関東から屋久島への行き方【関東各県それぞれ解説】

関東から屋久島への行き方

毎年関東から沢山の観光客が屋久島を訪れています
屋久島町の統計調査の数字を見ると関東エリアからの訪問者数が一番多いという結果がでています。

しかし関東から屋久島までは直行便が無いのでアクセスが悪く、
屋久島を訪れた方の中には行き方が分かり辛いと思った方もいるのではないでしょうか?

ここでは関東エリアから屋久島までの行き方が分からない・知りたいという方のために
屋久島までの行き方をまとめてみました。
参考にして頂けたら嬉しいです。

東京・千葉県・神奈川県・埼玉県・群馬県からのアクセス

羽田空港から鹿児島空港

東京・千葉県・神奈川県・埼玉県・群馬県からのアクセスは、
羽田空港を利用して飛行機で鹿児島空港まで移動するのが基本ルートになります。

羽田空港は便数も多く予定も組みやすいのでおすすめです。
午前発の便も複数あり鹿児島空港まで2時間程で到着するので、その後の観光の選択に幅が広がります。

◆便数は少ないですが成田空港からも鹿児島空港まで飛行機が運航しています。
 千葉県在住の方等、羽田空港より利用し易い環境に住んでいる方は成田空港をお勧めしています。

鹿児島空港から屋久島までの移動方法

鹿児島空港に到着したあと屋久島に行く方法は多く分けて2つあります。

  1. 鹿児島空港で乗り継ぎ 飛行機で屋久島へ
  2. 鹿児島本港まで移動して船で屋久島へ

どんな旅行にするのか、何を重視するかで移動方法の選択も変わるので
それぞれのメリットなどについても参考にして下さい。

屋久島を観光する時間を優先するなら飛行機移動

鹿児島空港から屋久島空港までの移動時間は40分ほど。
船と比較すれば圧倒的に飛行機乗り継ぎの方が早く屋久島入りできます。

高速船利用の場合の所要時間は鹿児島本港までの移動時間1時間+高速船の移動時間2時間30分なので
移動にかかる時間は3時間30分くらいということになります。

鹿児島空港から飛行機乗り換えを利用するメリットとしては・・・

  • 高速船を使うより移動時間が短く済む
  • 空港内で乗り換えするだけなので楽々(キャリーバッグなどの手荷物があると移動が大変)

結果として時間的にも体力的にも余裕ができるので、到着直後からアクティブに動けます

移動費用を抑えたい・鹿児島市街も楽しみたいなら船移動

フェリー屋久島2
フェリー屋久島2

船を利用して屋久島を目指す場合、まずは空港から鹿児島本港まで移動する必要があります。

鹿児島空港から鹿児島本港までの行き方については、こちらの記事にまとめてありますので
こちらを参考にして下さい。

鹿児島空港・鹿児島中央駅から鹿児島本港への行き方 鹿児島空港・鹿児島中央駅から鹿児島本港への行き方 – 丘の上の小さな宿 ヴィラ ウルー (villa-heureux.com)

船にも2種類あり「高速船トッピー&ロケット」「フェリー屋久島2」が主に観光客向けの
移動方法になります。

フェリー屋久島2はAM8:30鹿児島発の1日1便のみなので、鹿児島市内で1泊する必要があります。
移動日に屋久島入りしたい場合には複数便運航している高速船を利用しましょう。

これらを踏まえた上で船を利用するメリットとしては・・・

  • 飛行機移動より移動費が安い
  • 鹿児島市街地の観光も楽しめる
  • フェリーを利用すればのんびり船旅を楽しめる

船の利用は港までの移動が必要になり少々手間な部分もありますが、鹿児島市内観光もしながら
のんびり旅行を楽しみたい方にはおすすめです。

◆ 高速船は荒天による欠航も少ないので その運航の安定性から選ぶのも


茨城県・栃木県からのアクセス

茨城県と栃木県から屋久島を目指す場合にも羽田空港を利用すればよいのですが、
「羽田空港まで遠い」「電車の乗り換えが不安」と行く前から面倒になっている方もいるのではないでしょうか?

そんな方は近くの空港の利用をおすすめします。

茨城空港から屋久島
茨城空港利用のルート

まずは茨城県霞ヶ浦に近い小美玉市にある茨城空港
茨城県県北・県央であったり栃木県に住んでいる方は茨城空港を利用すると便利です。

茨城空港から福岡空港を経由して屋久島までの直行便を利用するルートです。
午前の便を利用すれば当日中に屋久島入りすることができますし、1度の乗り換えだけで
屋久島まで行くことができるので結構お手軽に感じられるのではないでしょうか。

◆ 栃木県北部お住まいの方は羽田や茨城よりも福島空港⇒伊丹経由が利用し易い場合もあります。
  新幹線駅までのアクセスや自家用車利用などの条件を考慮の上決めると良いですね。

山梨県からのアクセス

山梨県も空港が無い県の一つですね。
基本的には羽田空港利用で良いのですが、県内住む場所によっては他県の空港を利用するほうが
アクセス易い場合があります。

山梨県の方の場合は富士山静岡空港の利用も視野に入れてスケジュールを考えるのも良いです。
午前中に福岡便が2便運航しているので当日中に屋久島に入ることができます。


PM2:00過ぎには屋久島に到着できるのでドライブしながらスポットを巡ったり、
カフェでのんびり過ごしたり、移動初日から観光を楽しむことができます。

◆ 山梨県北部に住む方は長野県の信州まつもと空港の利用も可能です。
  まつもと空港からは大阪伊丹空港・福岡空港どちらの屋久島直行便空港にアクセス
  できるのですが午前便が無い為乗り継ぎできず、大阪・福岡で1泊する必要があります。
  大阪・福岡での滞在を楽しみたいという方にはおすすめです。

関東から屋久島への行き方【まとめ】

羽田空港から屋久島までの直行便が就航すれば、もっと東日本と屋久島の距離が近づくのは
間違いないのですが、今回の解説を見て少しでも屋久島を身近に感じてくれたら嬉しいです。

  • 基本的に関東から屋久島へは羽田空港が便数も多くおすすめ
  • 屋久島を観光する時間を優先するなら船より飛行機移動がおすすめ
  • 羽田空港へのアクセスが悪い地域の方は茨城空港・富士山静岡空港の選択もアリ

まだ一度も屋久島を訪れたことのない人はたくさんいると思いますが、
屋久島は非日常を感じられる素敵な場所です 是非来て頂きたいです。


    コメント

    PAGE TOP