カテゴリー別アーカイブ: 屋久島の釣り

2018.01.22 屋久島で釣りを楽しむ②

ここ数日 屋久島は春の暖かさを通り越して暑さを感じさせる陽気になっていました。
屋久島は日差しが強いですからね、晴れていたら実際の気温なんかよりも体感気温は高く感じます。ちょっと動くと汗をかく程です。
強烈な北西風も暫く休憩なようで、東寄りの風が爽やかにそよそよ吹いています。
そんな気持ち良いお天気の中、釣り目的のゲストが滞在されていました。昨日お帰りになりましたが毎朝薄暗い時間から釣り場に行かれていましたよ。

ゲストさん屋久島の釣りはNJ氏が書いている「屋久島いい加減釣り日記」という釣りブログを見て興味を持たれたのだそう。
「文や表現が面白い」「笑いながら見させて貰ってる」と仰っていましたので まさにNJ氏のファンですね(^^)

いい加減釣り日記https://fishing.yakushima.link/daily/?page_id=542

湯泊港ではNJ氏と実際に会ってお話しもできた様で何よりでした。

それで、ここからは先週に引き続き屋久島の釣り事情について書いていきたいと思います。

1、屋久島の防波堤
今回のゲストさんは湯泊港によく行かれていましたが、
屋久島南岸の防波堤は非常に高さがあるんです。
特に南岸は台風が来れば10m以上の高波が港を襲います、港には漁で使う小型船や釣船などが停泊していますので それらを守る為にも超高い防波堤は必須なんですね。
そういう訳なので安定感のある広い防波堤ではあるのですが 水面までの高さが10m近くある非常に釣り辛い感じになっています(笑)
A7CBF83E-DA46-4ED1-9506-61E5B6145B30

大きな魚が掛かった場合 堤防に引き上げる事が難しいという問題がありますね(^^)
因みに湯泊港の先端にはNJ氏が設置してくれた落としタモがありますので、もし大きな魚が掛かったとしても周りの人にタモ入れしてもらえば魚を引き上げられます。

2、岩場の上り下り
屋久島の岩場は こんな感じです。
C5209160-13C2-4287-9753-E015F7AF28B3

Googleマップなんかでみると平坦で歩き易そうにも見えるかもしれませんが、実際に来てみるとアップダウンが激しかったりします。
46408BAF-DE1D-420F-A33C-996991E68108
中にはロープが下ろしてあって、それを伝いながら降りる場所なんかもあります。

なので持ち物は少なめに軽装が基本と思います。
両手が塞がっている状態では危険ですね。濡れている岩場も滑りますが、砂を被った傾斜のあるフラットな岩の上も意外と滑って転びやすいです。ご注意下さい。

3、干満
潮が満ちている時にはいけないが、干潮時には渡れる。
なんていう釣り場が幾つかあります。
勿論 そんな場所に行くからには先に当日の潮位は見るとは思うのですが、帰り時間をしっかり守らないと潮が満ちて帰れなくなったりしますのでご注意を。
イソモン採りも干潮時を狙っていきますので 夢中になって採っているうちに潮が満ちてきてしまった、とか
上げ潮に変わってから潮流波が大きくなってきて 頭から波を被ったとか聞きますので、周りや時間に注意しながら楽しみましょう。

4、屋久島の局地的大雨
屋久島は雨の多い島とはよく知られていますが、
毎日ずっと雨が降り続いているという事では無くて、降り出すとスコールの様にドカンと降る事が多いのが特徴と言えると思います。特に暖かくなってきてからの雨は時折雷を伴いながら激しく降りますね。
雷も勿論 注意報を見ながら気をつけなければなりませんが大雨にも注意が必要で、屋久島では急な大雨があると川が一気に増水します。島全体が傾斜地ですから 山上で降った雨も一気に下流まで流れてくるんですね。
これは屋久島で山登りをされる方のほうが注意するポイントかもしれませんが、釣りをされる方もご注意を。
行きの時は足首くらいまでしか無かった川が、急な雨が降り出したので帰ろうとしたところ 増水した濁流になっていた、、なんていう話しもよく聞きます。
天気が不安定な時に もし釣りに行くのであれば、そういったリスクを回避できるポイント選びも大切かと思います。雷が鳴りそうな時には無理せず釣行を控える判断も大切ですね。

