カテゴリー別アーカイブ: 観光ポイント

2018.09.12 秋めいて来ました

朝夕だいぶ涼しくなり 蝉以外の虫の声が響き渡る季節になってきました。
屋久島も秋になってきたんですね。

18DF56B5-8D40-47D1-A35E-8E10FCDA1B1B

56C992E1-0C46-4117-A17E-20739B264AED

当館のプルメリア やっと咲いてくれました。
カリフォルニアサンセットという品種らしいです。
これまたトロピカルな色ですねー。

2018.06.11 ウミガメの産卵

屋久島 梅雨に入りましたが、今のところ雨だけが降り続く事もなく今日も青空が見えています。
空気はすっかり夏らしくなって非常に蒸し暑いです。
海や川遊びが恋しくなる時期に突入ですね。

先日ウミガメの産卵を見にきたというドイツ人ゲストがご宿泊でした。
残念ながらウミガメの産卵は夜、屋久島では夜間の交通機関は皆無ですので レンタカーが無いと見に行くことができないのです。
屋久島に来た目的がウミガメを見たいから。。と聞かされたら そこは何とか致しましょう!という事になり、特別に車で一緒に出かけました。
栗生浜に到着したのが夜8時45分頃。
まだウミガメは浜にあがってきていないので あとは産卵に来てくれることを祈りつつ、ただ待つしかありません。
梅雨空かと思いましたが空には満天の星空。
金星や人工衛星を見ることもできました。

しかしながらなかなかウミガメはやって来ず。。
話しによると 前日は全く来なかったらしく0頭
潮の条件も悪く、黒潮も少し沖を流れているそう。

スタッフさんが常駐しているのは夜10時まで。
今日はダメかなーと思いかけた 夜9時45分を過ぎたあたりで ようやくアカウミガメが1頭産卵にあがってきました。

産卵のため 砂浜に穴を掘り、ようやく産卵を始めてくれました。
749C4894-F911-46CB-A937-7DF62FB395BB

9D498543-8341-459F-9953-C2F96B8C28AA

産卵が終わるとタマゴに後ろ足で砂をかけ、前足を使って掘った穴を平らに均したあと 海に向かって移動していきます。
そして海に無事帰るまで見届けました。

無事見ることができてゲストさんは大喜び。
悪条件の中で見る事ができた非常にラッキーなゲストさん、長い時間待った甲斐がありましたね。

私は無事に見られて内心ホッとしています、、、
ウミガメさん有難う(笑)

ウミガメの産卵シーズンは まだまだ続きます。
この時期 屋久島に来られたら是非足を運んでみてください。

2018.06.04 屋久島クレープ

ついに梅雨入りとなりました。
屋久島はまだ そんなに蒸し暑さも無く天気の不安定さも感じられません。晴れ間すら垣間見れます。
しかし明日以降からは前線が掛かる予報になっていて不安定な陽気になっていくみたいですね。
梅雨時期のトレッキングは急な雨による川の増水や落雷など沢山の危険がありますので、充分注意ながら山に入るのは勿論 荒れた天気が予想される場合には予定を変更、中止する事も視野に入れるようにしましょう。

安房にある 手作りアクセサリー樹之香(きのこ)さんが店舗敷地内でカフェをオープンさせました。
先日 空いた時間にお邪魔してきたのでお知らせします。

クレープが買えるのは 樹之香アクセサリーショップのすぐ脇のこちら
3CE51130-8EED-4011-A745-DDDC4F0F5C64

7BEEB53C-6BAF-4A73-B34B-BE6F45AC8C54
クレープがメインメニューとなっています。
屋久島らしさ満点の限定クレープとして屋久島のタンカンを使用したタンカンクレープがありました。
こちらはカスタードクリームとニューヨークチーズクリームのどちらかを選べます。
タンカンクレープには その他にもタンカンバナナ、タンカンチョコバナナの種類もありましたよ。
他にもバナナやストロベリー、キャラメルなどの定番クレープメニューもあります。

6AE875C0-8935-4274-8B86-E764263ED43B
今回はタンカンクレープ ニューヨークチーズverとキャラメルバナナクレープを頂きました。
美味しくてあっと言う間にペロリと食べちゃいました(笑)クレープを食べられる所は屋久島に無かったのでとても嬉しいです。
甘いクレープ以外にも お食事クレープな感じでしょうか。サラダクレープという けい水産の燻製を使用した物もありました。
勿論 コーヒーやフローズンドリンクなど飲み物も販売していますよ。

あとはなんといっても ゆっくり過ごせるデッキが最高でした。ご主人が10年越しで構想を練り やっと作り上げたデッキらしくデッキ下を流れる力強い川の音と辺り木々の緑で覆われた それはそれは素敵な空間でした。

02498BB3-63A9-46E2-A009-5441A2918D8B
売店で購入したクレープや飲み物を持って このデッキでゆっくり過ごす事ができます。
木陰になるので真夏は涼しいと思いますよ。

