月別アーカイブ: 2014年11月

お茶の藤原園

ひょんな事から、
先日 楠川にある 藤原さん宅にお邪魔してきました。
藤原さんは『お茶の藤原園』を
ご家族で営んでいて、
身体に優しい美味しいお茶を作るために農薬・化学肥料を使わずにお茶を栽培しているそうです。
採れた茶葉で入れたお茶を頂きましたが、苦味が無くスッキリとした味わいでとても美味しかったですよ。

屋久島のお土産屋さんでも 写真のパッケージの商品を見た事があるのではないでしょうか?

image
屋久島茶の他、ほうじ茶や紅茶
お茶や紅茶を使ったクッキーなんかも販売していますよ。

image

息子さん夫婦も含めた4人で
育てている 無農薬・無化学肥料の屋久島茶。
是非 飲んでみて下さいね。

とても素敵なご家族と お知り合いになる事ができて 幸運でした。

屋久島に居ると 色んなところから 人の繋がりが生まれてきます。人との繋がりを強く感じられるので楽しいですよ。
これも屋久島魅力ですね。

屋久島 釣り釣りの日々

釣り好きの私は、
空いた時間を利用して 朝イチ釣り(漁と言って出ていきます)に出かけます。
なかなか釣れない日も多いですが、捕れたら新鮮なお魚が食べられるので そりゃあ嬉しいですね。

天気の良い日は、大海原から顔を出す 真っ赤な日の出を眺められるので
とっても気持ちが良いです。
image

とある日には雲が一片も無い青い空に飛行機雲の線が入って、とても映えてましたね。
image

いやはや、気持ちが良いもんです。

これで釣れてくれれば文句ないんですが、
屋久島の釣りは まだ良くわかりません(;^_^
回遊魚が相手だと連日釣れていても、急に居なくなったりします。
情報が大事と思いますねー。

なかなか難しい屋久島の釣り。
でもたまには 釣れるんです。
imageA

最近 島の南側でもカンパチが釣れている話を聞いたので早速出動して釣ってきました。ヒレナガカンパチです。

2匹釣れて
74cm 3.5kg 80cm 5.0kgありました。

image

嬉しかったー(T_T)
でも夫婦二人では食べきれないので、そんな時は近隣の方々にお裾分け。
‥‥こんな屋久島ライフを楽しんでいます。

11月後半の3連休は、有難い事に予約がイッパイです。
次はどんなお客様に会えるのか、どんな出会いになるのか
その事も楽しみに営業しています。

屋久島 楽しんでいって下さいね!

お知らせ 千紫万紅の会

先日、お泊まり頂いたお客様の個展についてお知らせしましたが、
一緒に宿泊された方も 現在 京都で開かれている絵画の展覧会に出品されでいます。 今日はそちらのお知らせです。

〜 千紫万紅の会 〜

画家 田中裕子

開催期間 11月19日(水)~11月23日(日)会期中無休
水-金11:00-19:00 / 土日12:00-19:00

場所 画廊くにまつ京都
〒604-0874
京都府京都市中京区竹屋町通烏丸東入る清水町382藤居ビル1F
TEL. 075-256-4628
営業時間 11:00-19:00 / 不定休
Open 11:00-19:00 / Closed days not fixed.

ホームページ http://www.g-kunimatsu.com/

是非、お立ち寄り下さい。

実は3人で来てました。

今日は先日来られたお客様のお話。

そのお客様は ご夫婦で来られていました。
二日間の休暇しか取れなかったので、トレッキングコースを かなりハードではありますが、白谷雲水峡から縄文杉に抜けるコースに決めていた様です。
かなりの長時間歩いて 『もののけの森』『太鼓岩』『ウィルソン株』『縄文杉』その他にも名のある屋久杉などを無事1日で見て来る事ができました。

お二人とも 翌日には あちこち身体が痛かった様ですが、達成感のある疲れは どこか心地よかったのではないでしょうか。
お二人、爽やかな笑顔が印象的でした。

そしてお帰りになる日。
いつもの様にお車を見送り チェックアウトが済んでから
お部屋のお掃除に入りました。
そこにある 『思い出ノート』に記入して下さっている事が分かったので
記入された内容を読んでみると、、、。

