カテゴリー別アーカイブ: 屋久島紹介

2017.08.12 パイナップル実る

今年に入り 客室棟前に植えてあったパイナップルが遂に実ってくれました。
植えたというよりかは パイナップルの頭の部分をただ置いておいただけで根付いてしまったんですけどね(^^

パイナップルは酸性土壌を好むらしく 屋久島の土壌には最適な様です。勝手に根が生えて根付いてくれて
3年経った今年 いつの間にか実りの準備をしてくれていた様です。大した底力を持つ植物ですね 感心しました

味は兎も角、いつ収穫すべきなのかよくわかりませんが
宿のオープン当初から一緒に育ってきたパイナップルの実を採ってしまうのは何だか寂しい様な気がするのですが、私だけでしょうか?(笑)

ちょっと収穫時期を調べてみたら、収穫は8〜9月。
実が柔らかくなってきて 香りが強くなったら熟してきたサインらしいです。緑色の実が3〜5割ほど黄色になってくると頃合いみたい。

IMG_3797
これからは注意して見張りましょうかね。

2017.07.23 夏場の観光スポット

暑い日が続いていますね(汗)
冷たい川の水に飛び込みたくなる衝動にかられます。
夏場は海や川遊びにかぎりますね(^^)

最近来られているお客様は殆どトレッキングとは別日に海水浴をして楽しまれていました。
横河(よっご)渓谷で川遊びするご家族もいらっしゃいましたね。川の水はとても澄んでいて とっても冷たくて気持ちいいですよー。

お時間のとれる方は、リバーカヤックやシーカヤック、シュノーケルなどのアクティビティもお勧めです。
屋久島にはたくさんのツアーガイドがあります。
それぞれ特徴あるツアー内容を用意していますので
興味のある方はホームページをご覧になると良いと思いますよ。
リピーターの皆さんも これらアクティビティ体験を通じて、トレッキングだけじゃない また新しい屋久島の楽しみ方に出会えると思いますよ。

是非 この夏は屋久島にお越し下さいませ!

※7月は ほぼ空室なく まさに夏休みシーズン本番といった感じでした。
お越し頂いたお客様 有難う御座いました。
8月は 疎らにキャンセルが出ましたので 5日ほど空きが御座います。

8月1日、8月4日、8月15日、8月28日、8月31日

上記の日程は 今現在空きが御座います。
屋久島観光をお考えの方は 是非ご検討ください。

2017.07.18 屋久島ウミガメ観察について

こんにちはヴィラウルーです。

7月に入ってから たくさんのゲストにお越し頂いております。たくさんの方々との出会いを楽しませて頂いております。
梅雨も明けて海の日も過ぎたので いよいよ夏休み本番という感じですね。
屋久島は連日 あつーい日が続いていますので 水分補給と日陰での適度な休憩など熱中症に気をつけながら
トレッキングや海遊びを楽しんで下さいね。

夜 ウミガメ観察に行かれるゲストが6月から増えていますね。先月イギリスから来られたゲストもトレッキングをする事よりもウミガメの産卵が見たくて屋久島に来たとウミガメが目的だった事を仰ってました。
しかし自然の生き物なので 100%確実にに見られる訳ではく、当然ウミガメが産卵の為に上陸しない日もあります。
先日のゲストもウミガメ観察に行かれたのですが、
21時30分頃 栗生浜に到着した頃にはウミガメは既に上陸し、更に産卵も終え まさにいま海に帰ろうというタイミングだったそうです。
同じ時間に行っても 行ったら丁度 上陸したタイミングで待ち時間なく産卵が見られた方もいらっしゃいますし
2日行って見られなかった方もいらっしゃいます。
自然が相手なので仕方ない事ですが、晴れた日には天の川を含めた星空を見る事ができます。
夏の夜の涼しい風を感じながら 綺麗な星空をゆっくりと眺めるだけでも行ってみる価値は充分と思います。

屋久島でウミガメ観察をする場所で有名なのは「永田浜」です。
永田浜でウミガメ観察する場合には こちらで事前に予約が必要になります。

http://nagata-umigame.com

永田浜は島内でもウミガメの上陸が多い場所です。
ウミガメ保護の為、事前にスタッフさんからウミガメの習性や観察における注意事項について説明があります。
当館から永田浜に行かれる場合は 西部林道が夜間(17:00〜)通行止めになるので 安房経由で行き来する形になりますので ご注意下さい。