ともあれ屋久島に釣りに来てみたいというお客様は一度当館にご連絡下さい。
お待ちしております(^^)

2018.01.15 屋久島で釣りを楽しむ

ここ毎日寒い日が続いていますね。
屋久島でも里から見える山でさえ白い帽子を被ってしまっています。こうなると当然ヤクスギランドや白谷雲水峡、荒川登山口、淀川登山口など 山上にあるトレッキングコースは雪や凍結の為に閉鎖される事もあります。
登山口まで行くための道路自体が通行止めにもなりますので、この時期山に行こうとする方は事前情報を収集する事は必須です。

屋久島レクリエーションの森 通称 「レク森」のお知らせページがありますので、山の状況を一度確認されてから行くことをお勧めしています。

http://y-rekumori.com

冬以外のシーズンでも屋久島は平地と山上が別世界です。平地は南の島という感じの気候でも山は10度前後の気温差があります。
レク森の案内には気温情報も掲載されていますので参考にされて下さいね。

さてここからは表題の「釣りを楽しむ」について書いていきたいと思います。
ここ最近 屋久島で釣りを楽しみたい!というお客様からの問い合わせと予約が続いていましたので、ちょっと書き残したいと思います。
魚の事というより 安全に楽しむ為の気象状況や地形について まずお伝えできればと。。

◆屋久島の海岸線
屋久島といえば猛々しい山々が聳え立つ島をイメージするかと思います。では屋久島の海岸線はどんな感じかというとゴツゴツのゴロゴロの不安定な岩場がほぼ全周を占めています。中には永田や栗生、一湊のように砂浜が広がる場所もありますが、その他は基本岩場。
そして駐車スペースから結構な距離を歩く釣り場が多いので、ちゃんとした磯靴を履いての釣行が必須です。
波飛沫を被る岩はツルツル滑るので大変危険ですよ。

◆気象条件
屋久島は夏は台風冬は北西の季節風に注意が必要です。
台風は言わずもがなですが、冬は風速15〜20m/sにもなる暴風が吹き荒れることがしばしばあります。
そんな風が吹けば当然海が荒れます。
特に島の南側は海岸線から水深があるので少しウネリ波が入ったり波高が上がるだけで危険を感じるドカ波になる事がありますので、事前にヴェザーニュースで風と波はチェックする事は必要と思います。
情報があれば風裏や波裏の釣り場に変更する事もできますので、是非確認をされて下さい。

◆潮流
屋久島は黒潮の影響をダイレクトに受ける島です。
そのお陰で様々な魚が入ってきたりダイビングでは澄み切った青い海の中を楽しめたりするのですが、島の周りを走る潮の流れは非常に速いです。
潮の上げ下げする事で海岸線で発生する潮流もとても速いです。
島民の方の中にはイソモンをとる為に離れた瀬に泳いで渡る方もいらっしゃいますが、これは地の事を良く知っているからできる離れ業です。ほんの数メートル離れた瀬に渡るのにも泳いで渡ろうと思う事は厳禁と思います
あとは落水した時の為にもライフベストは必ず着用を、
釣り人にとっては常識とは思いますが、、(^^)

◆帰る時間
夕方まで釣りを楽しみました
「さてそろそろ帰ろう」そう思ったのですが、
しかしいざ帰ろうとすると道がわからない。。
こんな事が屋久島の釣り場では起こり易い気がします。
どんな事になるかというと、、
大抵駐車スペースは林道にありますが そこから細い獣道を下って開けた海岸線に出ます。そこから大きな岩を登ったり下ったりしながら暫く歩いてようやく釣り場に到着です。そこからいざ帰ろうとすると 駐車スペースから下りて来た獣道の入口が見つけられない、という事になります。
釣り場に向かう時は獣道に沿って歩いて行くので何を考えずとも釣り場に到着できますが、帰りは開けた岩場の風景の中から1本の獣道を見つけなければなりません。
数時間前の事になりますので記憶も曖昧になりますし、日没にもなれば薄暗くなって更に探し辛くなりますね。
島民の方が目印にする為に岩にスプレーで色をつけたりロープを括り付けてくれたりしていますが、まずは焦らないように陽のあるうちに早めに帰路につくようにされた方が良いと思います。
加えて狭い場所から広い場所に出た時には、一度振り返って帰り道の特徴や背景の山の位置などを確認する事を心がけると安心かもしれませんね。私も初めての場所は特に気をつけてます。更に分かりづらい場所はスマホで写真を撮っておく方法をすれば良いと思います。
日没時間もチェックしておくと良いですね☀️