「実は2人ではなく3人で屋久島に来ていました」の記載が。

そうなんです、屋久島に来る直前にお腹に赤ちゃんがいる事が分かったというんです。私達も顔を見合わせました。
よくぞ頑張って縄文杉までの長〜い距離を歩かれたなぁ、、
と感心もしました。

車を見送った後にその事を知ったので、その時はオメデトウの言葉すら言えませんでしたが、
もし この日記を見ているのであれば 「おめでとうございます」の言葉をまずお伝えしたい。

私達も温かい気持ちになり、とっても幸せを感じました。

次回、いつお会いできるか分かりませんが、
その際には お子様を連れたお二人に 是非お会いしたいですね。

幸せな気持ちになる 特別な出来事でした。

食事処 味徳

今日は 近くの食事処をご紹介。
尾之間集落にある『食事処 味徳』さん。

image

観光客の方も来ますが、島の方達もよく立ち寄る 定食屋さんです。

屋久島名物のトビウオや地魚を使った料理や、珍しいパパイヤの天麩羅などの料理が食べられます。
地元の方々は、味徳さんの 唐揚げ定食を頼む方が多いんですよ。 長年愛され続けているメニューなんですね。

どれも美味しい上に ボリュームもありますので 絶対満足できると思いますよ。

『食事処 味徳』
営 業 時 間
昼  :11:30~14:30
夜(夏時間):18:00~21:00
(冬時間):17:30~20:30

定 休 日 第1、第3 日曜日
TEL 0997-47-2988
住所 〒891-4404 鹿児島県熊毛郡屋久島町尾之間334-3
ホームページ http://www5.synapse.ne.jp/ajitoku/index.html

是非 お立ち寄り下さい。

友人の滞在

屋久島に3泊4日滞在していた友人は今朝早くに出発し島を離れました。
忙しい最中 時間を見つけて来てくれた事が本当に嬉しかったです(^^)
白谷雲水峡に行き太鼓岩に着いた時、時間も遅かったせいか誰も居なかったそうです。
彼は山道を歩き続けた後に 太鼓岩の上で一気に開けるその景色に凄く感激していました。
そして 持参したバーナーでコトコトお湯を沸かしコーヒーを入れ、
サンドイッチを食べたそうなんですが、太鼓岩からの景色を独り占めしながら食べる食事は格別なものだったと思います。

『けい水産』の燻製が大変気に入り、幾つもの燻製を購入していました。啓さん 工場見学有難うございました(^^)

『食事処 味徳』さんでは、パパイヤ御膳と焼酎三岳を注文したそうで、
パパイヤやカメノテといった あまり馴染みない食材を食すことができてとても喜んでいました。

雲水峡から帰ってから 平内集落にある 平内海中温泉に向かいました。
その温泉は海の側に有り、通常は名前の通り海の中に沈んでしまうので入ることができないのですが潮が引く干潮の前後2時間の間だけ入ることができる、ちょっと特別感のある温泉なんです。

image

彼は ここにだけは行きたいと思っていたらしく 来た時から楽しみにしていたんです。
、、、ここでも彼は感激していました。

日が暮れて辺りは真っ暗
聞こえてくるのは波の音だけ
温泉に浸かりながら空を見上げると
そこに見えたのは 闇夜に広がる満天の星。
細かな星までも一つ一つに命があるかの様に瞬いて主張している。
そんな星空に感激していました。

彼は今回の旅行は忘れられない特別なものになった。と言って帰っていきました。
これから屋久島に来られるお客様にも そんな風に感じて頂いて
幸せな気持ちでお帰り頂けたら 嬉しいですね。