EB960840-2C7F-4656-AC65-8A4D873027C0樹之香さんでは アクセサリーなどの手作り体験も行なっています。晴れた日はこの気持ちの良いデッキで作業できますし、雨の日には店内で工作できます。
これからの長い雨の日には こちらのクレープをいただきながら お気に入りのアクセサリー作りを楽しまれてはいかがでしょうか。

【樹之香カフェ】
営業時間:10:00-16:30
〒891-4311 鹿児島県熊毛郡屋久島町安房 2737-14
電話 090-2512-8940
ホームページ https://www.y-kinoko.com

2018.04.02 屋久島の無人販売所

よく晴れた日が続いています。
ここ2週間ほどでしょうか、まとまった雨は暫く降っていないように感じます。
まさに今は屋久島の観光シーズンなので お客様にはとても良い時期になりましたね。

今日は屋久島のあちこちにある無人販売所について書きたいと思います。
車で県道を走っていると 手作り感満載の小さな小屋を見かける事があるかと思います。

こんな感じの小屋。
D557E618-9810-4669-BEDC-5A9C699CFCD3

この小屋は畑で採れた作物や果物なんかを販売する為の物なんです。代金は設置してある箱に入れてお支払い。
もちろん品物だけを持って行ってはいけません(笑)

置かれている品物は その時に近くの畑などで採れた物なので、時期によって品揃えが変わります。
少し前までは タンカンが沢山置いてありましたし
ダイコンやサヤインゲン 葉物野菜などが並ぶ事も多かったです。今はジャガイモの時期ですね。
大抵は100円〜200円で売られているのでとてもお安く買えます

無農薬栽培の品を販売している所もあったり 珍しい品が並ぶ販売所があったりと、沢山ある販売所の中にも特徴があったりするのでなかなか面白いです。

無人販売所は島の中でも温暖で畑や果樹農家が多い屋久島南部に多いです。

観光の方は野菜を買うことはないかもしれないですが、
ビワやパパイヤ、ドラゴンフルーツ、島バナナなども販売している所もあります。
島をドライブする際のちょっと変わった楽しみ方として 無人販売所に少し注目してみるのも面白いかもしれませんね。

2017.12.15 虹の島 屋久島

屋久島にも冬かやって来ました。
冬型の気圧配置になり 寒気が強まってくると北西の風がビュービュー吹きます。
風速で言うと 天気予報では15m/sと表示されたりします。Yahoo weatherの風予報の色分けで見れば予報画面全体が15m/sを表す黄色に覆われます(^^)
それこそ真っ黄色です(笑)

海も荒れるのでフェリーの欠航も増える時期ですね。
冬に屋久島に来る場合はフェリーではなく 高速船を使った方が良いですね。
高速船は台風でも来ない限り 殆ど欠航しませんので。

当然島内も風が吹き荒れます。
島の北部は風表になるので強い風が吹き付け、空もどんより曇り空になる事が多いです。
しかし逆に島の南側は屋久島の中央に聳える山々の陰になるので 風が当たらずスッキリ晴れた天気になる事が多いです。色々と特異な島なので冬の陽気以外にも、
島の北側と南側とで環境が違う事がいくつかあります。
ホント不思議な島ですね(^^)

95F11280-5CBF-4271-8049-A88B7872199D
そして冬になると 虹が出る事が多くなります。
冬 屋久島南部は晴れる日も多いのですが、北西風が吹き付ける事によってできる山間部の雲から にわか雨が降る事も多いです。
晴れているのに小雨が降る状況となるので 虹が出やすいんでしょうね

屋久島では二重の虹もよく見かけます。
晴れた日に にわか雨が降った時は 虹が出ていないか探してみて下さい。

冬の屋久島の楽しみ方の一つと言えますね(^^)

2017.12.09 年末メンテナンス

12月に入りまして 普段手の行き届かなかった場所の掃除などを少しずつですが進めております。
年末大掃除という訳ですね。
今年は6月に母屋と客室棟外装の再塗装をしたので メンテは今までで一番頑張りました!
明日からは内装ワックス掛けて行く予定にしてまーす。

19C02EA3-708A-4DBA-A185-ECE155B3F01C
関係ないですけど とある日の夕焼け空です。
水平線に雲があったので 沈む夕陽は見えませんでした 水平線近くには雲がある事も多いので 旅行中に夕陽が水平線に落ちていくのを見る事ができたら幸運ですよ(^^)

207.09.07 屋久島 西部林道のヤクサル ヤクシカ

こんにちはヴィラウルーです。
先日の夕刻、島の北側に行く用事があったので西部林道を通って北部まで行きました。
大川の滝を通過してからは いつもと変わらずヤクシカとヤクサル達がお出迎えしてくれました。
ヤクサルに至っては あの狭〜い西部林道の道幅全体を占拠して毛繕いし合ったり、寝転んだりしてましたよ。
これには流石に観光の方が運転する対向車は驚いてしまって、暫く何もできずに立ち止まっていました(笑)

こんな時、いつまで待ってもサルは避けてくれませんので軽くクラクションでサル達に知らせながら微速前進で通過するのが良しですよ(^^)
サル達が占拠する事は結構多いので 道を開けてもらえるようお願いする感じでヒッソリ通りましょう。
それでも サル達が避けてくれるのは車が通れるギリギリだけ、通過できる位に避けた後は またそこに寝転んで毛繕いを始めます(笑)