この他にも屋久島の釣りにおける注意ポイントはいくつかありますが、今日はこの辺りで閉めたいと思います。
今回は屋久島の釣りにおける注意点ばかり記載してしまいましたが、屋久島は夢のある釣り場です
カンパチやシイラ、キハダマグロ、カツオ類
瞬間的に凄いスピードで走る大きなアジ類、数十kgの大きさにまで成長するGT(ジャイアントトレバリー)がショアから狙えますし、春になればブリや4kgを超えるアオリイカが釣れます。他にもクエや巨大な根魚も狙えたり、、と。何が起こるか分からないワクワクドキドキなフィールドは屋久島ならではだと思います。
普通の釣りセオリーが通用しない難しい島ですが、
一匹の魚との出会いは格別なものがあると思います。

「屋久島の大自然を眺めながら釣りをするだけでも充分贅沢だ」とは昨年来られたお客様のお言葉です。
目の前の広大な海と空、後ろに聳える険しい山々 波の音しか聞こえない空間でご自身の釣りを楽しまれてはいかがでしょうか。

当館では釣船やフィッシングガイドのご紹介。
釣りポイントへの現場案内(道案内、ポイント、危険箇所説明)も承っております。
屋久島で釣りをしたいとお考えの方はまずはお気軽にご連絡下さい。

3C8AE88C-3BB6-4E6B-AD7B-726DB2E61B63

ヴィラウルー メール
info@villa-heureux.com

2017.11.23 屋久島で船釣りしませんか?

当館は釣り目的で屋久島に来られるゲストさんも利用されます。
屋久島は黒潮がぶつかる海域にあり、
よく屋久島近海のお魚紹介文などでは 魚の存在する北限と南限にあたる為に日本一魚種の多い海域であると言われていますね。

確かに夏と冬でも魚がガラリと変わりますし、
屋久島の北と南というだけでも 変わったりします。
たくさんの魚種が存在する事もあり 何が釣れるか分からない面白さもありますね。

ショアからの釣りに関しては 私の分かる範囲でお教えできますので、事前情報などが必要な場合はどうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

「ショア」ではなく 「オフショア」 船を使った釣りもお勧めです。

こちら 洋丸(ひろまる)さん

https://www.yakushima-fishing.com

船は当館からすぐ近くの原港に停泊しているので 利用アクセスが良いです。
船長もとても良い方で 開業してからの期間が当館とほぼ同じな事も なんか親近感湧くので良しです(笑)

洋丸さん
歩いては行けない離れ瀬に釣り人を送る 渡船と
船の上で魚を狙う 沖釣りとどちらも対応してくれます。

渡船では餌釣りをする人が多いものの ショアジギングをする方もいるそうです。
秋から冬にかけては クチジロイシダイを狙って島外からも釣り人が沢山訪れていますね。

沖釣りは 船を貸し切ってのんびりとファミリーフィッシングをするのも良いですね。
大物を釣り上げたい!という方は GT(ジャイアントトレバリー)をメインターゲットにしたキャスティングゲームや、水深100m以上あるポイントをジギングでカンパチやハタ類を狙う釣りもあります。

船長曰く やりたい釣り、狙いたい魚など 対応してくれるそうなので、まずは相談する事をお勧めします。
半日予定なのか丸一日にするのか、時間についてもご相談下さい。

餌用、ルアー用 それぞれの釣竿とリールのレンタル、
ライフジャケットなども借りる事ができます。

船釣りにつきましても何か分からない事があれば ご連絡下さい。

751D24A4-F87B-47B1-8D1E-8D6BB069A94E
海側から見る 屋久島の景色も素晴らしいですよ(^^)

2016.10.20 屋久島の釣り事情

こんにちはヴィラウルーです。
今日も二組のお客様が無事チェックインされました。
神奈川とドイツから それぞれお越しになりました。
ちょっと天気がグズついているので ちょっと残念ではありますが、初めての屋久島楽しんで行ってくださいね!