尾之間の温泉

昨日お話しした 私の友人。
縄文杉に引き続き、今日は白谷雲水峡にでかけました。
その後、温泉に入るのを楽しみにしてましたよ。

当館に近い場所に 二つの温泉施設があります。
どちらも当館から車で5分くらいで行く事ができます。

『尾之間温泉』

image

地元の猟師に鉄砲で撃たれた大鹿が傷を癒したのを見て、発見されたと言い伝えられる 歴史古い温泉です。
「毎日通っているよ」という方も沢山いる 地元の方に愛されてる温泉です。
泉温が熱めで、湯船が深く 湯量もありますので
とっても気持ちが良い温泉です。
湯船の底は 玉石が敷き詰めてあり、温泉はその敷かれた玉石の下から湧き出しています。
備品などは ありませんので、当館のバスセットをお持ち下さいね。

料金 200円
営業時間 7:00~21:00
定休日 月曜 午前中
連絡先 47-2872

『JRホテル温泉』
尾之間にあるJRホテル内にある温泉です。
宿泊客以外の方も日帰り入浴できますよ。
内風呂と露天風呂があり温泉に入りながら 東シナ海と太平洋へとつづく大海原を一望できます。
綺麗な夕やけも望める場所ですので日没前がオススメですよ。
11月中旬から2月末までの期間は、夕日が海に沈むのを見ることもできますよ。

温泉に入ると まずトロみがある事に気がつくと思います。
「美容液風呂に浸かっているような心地になる」とうたわれるくらいトロトロの湯質なんですよ。
シャンプーやボディーソープなどは備え付けられていますので、気軽に手ブラで行く事ができます。

料金 大人1200円 子供600円(タオル バスタオル代含む)
営業時間 15:00~19:00(受付は18時まで)
定休日 なし
連絡先 0997-47-2011

旅の合間に 温泉巡りをしてみるのも良いかもしれませんね。

小•中学校時代の友人

今日宿泊されるお客様。
私の小•中学校時代の友人なんです。

忙しい中、時間を作って遥々 屋久島まで来てくれました。
15年以上会っていないので とても楽しみです。

今日は縄文杉を見る為に 朝早くから山歩きしている筈で、
下山後 チェックインの予定になってます。

久々の再開、楽しみです(^^)
そして わざわざ会う為に屋久島に来てくれた事、
とっても嬉しく思ってます。

屋久島を堪能して帰ってもらいたいので、色々と案内•紹介をしたいと思います。

釣った魚を食べさせようと 朝から意気込んで釣りに行きましたが、
あれだけ居たオボソも最近では何処にいったのやら 釣れた話しすらなくなりました。 ツムブリも釣れず。
釣れて来るのは ダツばっかり。。

image

ダツで我慢してもらいましょう(笑)

冬の季節風

こんにちは。

屋久•種子地方 天気予報では10m近い北風が吹き荒れる予報となっていますが、当館のある原集落は 高い山々が冬の季節風を遮ってくれるので影響が少ないようです。

image

冬でも冷たい北風をまともに受ける事がないので とっても穏やか。
お日様が出てくればポカポカ温かい とっても温暖な地域なんです。有難いですねー。

とはいえ、朝晩は肌寒く感じる事が多くなってきました。
島の人達も長袖を着ている人が増えてきましたよ。
只今の気温21度。。
私は まだ半袖で過ごしていますが(^^)

一つの島の北と南とで
気候、風の受け方、獲れる魚の種類、天気、、、などなど違うんですよね。
屋久島って 不思議。
興味深いですねー。

小林 悟展

以前ご宿泊頂いたお客様から お手紙が届きました。
お知らせによると、京都で絵画個展を開かれる様です。

今日はそのお知らせをさせて頂きます(^^)

小林 悟 展
『神様を見たことは たぶんないと思う』

2014年12月2日(火)〜12月7日(日)
12:00〜19:00(最終日は18:00まで)

〒606-8392
京都市左京区丸太町通東大路東入ル 南側
ギャラリー恵風 2階

屋久島に長期で滞在されていた方で、白谷雲水峡の山小屋に数日間寝泊まりされていたと お聞きしました。
夜の雲水峡、太鼓岩から見る 星空の美しさを語ってくれましたよ。

そんな情景を見て来た方なので、どんな個展になるのか 楽しみにしてました。

興味のある方は 是非ご覧になってきて下さいね。