MENU

楽天トラベルで宿を予約する方はcheck!

【ふるさと納税】楽天トラベルクーポン返礼品でお得に

屋久島ふるさと納税 楽天捉えるクーポン返礼品

【ふるさと納税】で楽天トラベル宿泊クーポンを返礼品とすることができます。

寄与額によって3,000円~300,000円の宿泊クーポンが利用できるのでおすすめです。

遊び・体験予約は じゃらん がおすすめ

屋久島でお得にアクティビティを予約するならじゃらん♪

\ 屋久島の遊び・体験予約はじゃらんがお得 /

『じゃらんクーポン』を使えばお得にアクティビティが楽しめます!

登山用品レンタル・製作体験・ダイビング・カヤックなど2000円近く安く利用できるクーポンもあるので必ずチェックするようにして下さいね♪

STEP
まずはクーポンをチェック

現在クーポンを配布中

屋久島旅行は個別予約よりツアーがお得

トレッキング付きツアー交通+宿だけ予約の現地フリーツアーのおすすめをそれぞれご紹介⇩


■JALで予約するパックツアー
■屋久島に多い飛行機欠航時の対応がスムーズで安心
■選べるトレッキングツアーは3通り(縄文杉への個別ツアーもアリ)
■厳選された定評ある宿のみ登録(その分選べる宿は少なめ)
■ハイグレードな宿を利用する場合は他社より安くなることが多い
■送迎付き・別料金で登山用品のレンタルも可能
■2名以上から参加可能



■JAL専門の格安旅行会社(羽田・伊丹・福岡空港発のみ)
■屋久島に多い飛行機欠航時の対応がスムーズで安心
■縄文杉への個別ツアーもアリ
■送迎付き
■①JALパッケージには少ない低コストな宿が選べる(トレッキング付き格安ツアーになる)
■一人旅でも対応可能



■JAL便以外のLCC+高速船を利用したツアーも選べる
■格安宿〜ハイグレードホテルまで選択に幅がある
■登山用品レンタル・送迎付きなので便利
■トレッキング以外にもカヤックツアーなどもある



■観光バスに乗って島内周遊観光が主
■種子島とセットになった観光ツアーもある
■縄文杉や宮之浦岳のツアーもある
■先にツアー催行日が決まっているのでそこに参加するスタイル

屋久島観光について分からないことがあれば気軽にご相談下さい➡ お問い合わせ|CONTACT

当館独自アンケート調査による人気の屋久島観光30選|穴場スポット・シーズン・旅費目安など観光情報全部まとめてご紹介

穴場スポット・シーズン・旅費目安など観光情報全部まとめてご紹介
※この記事には広告・宣伝を含む場合があります。

この記事で紹介する商品やサービスを購入・申込することで売り上げの一部が還元されることがあります。

取扱い広告案件(会社)一覧は下記のとおりです。

・株式会社JTB

・株式会社ジェイトリップ

・近畿日本ツーリスト株式会社

・株式会社アクティビティジャパン

・株式会社リクルート

・クラブツーリズム株式会社

・株式会社ジャルパック

・ヤフー株式会社

・アソビュー株式会社

・株式会社エイチ・アイ・エス

・株式会社日本旅行

・株式会社スカイツアーズ

・スカイ・シー株式会社

・株式会社アドベンチャー

・株式会社ビジョン

・株式会社カカクコム

・楽天グループ株式会社

・Google LLC

・Amazon.co.jp

じゃらん遊び体験クーポン配布中! 忘れず使おう♪

この記事では、
当館(屋久島コテージ宿ヴィラウルー)に宿泊されたお客様に対し定期的に行っている、当館独自の屋久島観光アンケートを元に人気のあった観光スポットを紹介しています。

屋久島にはドライブで巡る観光スポット美しい景色が楽しめるビュースポット神秘的な空気が味わえるパワースポットなど様々な観光スポットがあるので、旅行計画作りのお役に立てればと思いまとめてみました。