南側でウミガメ観察できる場所は「栗生浜」です。
栗生海水浴場ですね。夏は普通に海水浴場を楽しむ場所に夜になるとウミガメが上がってきます。
こちらは事前予約は必要なく好きな時間に行く事ができます。
しかしながら 勝手に浜を散策したりするのは御法度。
ウミガメを見守るスタッフさんが居ますので その方からOKが出るまでは海水浴場の休憩場所や階段に腰をおろして待機です。
ウミガメが上陸し、産卵場所を決め、産卵の為の穴を掘る この辺りまでくるとOKが出て観察する事ができます。産卵を終えて卵に土を被せて海に帰って行く姿を見送る事ができますよ(^^)

ウミガメを観察するにあたって気をつけなければならないルールがあります。
特にスマートフォンやハンドライトなど光の出るものは
産卵期のウミガメは嫌がりますし、産まれたばかりの子ガメは本能で光のある方向に進んでしまいますので要注意ですね。
大きな物音がしたり 人の気配がすると産卵期のウミガメは上陸を嫌がってしまう可能性もありますので皆んなで静かに待ちましょう。

これからは天気も安定して 夜の観察会に行くには良い時期です。7月までは産卵の観察、8月に入ると産卵に来るウミガメも減り 今度は卵から孵る 子ガメの姿を見る事ができます。

是非 ウミガメ観察をしに屋久島に遊びにお越し下さい

2017.07.14 梅雨も明けて夏本番

気象庁から九州南部 7月13日頃 梅雨明け宣言がでましたね。平年より1日早く 昨年より5日早い梅雨明けです。
梅雨入りが6月6日頃、平年は5月31日で昨年は5月24日なので 今年の梅雨はわりかし短めだったようです。
しかしながら 毎日の様に雷ゴロゴロ、急な豪雨、そして停電、、、 ホントに毎日雷が鳴ってましたね。
短かったけれども十分ウンザリする程雨が降った今年の梅雨でした(^^)

さて とはいえ 梅雨明け夏本番!
毎日よく晴れて暑い日が続いております。
海に山に屋久島のベストシーズンの到来ですね。
ウミガメの産卵・孵化、綺麗な星空も見る事ができますので 夏休み屋久島に来られる方はそちらも楽しみにお越し下さい。

7月はほぼ満室ですが8月は未だ若干空きが御座いますので、日程が合う日があれば是非 ご利用を検討下さいませ。
IMG_3689

2017.05.25 夏が始まる屋久島

ようやく屋久島の空気が夏らしく 湿度を感じる様になってきました。
5月半ばまでは湿度を感じないカラッとした陽気でしたが、やっと屋久島らしい感じになってきましたよ。

そして そろそろ梅雨の近づきを感じますね(^^)
今年の梅雨入りはいつ頃になりますやら、、、

5月は気候も比較的安定していて晴れ続きでしたね。
お客様も例年より多くの方にお越し頂き 皆さん良い気候の中トレッキングを楽しまれている様子でした。

IMG_3453

IMG_3460

 

IMG_3495

ノートに書いて頂いた有り難いお言葉。
私達にとっては宝物です(^^)有難う御座います。

国内ゲストの他にも香港、ドイツ、フランス、イギリス、チェコ、オランダなど多国籍の方々にご利用頂きました。ホント日本を観光する海外ゲスト増えましたよね
もっともっと日本を屋久島を好きになって頂きたい。
迎える側も もっともっと精進しないといけませんな(^^)

6月は梅雨時期ということもあり、少しおやすみを頂く予定です。
6月のclose期間に利用を検討される場合には一度 ご連絡下さいませ。

2017.05.15 ヴィラウルー 祝3周年

屋久島ヴィラ ウルーも今日で開業3周年を迎えました。
どうなる事やら分からない状態で始まりましたが、沢山の方々の支えもあり 今日まで無事に営業する事ができました。有難う御座います。

小さな小さな お宿ではありますが、国内外より多くのお客様が来て下さり とても有難く嬉しい気持ちでいっぱいです。
ご家族で毎年 遊びにお越し頂いているお客様もいらっしゃったり、二度以上再び利用して下さるお客様もいます。 また利用したいと思って頂けたという事が何より嬉しいですね(^^)

