ウルーより新年ご挨拶

皆様明けましておめでとうございます。

ヴィラ ウルーも今年の5月で開業して6年が経ち7年目を迎えます。

これまで お越し頂いた沢山の方々に改めて感謝をお伝えしたいです。有難う御座いました。

昨年中は当館も新たな試みを始め、屋久島特産品の生産販売を少しずつですがスタートさせる事ができました。

2020年は どんな年になるか。

どんなお客様との出会いがあるか。

今後どんな展開になっていくのか。

私自身も楽しみにしながら2020年ヴィラウルーの営業をスタートさせたいと思います。

本年も宜しくお願い致します🙇🏻‍♂️

屋久島 冬

2019.11.08 ビワ園の様子

今年もビワ農園のビワに蕾が沢山あがってきました。ビワは放っておくと全ての花に実をつけようと頑張ってしまうので 今はそれを防ぐ為に蕾を摘み取る摘蕾作業をコツコツやってます😊

全部に受粉させてしまうと樹自体も疲れてしまうのもありますが、実が大きくならないんです。

収穫は来年春3月末から4月頃になりますので、それまで手入れを行いながら 今期も美味しいビワをお届けできるように頑張りたいと思います😆

2019.10.17 バナナなりなり

9月を過ぎても未だ暑い日が続いていましたが、最近はやっと秋らしくなってきた様に感じます。

屋久島に移住する前は秋の紅葉シーズンだったり 秋を感じるものがありましたが、屋久島は夏が長い分秋らしい時期は一瞬で過ぎます(^^)涼しくなったり暑くなったりを繰り返しながら いつの間にか12月。

なので屋久島を訪れるなら これからのシーズンは意外にオススメです。観光客が少なくなった静かな森をゆっくり散策して楽しむことができますよ。年明け1月を過ぎると屋久島でも山岳地域では雪が降りますが 年内に降ることはまずないです

今年も終盤になりますが これから屋久島旅行を計画されてみてはいかがでしょうか。

庭のバナナの花です😆

現在3本のバナナの木が実をつけています。1本の木にはスーパーに売られているひと房のバナナが10段以上付きますので 結構な重さなんです。

植物の日々の変化を見るのは楽しいですね。

2019.09.20 グァバの季節

屋久島では9月に入るとグァバの実が大きく育ち 収穫を迎えます。屋久島の気候だと露地栽培でも比較的育てやすい個人家庭の庭先でもよく見かけますね。

主に島内ではピンクグァバを見かける事が多いです。グァバはビタミンや多くの食物繊維を含んでいるのでとても健康的なフルーツ。

この時期は色んなお店の加工品にも使われるので 機会があれば是非食べてみて下さいね。

2019.08.04 フトモモの木

屋久島の川沿いに自生するフトモモの木。春に花が咲き夏に実をつけます。

フトモモの実。見た目はなんだかビワみたいです。白いビワですね😊

見た目はビワですが食味の方は全く違い、なんというか素朴な味(笑)優しい自然の甘み。甘い物がありふれている現代では この甘みは薄いと感じると思います🌟

食感は例えるなら柔らかめのリンゴでしょうか。シャリシャリ食べる感じです。ビワとは全く別物でしょ?

更に特徴的なのは香りで、近づくと薔薇の様な芳香が漂ってきます。 英名でローズアップルと呼ばれていますが、その名はこの香りが由来なんでしょうね🌹

同じフトモモ科の仲間は その殆どが熱帯、亜熱帯原産の植物で3000以上の種類があるみたいです。名の知れたフルーツではフェイジョアやグアバ、ピタンガ、レンブ、ジャボチカバなども同じフトモモ科の仲間らしいです🤔

フトモモの実は どちらかというとレンブに近いのかも。リンゴの様な食感で、味も弱めで(笑)

フトモモの実、屋久島ではホトウと呼ばれています。麦生にホトー川という名前の川がありますが、きっと川沿いにホトウが沢山自生しているところから その名がついたんだろうなぁー、、と勝手に想像しています😆

当方で管理している農園内にも野生化して沢山実をつけています🍀8月に入ったのでもうそろそろ終盤ですが、こういった変わった植物を知る事も面白いと思いますよ。

興味があるゲストさんはお声かけ下さいね。7月〜8月初旬くらいまで実が付きますよ😊

2019.06.18 農園のミョウガ

今日も農園の整備&パトロールです

びわの木の状態をチェックをしながら辺りを見回していると。


日陰に群生するミョウガ達の根元からニョキニョキと花芽がでていました。タケノコの様にニョキニョキ。

・・・既に花咲いたものも。

農園の点検もそこそこにミョウガを収穫して帰りました(笑)