そのほか、
屋久島への行き方費用・モデルプラン・ベストシーズンといった
屋久島観光を計画するのに必要な情報も全部まとめてご紹介しています。

この記事を読むことで屋久島観光が全て分かります(^^♪ぜひ参考にして下さいね。

もくじ

屋久島観光アンケート調査の方法について

屋久島コテージ ヴィラウルーの観光アンケート
屋久島ヴィラウルー|観光アンケート帳票

アンケート調査は当宿に宿泊したお客様にお願いし記入頂いているものになります。

また、
当館客室には『旅の思い出ノート』と呼んでいる旅行者が自由に記入できるノートに書かれた内容や、実際にお客様から聞いた話しなども参考にさせて頂いております。

屋久島ヴィラウルー口コミ
旅の思い出ノート|いつも嬉しい言葉に励まされております(^^♪

お客様が足を運んでいる実績を元にまとめた、
人気の屋久島観光トップ10をまずはご紹介していきます。

そしてそのあと、ちょっとマイナーな屋久島観光スポット20選もまとめているのでぜひ参考にして下さいね。

人気のおすすめ屋久島観光トップ10

屋久島を訪れる方の多くが観光する、人気スポットトップ10をご紹介します。

もっと詳細な情報を知りたい方は、詳細記事へのリンクを貼ってありますのでそちらも合わせて参考にしてみて下さいね。

1|白谷雲水狭 / 苔むす森・太鼓岩

白谷雲水狭のヤクシカ
苔むす森のヤクシカ【屋久島 白谷雲水狭】

白谷雲水狭はジブリ映画「もののけ姫」の舞台となった場所として有名なトレッキングコースです。

目的地となる太鼓岩までの往復で約5時間程度ということもあり、縄文杉よりも気軽に行けることから屋久島で最も人気のあるスポットとなっています。

辺り一面が苔で覆われている「苔むす森」以外にも絶景ビューが楽しめる『太鼓岩』も見どころです。

樹齢1,000年を超える名のある屋久杉も多くみられるので、屋久島を訪れたら絶対に足を運んでほしい場所の1つと言えます。

ゆっくりと森との会話を楽しむように
時間をかけて散策してみましょう。

■白谷雲水狭を満喫するための情報を全て解説しています

2|縄文杉 / 往復10時間のトレッキングコース

縄文杉【屋久島】
縄文杉

推定樹齢2000~7200年とも言われる縄文杉は、
屋久島の象徴ともいえる屋久杉です。

縄文杉に会いに行くためには、
往復10時間ほどかかるトレッキングコースを歩かなければ辿り着けないのですが、

それでも毎年多くの方が訪れる人気スポットです。

皆さん揃えて口にするのは、
制覇したことへの達成感と、縄文杉に会えた喜び、そして心地よくも感じる疲れ(笑)