開業間もない頃に 屋久島に初めてお越し頂いた 小さなお子様を二人連れたご家族。
この仕事の やりがいとお客様とふれあうことの楽しさを教えて頂いた とっても思い出深いお客様なのですが
そのお客様から今年の夏 ご予約を頂きました。
成長した2人のお子様にお会いできるのも今から楽しみです。出発地点から成長したヴィラウルーも 見て頂けたらと思います(^-^)

IMG_3442

また新たな気持ちで4年目を迎えたいと思います。
GWに続き残り5月も休みなしの待った無しで頑張ります!
これからもヴィラウルーをよろしくお願い致します。

2017.04.25 屋久島GWシーズン

こんにちはヴィラウルーです。
4月も後半に入り島を走るレンタカーの数も増えてきたように感じます。
まさにゴールデンウィーク 観光シーズンに突入ですね

こういったシーズン中は 食事場所の確保も難しくなるところです。特に屋久島は個人の小さな飲食店が多いので すぐ満席になってしまいます。
行きたいお店が予め決まっている時には 事前に予約を入れておくと良いですね(^^)

ウミガメの産卵も少しずつ始まったようですね。
海を眺めていると 岩についた海藻を食べにくるウミガメの数が増えている様に感じました。
海の中の季節もすっかり 変わってきたようです。
IMG_3301

2017.03.14 屋久島の冬と春を知らせる雨

昨日は一日中まとまった雨が降っていました。
冬とは違う暖かい空気のなか強めの雨が降り続ける春らしいものでしたね。

屋久島が雨が多い島である事は良く知られていますが、冬は晴れた日が多いんです。
強い北風が吹き付ける事で出来る雨雲が少し雨をもたらす形ですね。
特に北西からの風を屋久島の高い山々が防護してくれている宿周辺の原・麦生集落あたりは風も殆ど吹かず、雨も時折霧雨がパラつく程度、そして空は青空太陽燦々。
冬に島の南側で虹が出来やすいのは そんな天気雨が多いからなんです。

そんな弱い雨がシトシト降るのが冬。
しかし次第に気候が暖かくなってくると 南寄りの風を伴いながら強めのまとまった雨が降るようになります。

島では春先から降り出す雨を木の芽流しと言います。
この雨が降ると植物達に春の到来をお知らせする役回りを持っているかの様に あらゆる植物達が一気に新芽を出していきます。まさに春の訪れを宣言する雨。
そして雑草達もこの辺りから急成長し始めるので、草刈り作業を始めなくてはならない 私としてはチョット大変な季節の始まりなのであります(^^)

私にとってはチョット大変でも島の自然にとっては大切な時を知らせる雨。

今年も何の変わりも無く 屋久島の自然の春の営みがいつも通りに始まります。

2017.03.12 屋久島南部の桜 満開です

今日はお客様対応が終わってから時間があったのでフラッと桜観察に行ってきました。

本土では 学校や公園など 比較的どこでも見ることができる桜の木ですが、屋久島ではあまりありません。
ヤマザクラは山中で沢山見られますけどね。
宿のある島の南部では やまんこ公園にある二本の桜の木と千尋の滝駐車場にある「愛の鐘鳴る丘」
IMG_2922
には沢山の桜の木がありますね。
屋久島は寒暖差が無い為かソメイヨシノは咲かないそうで、島でみられる桜は温暖な気候でも咲いてくれる寒緋桜などの品種になります。
屋久島は常に暖かく常に何かしらの花が咲いていますね、それは華やかで賑やかな感じを受けますが見方を変えれば日本らしい四季の移り変わりが感じにくい気候ともいえるんだと思います。
そんな季節のメリハリを感じにくいこの島でも、日に日に暖かさが増し春の到来を感じさせてくれるこの桜を見る事は毎年楽しみな事です。

IMG_2903
こちらは今日のやまんこ公園の桜です。満開!

IMG_2907
こちらは千尋の滝駐車場。
現在、千尋の滝駐車場の整備の為 桜の木を間近で見る事はできません。
IMG_2921
「立ち入り禁止」とされています。

IMG_2908
来年はこの風景がどんな風に変わっているのか楽しみにしたいと思います。
千尋の滝展望所付近整備の進展も今後注目していきたいですね。