カテゴリー別アーカイブ: 観光ポイント

2017.12.09 年末メンテナンス

12月に入りまして 普段手の行き届かなかった場所の掃除などを少しずつですが進めております。
年末大掃除という訳ですね。
今年は6月に母屋と客室棟外装の再塗装をしたので メンテは今までで一番頑張りました!
明日からは内装ワックス掛けて行く予定にしてまーす。

19C02EA3-708A-4DBA-A185-ECE155B3F01C
関係ないですけど とある日の夕焼け空です。
水平線に雲があったので 沈む夕陽は見えませんでした 水平線近くには雲がある事も多いので 旅行中に夕陽が水平線に落ちていくのを見る事ができたら幸運ですよ(^^)

207.09.07 屋久島 西部林道のヤクサル ヤクシカ

こんにちはヴィラウルーです。
先日の夕刻、島の北側に行く用事があったので西部林道を通って北部まで行きました。
大川の滝を通過してからは いつもと変わらずヤクシカとヤクサル達がお出迎えしてくれました。
ヤクサルに至っては あの狭〜い西部林道の道幅全体を占拠して毛繕いし合ったり、寝転んだりしてましたよ。
これには流石に観光の方が運転する対向車は驚いてしまって、暫く何もできずに立ち止まっていました(笑)

こんな時、いつまで待ってもサルは避けてくれませんので軽くクラクションでサル達に知らせながら微速前進で通過するのが良しですよ(^^)
サル達が占拠する事は結構多いので 道を開けてもらえるようお願いする感じでヒッソリ通りましょう。
それでも サル達が避けてくれるのは車が通れるギリギリだけ、通過できる位に避けた後は またそこに寝転んで毛繕いを始めます(笑)

西部林道は事故防止の為にもゆっくりノンビリと
サルやシカ達があちこちに居ますので辺りを気にしながら安全運転でお越し下さいませ。

IMG_3977

2017.07.23 夏場の観光スポット

暑い日が続いていますね(汗)
冷たい川の水に飛び込みたくなる衝動にかられます。
夏場は海や川遊びにかぎりますね(^^)

最近来られているお客様は殆どトレッキングとは別日に海水浴をして楽しまれていました。
横河(よっご)渓谷で川遊びするご家族もいらっしゃいましたね。川の水はとても澄んでいて とっても冷たくて気持ちいいですよー。

お時間のとれる方は、リバーカヤックやシーカヤック、シュノーケルなどのアクティビティもお勧めです。
屋久島にはたくさんのツアーガイドがあります。
それぞれ特徴あるツアー内容を用意していますので
興味のある方はホームページをご覧になると良いと思いますよ。
リピーターの皆さんも これらアクティビティ体験を通じて、トレッキングだけじゃない また新しい屋久島の楽しみ方に出会えると思いますよ。

是非 この夏は屋久島にお越し下さいませ!

※7月は ほぼ空室なく まさに夏休みシーズン本番といった感じでした。
お越し頂いたお客様 有難う御座いました。
8月は 疎らにキャンセルが出ましたので 5日ほど空きが御座います。

8月1日、8月4日、8月15日、8月28日、8月31日

上記の日程は 今現在空きが御座います。
屋久島観光をお考えの方は 是非ご検討ください。

2017.07.18 屋久島ウミガメ観察について

こんにちはヴィラウルーです。

7月に入ってから たくさんのゲストにお越し頂いております。たくさんの方々との出会いを楽しませて頂いております。
梅雨も明けて海の日も過ぎたので いよいよ夏休み本番という感じですね。
屋久島は連日 あつーい日が続いていますので 水分補給と日陰での適度な休憩など熱中症に気をつけながら
トレッキングや海遊びを楽しんで下さいね。

夜 ウミガメ観察に行かれるゲストが6月から増えていますね。先月イギリスから来られたゲストもトレッキングをする事よりもウミガメの産卵が見たくて屋久島に来たとウミガメが目的だった事を仰ってました。
しかし自然の生き物なので 100%確実にに見られる訳ではく、当然ウミガメが産卵の為に上陸しない日もあります。
先日のゲストもウミガメ観察に行かれたのですが、
21時30分頃 栗生浜に到着した頃にはウミガメは既に上陸し、更に産卵も終え まさにいま海に帰ろうというタイミングだったそうです。
同じ時間に行っても 行ったら丁度 上陸したタイミングで待ち時間なく産卵が見られた方もいらっしゃいますし
2日行って見られなかった方もいらっしゃいます。
自然が相手なので仕方ない事ですが、晴れた日には天の川を含めた星空を見る事ができます。
夏の夜の涼しい風を感じながら 綺麗な星空をゆっくりと眺めるだけでも行ってみる価値は充分と思います。

屋久島でウミガメ観察をする場所で有名なのは「永田浜」です。
永田浜でウミガメ観察する場合には こちらで事前に予約が必要になります。

http://nagata-umigame.com

永田浜は島内でもウミガメの上陸が多い場所です。
ウミガメ保護の為、事前にスタッフさんからウミガメの習性や観察における注意事項について説明があります。
当館から永田浜に行かれる場合は 西部林道が夜間(17:00〜)通行止めになるので 安房経由で行き来する形になりますので ご注意下さい。

南側でウミガメ観察できる場所は「栗生浜」です。
栗生海水浴場ですね。夏は普通に海水浴場を楽しむ場所に夜になるとウミガメが上がってきます。
こちらは事前予約は必要なく好きな時間に行く事ができます。
しかしながら 勝手に浜を散策したりするのは御法度。
ウミガメを見守るスタッフさんが居ますので その方からOKが出るまでは海水浴場の休憩場所や階段に腰をおろして待機です。
ウミガメが上陸し、産卵場所を決め、産卵の為の穴を掘る この辺りまでくるとOKが出て観察する事ができます。産卵を終えて卵に土を被せて海に帰って行く姿を見送る事ができますよ(^^)

ウミガメを観察するにあたって気をつけなければならないルールがあります。
特にスマートフォンやハンドライトなど光の出るものは
産卵期のウミガメは嫌がりますし、産まれたばかりの子ガメは本能で光のある方向に進んでしまいますので要注意ですね。
大きな物音がしたり 人の気配がすると産卵期のウミガメは上陸を嫌がってしまう可能性もありますので皆んなで静かに待ちましょう。

これからは天気も安定して 夜の観察会に行くには良い時期です。7月までは産卵の観察、8月に入ると産卵に来るウミガメも減り 今度は卵から孵る 子ガメの姿を見る事ができます。

是非 ウミガメ観察をしに屋久島に遊びにお越し下さい