普段運動をしていないという人も、
来島前に身体を動かして準備しておけば大丈夫。ぜひチャレンジして欲しいです。

■縄文杉を満喫するための情報を全て解説しています

3|大川の滝 / 日本の滝百選

屋久島ドライブスポット 大川の滝
大川の滝 

大川の滝は日本の滝百選に選定される落差88メートルの滝です。

滝つぼの傍まで近づくことができるので大迫力の景色が楽しめます。

滝が流れ落ちる際に生じる風と、その風に乗って舞い散る水しぶきが心地よい場所です。

時間があれば駐車場から歩いて行くことができる大川の海岸にもぜひ足を運んでみて下さいね。

■大川の滝に関する詳細記事

4|西部林道 / 沿岸部唯一の世界遺産エリア

屋久島観光スポット 西部林道 緑のトンネル
西部林道の緑のトンネル と ヤクシカ

屋久島西側沿岸部を走る西部林道は、
約15kmが世界自然遺産地域に含まれている照葉樹林の森。

沿岸部で世界自然遺産に登録されているのは、ここ西部林道だけです。

永田集落(北側)と栗生集落(南側)を繋ぐ林道なので車で通り抜けることができます。

人が住んでいる地域ではないため、
野生のヤクシカやヤクサルが自然ありのままの姿でのんびり暮らしています。

ガジュマルやクワズイモ・サクラランなどの
亜熱帯性の植物があちこちに見られ、縄文杉や白谷雲水狭の森とはまた違った屋久島の森が楽しめます。

■西部林道に関する詳細記事

5|尾之間温泉 / 源泉かけ流し本格温泉

尾之間温泉は島の南部『尾之間(おのあいだ)』集落にある単純硫黄泉の温泉です。

湯温が高いのも特徴で、
かけ湯しないとなかなか温泉に浸かることができませんが、『トレッキング後の疲れが癒されました』と好評頂くことが多いです。

温泉の質も良いですが、
地元住民によって建てられたとされる建物と内湯壁画のレトロな雰囲気も見どころですよ。

■尾之間温泉に関する詳細記事

■そのほか屋久島の温泉を調べたい方はコチラ▼

6|永田いなか浜 / ウミガメの産卵地

永田浜【屋久島】
永田いなか浜|お隣の口永良部島もはっきり見えます

屋久島の海岸線は岩場が多くビーチと言える場所は少ないのですが、島の北西部にある「永田いなか浜」には約1kmにわたって続く白い砂浜があります。

細かく砕けた花崗岩が堆積してできているため砂浜が白く見えるんです。

この美しい砂浜はウミガメの産卵地としても有名で、毎年初夏になると沢山のアカウミガメやアオウミガメが上陸してきます。

県道沿いに駐車場があるため、
気軽に立ち寄れるのも訪れる人が多い理由かと思います。

■ウミガメ観察に関する詳細記事

7|ダイビング / 海の美しさを体感できる

一湊元浦【屋久島 一湊】
一湊元浦【屋久島】

屋久島は縄文杉や白谷雲水狭といった”山”のイメージが強いですが、海のアクティビティも人気があります。

屋久島近海の水質は、
水中でも遠くを見通せるほどメチャクチャ綺麗。無色透明でクリアなんです。

その海の中の美しい景色に魅せられ、
ダイビングを楽しむために屋久島リピーターになっている方も結構多いんですよ。

また、海水浴は水温が下がると楽しめませんが、
ダイビングなら着用するスーツを適切なものに変えれば通年楽しむことが可能です。

当宿に来られるお客様の中にも、
トレッキングをせずダイビングだけ楽しむ方もよく見かけます。

■ダイビングツアーに関する詳細記事

■屋久島のダイビングシーズンについてはコチラ▼

8|千尋の滝 / 滝と海岸線を見渡せる展望所

屋久島 千尋の滝
千尋の滝【屋久島】

大川の滝と並んで人気のある千尋の滝は島の南部(原集落)にあります。

落差60メートルの滝で、
この観光スポットの見どころと言えるのは滝の左側にある400m×200mの巨大な花崗岩の一枚岩。

屋久島は花崗岩が海底から隆起してできた島なので、このような特異な風景を見ることができます。

2023年6月までは滝つぼから400m離れた千尋展望所からしか滝を見ることができませんでしたが、

現在は遊歩道が整備され滝つぼ近く(200m付近)の吊り橋まで行けるようになりました。

より近くで千尋の滝や迫力のある花崗岩の一枚岩を見ることができますよ。

階段高低差のある往復40分ほどのトレッキングコースなので体力を見ながらチャレンジしてみましょう。

滝以外にも、
海岸線を見渡せる海側の展望台や集落の売店・桜の名所など見どころが沢山ある観光スポットです。

■千尋の滝に関する詳細記事

■そのほか屋久島の滝を知りたい方はコチラ▼

9|リバーカヤック&SUP / 屋久島のアクティビティ

屋久島 リバーカヤック
屋久島 安房川|リバーカヤック

屋久島は自然遊びの宝庫。