昨日、時間ができたので磯釣りに行ってきました。
屋久島では9月過ぎるとスマガツオという魚がまわってきます。
屋久島ではオボソと呼ばれるこの魚は、沢山の種類の魚が獲れる屋久島の海の中でも ダントツで食味が良く、
島の釣り人にも大人気の魚です(^^)
image

秋は小型が多いですが、年末あたりから年明けを迎える頃になると 脂がのった大きなスマが獲れる様になります。その頃のスマは まさに絶品!私も毎年楽しみにしていますσ(^_^;)

スマガツオは その食味の良さとマグロに似ている味を活かして、クロマグロの代替魚として愛媛や和歌山では養殖の研究をすすめているのだそう。
マグロよりも小型で餌のコストもかかりにくい事も利点かもしれませんね。
養殖研究も進み、愛媛では「伊予の媛貴海」(ひめたかみ)、和歌山ではは「海の三ツ星」というブランド名も付けられているようです。

スマガツオは知名度こそ低い魚ですが、食味は抜群です
機会があれば是非食べてみて下さいね。
image
▶︎スマのタタキとオオグチイシチビキの刺身

実際に釣って食べてみたい方は 一度ご相談下さいね。

2016.07.24 屋久島ガイドをご紹介

こんにちはヴィラウルーです。
梅雨も無事に明け 快晴続く屋久島です!
海に山に綺麗な星空、屋久島を満喫できる良い時期の到来ですね(^^)

今週はガイドさんを紹介させて頂いたお客様が多数ご宿泊でした。
まずは10歳になる息子さんとお母さんの二人で屋久島に来られたお客様。
縄文杉一泊二日キャンプにも行きましたが、息子さんが魚釣りもやってみたい!と言う事を聞いていましたので
『FISHING LIKE CLUB』を紹介させて頂きました。

https://coubic.com/yakushima_flc/page/3

代表 田中さんにガイドをして頂きましたが、
レンタカーが無く島を巡れないお客様に合わせて、
観光スポットをまわったり、川遊びを楽しんだり
思いがけずウミガメが見れたり、、、
形にこだわらず お客様のニーズに応える対応をして下さって お客様もとても楽しまれた様です(*^^*)
帰りには川で獲ってきたハゼをお持ち帰り

image

ハゼ達は観察した後 川にお帰り頂きました。
都会では味わえない自然遊びができて嬉しかったと思います!
今日は朝からメインイベントの船釣りに出発!
今日から違うお宿への宿泊になってしまいましたので釣果は知る事ができませんでしたが、、
きっと屋久島の美しい海での釣りは 良い思い出になった事と思います

『田中さん! また機会がありましたら宜しくです!』

もう1組のご家族に紹介させて頂いたのは
『島結(しまゆい)』さん

http://www.shimayui.com/?mobile=1

小学生のお子様も一緒に白谷雲水峡へ出発。
天気も最高! 太鼓岩からの眺望は最高だったそうです
お帰り早々、お客様からは『島結』さんにガイドを頼んで良かったと有難い言葉も頂けました。

image
ノートにも娘さんからの有難いお言葉

今回 対応頂いたガイドさん有難う御座いました。
お陰様で みなさん屋久島時間を満喫されています
また次の機会も宜しくお願い致しまーす(*^^*)
ヴィラウルーは 有難い事に今週も引き続き満室状態が続いています。強烈な暑さも手伝って少々バテてきたところもありますが、
屋久島の皆さんも水分補給をしっかりしながら この猛暑を元気に楽しく乗り切りましょう(*^^*)