採れたてはシャキシャキ、香りも強く大変美味しかったです✨

ただ地下茎が広がり過ぎてミョウガが増え過ぎてます。根域制限必要ですね。

こちらはガジュツ(紫ウコン)

2019.06.17 グアバの花満開

連日グアバの花が咲いてます。今年の梅雨は雨が少なく 開花時に雨に当たることも少ないので 受粉結実も良い感じで進んでいます😆

朝からミツバチがブンブン受粉作業お疲れ様です ヨロシクです🐝💦

2019.02.01 冬の嵐とバナナの木

昨日は結構な強風が吹き荒れた一日でした。
南西の風が吹いたので久しぶりに雨空になり、15m以上の暴風が暫く吹いていました。

お陰で辺り一面 落ち葉だらけ
今日は落ち葉の片付け作業からのスタート(^^)

片付けをしながら 他に異常は無いかもチェックしていきます。
法面の下を見た時に 何か違和感。。

バナナの木が根っこから倒れてる!
しかも実が付いていた木。。
実も80本以上付いているので かなりの重量になります
その荷重が片側に掛かっている状態で暴風を受けたのでひっくり返ってしまったんでしょう。

木上でバナナが黄色く追熟するまで放置しておこうと思ったのに 意図せずイキナリの収穫です(笑)

2F699285-5178-453D-A324-EA733733E973

遅かれ早かれ収穫して追熟もさせるのですが、
もう少し木上で保管したかったです。
でも あともう1本同じようにバナナが実っている木があるので、そちらは木上でもう少し寝かせたいと思います

80本以上のバナナ 全体が一気に熟すので 加工や冷凍保存する段取りをしておかないと 勿体ない事になりますので注意が必要ですが、
皮を剥いて冷凍しておくと夏場には嬉しいフローズンバナナやスムージーに利用できるので なかなか使えるヤツなんです(^^)

本土の方に聞くと島のバナナ食べてみたいという声を聞きますが、バナナの木は屋久島を含む南方の離島では丈夫で簡単に育つ庭木の様なモノなんです。
なので 南方に遊びに行かれた際には結構バナナの木を目にする事は多いと思います。
その際 もし機会があれば 国産バナナをゲットしてみて下さい。青い状態の物なら熟すまで少し時間もかかるので良いお土産になるかもです(^^)
ご参考までに。

2019.01.26 インフルエンザ大流行

年が明けて本格的に寒い季節がやってきました。
南国屋久島も南の島と言えど1、2月はやっぱり寒いです。
でも島の南側は冬の北風が屋久島の高い山々に遮られるので暖かいんです。お日様が出ていたら暑く感じますよ
前日来られたゲストさんも島の北と南での天気の違いに驚いていました。
「北側は凄い雨でしたよ!?」と仰っていましたが
当館のある南側では雲を探すのが難しいくらいの青空が続いていました。車を走らせていくと天気が変わるのです(^^)
それだけ島の中央に位置する山々の大きさを感じさせられますね。

まだまだ寒い日が続き 今年は関東では雨が降らずカラッカラのようですね。
インフルエンザも全県で感染の警報が発令されています
皆様どうかご注意下さいませ。

◆庭の金柑色づいたので収穫
7D9C9A42-3911-489A-9904-32D796940EA8
毎年の楽しみです(^^)

2018.12.18 庭のパッション

12月に入ったので お宿も暫くお休みを頂き
大掃除を済ませました。
また来年もたくさんのお客様に利用して頂けたら嬉しいです(^^)

さて今年も ぽんかん収穫時期になりました。
この時期になると屋久島中で ぽんかんのお裾分けが行われます。
以前は農道を歩いているだけで 知らない農家さんからぽんかんを頂いたこともありました。観光客だと思われたんでしょうねー。
それは大変有り難かったのですが、、、
そのままポンカンを持って農道を歩いていたら変な容疑をかけられそうだな。とも思い 即ポンカンをカバンにしまいました(笑)
そんなポンカン収穫シーズンなので ポンカン果樹園では皆さん賑やかに作業されています。

ウチの庭にあるパッションフルーツは 未だ実が幾つかついたままなんですが、流石に寒さで色付かないかなぁ
伸びきったパッションは来年に向けて一気に切り詰めたいんですが、もう少し待ってみましょうかね。

ポンカンと12月収穫したパッションフルーツ
8ABCCCA4-6D6F-4AA7-8298-E941AEADCA30