タグ別アーカイブ: 屋久島雨の島、屋久島天気の安定、屋久島観光時期

2018.01.29 屋久島天気の安定する時期

今年は全国的に例年よりも寒い日が続いていますね。今週も関東地方でまた雪マークの天気予報がでていますし
まだまだ春が来るのは先のようです。
屋久島は南方の島ではありますがやっぱりこの時期はそこそこ寒いです。朝晩は特によ~く冷えます。。。やはり冬です。
それでも昼間太陽が出てくると春のような温かさが感じられるので、この時期になると私は決まって冬から春の訪れを毎日のように体感し「あー春が来た!」と毎日のようにお日様の暖かさにシミジミしながらボヤいています。
当然ですがヤクスギランドや白谷雲水協など山上に行けば極寒の寒さになります。平地とは10度近く気温差があるので雪も残っていますし日陰などは路面が凍っているところもあったり、、、人が少ないので静寂を楽しめますが防寒など準備は万端に出発して下さい。

今日は雨が多い屋久島の天候について書いてみたいと思います。
「屋久島は月に35日雨が降る」なんていう言葉を聞いたことありませんか?
全く意味不明な言葉ですが(笑)
これは屋久島では1ヶ月以上分の雨が降るという表現で、屋久島はそれくらい雨の多い島であるという事なんですね。
屋久島に雨が多い理由としては、
島なので当然ですが「周りが海に囲まれている」
そして周りを流れる暖流 「黒潮の影響」
最後に屋久島の「急峻な地形」これらの条件によるものと考えられています。

「35日雨が降る」と言われてしまうと 毎日の様に雨が降っているイメージに思われてしまいますが、実際はそこまで極端に雨の日が多いわけでは無いんです。
流石に6月雨季に入ると雨は毎日のように降りますが、その他のシーズンは意外と他の地域と大差ないと思います。その言葉が表しているのは雨の日の多さでは無く、屋久島の雨量です。
先述した条件によって 屋久島では雨が降ると度々まとまった雨が降ります。それこそ「バケツをひっくり返した」という表現がピッタリなくらいの土砂降りの雨。
里では降らなくても島の中心にある山の中では豪雨なんて事もあります。
毎日雨が降るイメージが先行してしまっていますが
実際には結構晴れの日も多いのでご安心を(^^)
ただ一度に降る雨量は凄い時があります。

◆観光に来られるにあたり 雨の日の多い時期について

2〜3月あたり屋久島の冬が明ける頃になると、島で「木の芽流し」と言われている長雨が降ります。
島の植物達にとっては春を知らせる恵の雨ですが、観光される方にとっては ちょっと残念な雨続きのタイミングになりますね。
6月は当然屋久島に梅雨前線がかかってきますので雨季を迎える時期になります。前線の上がり下がりで前線が通る度に激しい雷雨と凄まじい雨が降ります。
梅雨というとシトシト雨をイメージするかもしれませんが、屋久島の梅雨は半端ではありません(o^^o)
毎日の様に激しい雷が起きますし それが落ちて停電になる事も多いです。
梅雨が明けて夏の高気圧が張り出すとよく晴れて天気が安定します。夏の間は晴れ日が多いですね。
あとの夏以降は台風次第で雨の頻度は大きく変わってきます。
冬は北風が吹き荒れる事は多いですが、雨自体は少ないと思います。降っても弱い雨が多いですね。

屋久島の雨は一度に降る量が多い事が特徴です。
トレッキングに行く時や川遊びをする際には特に事前情報や当日の空模様などチェックしておくと安心かも知れませんね。安全に屋久島旅行を楽しみましょう(^^)v