2016.04.08 4月の屋久島の釣り

こんにちはヴィラウルーです。

先日、釣りを目的としたお客様がいらっしゃったので
今日は屋久島の釣り事情について記載したいと思います
といっても私自身は餌を使った釣りは殆どせず、ルアー釣りを主としていますので記載内容はルアーで釣れる魚種に限られます(^^)

屋久島は黒潮が通る海域にある島。
その影響で四季折々様々な種類の魚が釣れる事でも有名ですね。
ダイビングされる方は、カンパチやキビナゴの群れなど沢山の魚を見る機会が多いと思います。

4月これからの時期は、黒潮に乗って大量の藻が屋久島近海にも漂流してきます。
そしてその藻には沢山の小魚が着いています。
5cm程度のサバやブリ、ヒラアジなど様々な幼魚が藻と一緒に流れてくるんですねー。
これらの幼魚は藻雑魚(もじゃこ)と呼ばれていて、
今頃の時期になると 藻雑魚を捕る漁師さんが忙しくなります。藻雑魚の中のブリの幼魚だけを選別して本土の養殖業者に卸す目的で毎日忙しくトカラ、口永良部島を含めた海域で漁を行うそうですよ。

先日藻雑魚を沢山頂いたので 唐揚げにしてみました。
メチャクチャ美味しかったですよ。

こちらが藻雑魚
image

こんな藻雑魚達が流れてくる時期なので、それを捕食する大型の魚達が姿を現わすのもこの時期といえます。
10キロを超えるブリが屋久島近海にも回ってくるのもこの時期、他にはショアから強烈な引きを楽しめるカンパチ、シイラなどの中〜大型の回遊魚が回ってきます。

GTもシーズンインしていますので思わぬところで30キロを超える大型GTが飛び出す事もありますのでご注意下さい(*^^*)

先日ブログにも記載したアオリイカ釣り大会。
数はあまり釣れてはいないものの 釣れるとサイズが大きいと皆さん口を揃えて仰っていますね。
アオリイカも今が良い時期です。

屋久島の釣りも時期によって若干狙う魚や狙い方が変わってきます。
今回4月の釣りについて個人的な考えで書いてみましたが、釣りをされるお客様がいらっしゃる事が分かりましたので時々書いていきたいと思います。

個人的な釣りブログ

http://yakushimafishing.naturum.ne.jp

こちらも日々更新していますのでご覧下さい
釣り目的で来島されるお客様はご予約時の備考欄やメールなどでご相談も受け付けておりますので、
宜しくお願いします。

2016.04.04 やってません蕎麦屋閉店

こんにちはヴィラウルーです。
ここ最近はすっかり暖かくなりましたね。
私も半袖で過ごす日が多くなりました(^^)

さてさて、先日尾之間にある蕎麦屋さんが
4月10日の営業で閉店する事をブログで発表しましたね。
image
県道沿いにある この看板のお店です(*^^*)
インパクトありましたよね。
私が初めて屋久島を観光で訪れた時にも
「やってません」の表記に笑いました(笑)

そんな蕎麦屋さんは3月10日で開業丸4年を迎えています。たくさんのお客さんに愛されているお店です。
こだわりのお蕎麦やセットメニューが美味しいという事で通い続けているファンの方は当然いると思いますが、それ以上に御夫婦お二人のお人柄が好きでファンになってしまい通っている方も多いと思います。
閉店すると公開してからは連日お客さんの入りが凄いらしいです。皆さん最後に食べておきたいですよね(^_^)

ご主人はルアー釣りをされていて釣りブログも書かれているんです。私もルアー釣りをしますので屋久島に移住した当時 ポイント等が分からない私にとっては有り難かったのを今でも思い出します。
その後実際にお会いし 時々釣り場でご一緒する時もありました。

そして先日の話、
チェックイン予定の5日前に当館をご予約されたお客様がいらっしゃいました。
実はこのお客様、蕎麦屋さんが閉店すると知り慌てて屋久島に単独で行く事を決めたお客様だったんです(*^^*)
いやはや どれだけ愛されたお蕎麦屋さんだったのかと感心させられましたね。
お昼は当然お蕎麦、そして夕方はお二人で魚釣りを楽しまれていました。
何度も屋久島に釣りに来ているお客様なので、次回また来た時には私もご一緒できたら嬉しいですね。

蕎麦屋さん閉店まで1週間切ってしまいました。
終わってしまう前に 食べに行きたいと思います。

2016.02.26 2016屋久島アオリイカ釣り大会

こんにちは屋久島ヴィラウルーです!