西部林道は事故防止の為にもゆっくりノンビリと
サルやシカ達があちこちに居ますので辺りを気にしながら安全運転でお越し下さいませ。

IMG_3977

2017.07.23 夏場の観光スポット

暑い日が続いていますね(汗)
冷たい川の水に飛び込みたくなる衝動にかられます。
夏場は海や川遊びにかぎりますね(^^)

最近来られているお客様は殆どトレッキングとは別日に海水浴をして楽しまれていました。
横河(よっご)渓谷で川遊びするご家族もいらっしゃいましたね。川の水はとても澄んでいて とっても冷たくて気持ちいいですよー。

お時間のとれる方は、リバーカヤックやシーカヤック、シュノーケルなどのアクティビティもお勧めです。
屋久島にはたくさんのツアーガイドがあります。
それぞれ特徴あるツアー内容を用意していますので
興味のある方はホームページをご覧になると良いと思いますよ。
リピーターの皆さんも これらアクティビティ体験を通じて、トレッキングだけじゃない また新しい屋久島の楽しみ方に出会えると思いますよ。

是非 この夏は屋久島にお越し下さいませ!

※7月は ほぼ空室なく まさに夏休みシーズン本番といった感じでした。
お越し頂いたお客様 有難う御座いました。
8月は 疎らにキャンセルが出ましたので 5日ほど空きが御座います。

8月1日、8月4日、8月15日、8月28日、8月31日

上記の日程は 今現在空きが御座います。
屋久島観光をお考えの方は 是非ご検討ください。

2017.07.18 屋久島ウミガメ観察について

こんにちはヴィラウルーです。

7月に入ってから たくさんのゲストにお越し頂いております。たくさんの方々との出会いを楽しませて頂いております。
梅雨も明けて海の日も過ぎたので いよいよ夏休み本番という感じですね。
屋久島は連日 あつーい日が続いていますので 水分補給と日陰での適度な休憩など熱中症に気をつけながら
トレッキングや海遊びを楽しんで下さいね。

夜 ウミガメ観察に行かれるゲストが6月から増えていますね。先月イギリスから来られたゲストもトレッキングをする事よりもウミガメの産卵が見たくて屋久島に来たとウミガメが目的だった事を仰ってました。
しかし自然の生き物なので 100%確実にに見られる訳ではく、当然ウミガメが産卵の為に上陸しない日もあります。
先日のゲストもウミガメ観察に行かれたのですが、
21時30分頃 栗生浜に到着した頃にはウミガメは既に上陸し、更に産卵も終え まさにいま海に帰ろうというタイミングだったそうです。
同じ時間に行っても 行ったら丁度 上陸したタイミングで待ち時間なく産卵が見られた方もいらっしゃいますし
2日行って見られなかった方もいらっしゃいます。
自然が相手なので仕方ない事ですが、晴れた日には天の川を含めた星空を見る事ができます。
夏の夜の涼しい風を感じながら 綺麗な星空をゆっくりと眺めるだけでも行ってみる価値は充分と思います。

屋久島でウミガメ観察をする場所で有名なのは「永田浜」です。
永田浜でウミガメ観察する場合には こちらで事前に予約が必要になります。

http://nagata-umigame.com

永田浜は島内でもウミガメの上陸が多い場所です。
ウミガメ保護の為、事前にスタッフさんからウミガメの習性や観察における注意事項について説明があります。
当館から永田浜に行かれる場合は 西部林道が夜間(17:00〜)通行止めになるので 安房経由で行き来する形になりますので ご注意下さい。

南側でウミガメ観察できる場所は「栗生浜」です。
栗生海水浴場ですね。夏は普通に海水浴場を楽しむ場所に夜になるとウミガメが上がってきます。
こちらは事前予約は必要なく好きな時間に行く事ができます。
しかしながら 勝手に浜を散策したりするのは御法度。
ウミガメを見守るスタッフさんが居ますので その方からOKが出るまでは海水浴場の休憩場所や階段に腰をおろして待機です。
ウミガメが上陸し、産卵場所を決め、産卵の為の穴を掘る この辺りまでくるとOKが出て観察する事ができます。産卵を終えて卵に土を被せて海に帰って行く姿を見送る事ができますよ(^^)

ウミガメを観察するにあたって気をつけなければならないルールがあります。
特にスマートフォンやハンドライトなど光の出るものは
産卵期のウミガメは嫌がりますし、産まれたばかりの子ガメは本能で光のある方向に進んでしまいますので要注意ですね。
大きな物音がしたり 人の気配がすると産卵期のウミガメは上陸を嫌がってしまう可能性もありますので皆んなで静かに待ちましょう。

これからは天気も安定して 夜の観察会に行くには良い時期です。7月までは産卵の観察、8月に入ると産卵に来るウミガメも減り 今度は卵から孵る 子ガメの姿を見る事ができます。

是非 ウミガメ観察をしに屋久島に遊びにお越し下さい