッキング!といえるんでしょうね。
そんな事を日々妄想しながら楽しんでおります( ´∀`)
F51CBBD3-66A1-4F88-B98B-C750995A0879

2018.02.05 屋久島の日常

こんにちは。全国的に寒い日が続いていますね。
インフルエンザも大流行中だそうで、困ったもんです
皆さんも外出の際には十分ご注意下さい。
この時期 あまり人混みに行かないことや外出する場合には必ずマスクは必着ですね。
あとは加湿器を使ってしっかり加湿、ウチは加湿器ガンガン使ってます(^^)
でも結局 一番効果的な対策は手洗いですね。
しっかり洗ってバッチリ対策です(o^^o)

今日は屋久島での生活について少し書いてみたいと思います。私も屋久島生活を始めていつのまにか4年程になりました。
突っ込みどころ満載の屋久島ライフですが、その中でもスーパー事情についてのお話です。

スーパーマーケットなどの中規模店で色んな種類の食料品を揃えているお店は島の北側にヤクデンとAコープ、わいわいランド、ドラッグストア モリの4店舗。島の南側には安房と尾之間のAコープ2店舗あります。
これらの店舗に限らず品物は当然島外から輸送されてきます。輸送は主にコンテナーに詰め込まれた状態でフェリーで運ばれてくるんですが、海が荒れればフェリーも当然欠航してしまいます。

そうなると品物が仕入れられなくなるのでスーパーの品揃えが悪くなりますし、陳列されている品質も鮮度が落ちた物が並んでいたりします。

台風などで数日に渡りフェリーが欠航した場合には最悪こんな感じになります。
ECB70B19-31DD-4D37-A2F0-84A2A0CCAE2D
んーー寂しすぎます(笑)

こればかりは どうしようもない事なので、島の生活には船の欠航予測はとても大切。天気予報の海況予報はよく見ています。波高が3メートルを超えたらフェリー欠航と思っていた方がよいですね。
そして もし欠航期間中に不足してしまう品物がある場合には 前もって買い行っておけば良いわけです。
欠航が増える時期としては台風が発生する夏から秋、
北風が吹き付ける真冬は多いと思います。

住んでいる人々には生活に直結している船の欠航ですが勿論観光客の方々にも影響があります。朝食用として買おうと思っていた乳製品やパンがsold out!な〜んて事はよく聞く話ですね。
トレッキングの為の天候チェックついでに海の状況もチェックしたり、町内放送で流れるフェリーの欠航情報などに耳を傾けておくのも大切かもしれませんね。

屋久島はとっても不便な島です。
今や欲しいものが簡単に手に入る世の中ですが、
屋久島は買いたい物が買える事が常ではない大変不便な島です(笑)
しかし、そんな「不便」を体験する事で島外では当たり前に感じる「事の便利さ」や「物の豊富さ」「選択の自由または多さ」など、世の中の「常」への有り難みを強く感じられるという事は 自分自身を見直すきっかけとしてとても良い事のように思います。

自然が沢山の そんな不便な島ですが、是非是非ご自身を見つめ直す旅にお越し下さいませ。