今朝は少し寒さが強かった屋久島。
昨日までの北風もだいぶ弱まっているので 島の北部も過ごし易くなっていると思います。
全国的に未だ寒い日が続いていますが、早く春が感じられる陽気になるといいですね(^^)

今、屋久島内で密かに話題になっているのがこのポスターimage

夢を叶えろ!春のデカイカは屋久島から始まる!!
「2016屋久島アオリイカ釣り大会」

屋久島は大型アオリイカが釣れる事で有名な場所でもあるんです。そんな夢ある屋久島で行われるアオリイカ釣り大会がこの春開催されます。

期間は3月22日日没〜4月23日17時検量までの1ヶ月間
1杯の重量で競われます。

遠方からエントリーされる方もインターネットにて事前申し込みする事ができますので、参加されたい方は是非エントリーしてみて下さい。

エントリー期限は3月22日17時まで。
詳細は写真ポスターに記載された内容をご覧頂くか、お問い合わせ窓口までご連絡をお願い致します。

これからの時期、春の屋久島アオリイカは特に大きいのが毎年水揚げされています。
1キロ 2キロは当たり前、4キロ超えも沢山釣られています。
夢の巨大アオリイカを狙いに屋久島に来てみませんか(^^)

屋久島 釣り釣りの日々

釣り好きの私は、
空いた時間を利用して 朝イチ釣り(漁と言って出ていきます)に出かけます。
なかなか釣れない日も多いですが、捕れたら新鮮なお魚が食べられるので そりゃあ嬉しいですね。

天気の良い日は、大海原から顔を出す 真っ赤な日の出を眺められるので
とっても気持ちが良いです。
image

とある日には雲が一片も無い青い空に飛行機雲の線が入って、とても映えてましたね。
image

いやはや、気持ちが良いもんです。

これで釣れてくれれば文句ないんですが、
屋久島の釣りは まだ良くわかりません(;^_^
回遊魚が相手だと連日釣れていても、急に居なくなったりします。
情報が大事と思いますねー。

なかなか難しい屋久島の釣り。
でもたまには 釣れるんです。
imageA

最近 島の南側でもカンパチが釣れている話を聞いたので早速出動して釣ってきました。ヒレナガカンパチです。

2匹釣れて
74cm 3.5kg 80cm 5.0kgありました。

image

嬉しかったー(T_T)
でも夫婦二人では食べきれないので、そんな時は近隣の方々にお裾分け。
‥‥こんな屋久島ライフを楽しんでいます。

11月後半の3連休は、有難い事に予約がイッパイです。
次はどんなお客様に会えるのか、どんな出会いになるのか
その事も楽しみに営業しています。

屋久島 楽しんでいって下さいね!

小•中学校時代の友人

今日宿泊されるお客様。
私の小•中学校時代の友人なんです。

忙しい中、時間を作って遥々 屋久島まで来てくれました。
15年以上会っていないので とても楽しみです。

今日は縄文杉を見る為に 朝早くから山歩きしている筈で、
下山後 チェックインの予定になってます。

久々の再開、楽しみです(^^)
そして わざわざ会う為に屋久島に来てくれた事、
とっても嬉しく思ってます。

屋久島を堪能して帰ってもらいたいので、色々と案内•紹介をしたいと思います。

釣った魚を食べさせようと 朝から意気込んで釣りに行きましたが、
あれだけ居たオボソも最近では何処にいったのやら 釣れた話しすらなくなりました。 ツムブリも釣れず。
釣れて来るのは ダツばっかり。。

image

ダツで我慢してもらいましょう(笑)