山・海・川どこにいっても自然と戯れる楽しさを味わえます。

川ではリバーカヤックを楽しまれる方が多いですね。帰るまでの空き時間で楽しめるのも利用者が多い理由です。

屋久島は花崗岩が隆起してできた島。
もとから土が少なく有機質の流入も少ないことから水の濁りが発生しにくいです。

そのため川の水も透き通っていて超綺麗。
とくに夏は冷たい水の心地よさを感じながら楽しむことができるのでおすすめですよ。

■アクティビティに関する詳細記事

10|ヤクスギランド / 屋久杉の森をのんびりと散策

ヤクスギランド つつじ河原コース 東屋
ヤクスギランド | 川辺の東屋でゆっくり休憩

ヤクスギランドは屋久島を代表するトレッキングコースなのですが、縄文杉コースや白谷雲水狭への人気が高いことから三番手として見られることが多いです。

『縄文杉』や『苔むす森』といった有名な目的地が無いことも三番手と言われる理由とは思いますが、

実際に足を踏み入れてみると屋久島らしい深い森を堪能できるとても素敵な場所なんですよ。

樹齢1000年以上の名のある屋久杉がたくさん見られますし、来る前にお弁当を買って川辺の東屋でのんびり過ごすのも贅沢な過ごし方です。

GWや夏休みなどの観光シーズンでも混雑することがありません。

静かな屋久島の森をゆっくりと堪能できるのもヤクスギランドの魅力と言えますね。

■ヤクスギランドを満喫するための情報を全て解説しています

屋久島観光のベストシーズン|観光時期の選び方

屋久島 石楠花の森公園 川の水
川沿いを散策できる栗生石楠花の森

屋久島のベストシーズンに関する質問は仕事柄よく聞かれます(^^♪

基本的に梅雨時期と年明け後の厳寒期以外はいつでもおすすめできます。

とはいえ、
人によって観光目的が違うので一概には言えないのが正直なところです。

年間の降水量や天気・気候なども一つの判断材料になると思うので、➡屋久島の年間天気・気候を解説|降水量の少ない月をランキングで紹介コチラの記事でまとめています。

その他、混雑状況・例年の台風発生数・何が楽しめるかによって旅行日程を決めたいという方もいると思います。
➡屋久島のベストシーズンはいつ?|観光時期の選び方コチラの記事で紹介しているので参考にして下さいね。

■台風・梅雨・雪・目的などに注目し、屋久島の観光シーズンを解説しています⇩

■屋久島の気候や降水量をランキングで紹介しています⇩

屋久島への行き方・各地からのアクセス方法

フェリー屋久島2からの眺望
フェリー屋久島2

もし屋久島への行き方が分からないという方がいましたら、こちらの記事で東京・大阪・福岡など各地からの行き方をご紹介しています。

■全国各地からの屋久島への行き方を解説しています

屋久島島内での移動方法・交通手段|レンタカー・バス・タクシーなど

屋久島レンタカーショップ タイムズ
屋久島レンタカーショップ タイムズ

屋久島での移動方法で最もおすすめなのはレンタカーです。

その理由は、
他の交通手段だと効率的に島内の観光スポットを回ることができないからですね。

とはいえ観光プランによってはレンタカーが必要無い場合もあります。


⇩コチラの記事で詳しく解説しています。
 ➡屋久島での交通手段選び方|レンタカー無しでも楽しめる方法を紹介

屋久島観光の費用の目安計算

屋久島旅行を考える際にまず気になるのが旅費だと思います。

具体的にどんな費用がかかるのかは以下の通り⇩

屋久島旅行にかかる主な費用
  1. 屋久島までの交通費
  2. 島内での交通費(レンタカー・バス・タクシー代)
  3. 宿泊費
  4. 食事代
  5. 施設等利用料
  6. ガイド・ツアーの参加費
  7. お土産代

7項目に分けていますが、
最も金額が大きくなるのは屋久島までの交通費です。

屋久島観光費用の目安の一つとして、
東京から2泊3日の旅行を計画するとだいたい大人1人あたり15万円くらいはかかると思った方が良いです。

⇩コチラの記事では屋久島の旅費について詳しく解説しています。
➡屋久島旅行の予算・費用について解説記事

屋久島観光のモデルコース・モデルプラン

縄文杉トレッキングトロッコ道
縄文杉コースのトロッコ道【屋久島】

屋久島をドライブ観光するだけなら1泊2日も可能ですが、トレッキングを楽しむのなら2泊3日は最低でも必要になります。

以下の記事では屋久島観光のモデルプランを日程別に紹介しているので参考にして下さい⇩

屋久島観光マップ

屋久島旅行は個別予約よりツアーがお得

トレッキング付きツアー交通+宿だけ予約の現地フリーツアーのおすすめをそれぞれご紹介⇩


■JALで予約するパックツアー
■屋久島に多い飛行機欠航時の対応がスムーズで安心
■選べるトレッキングツアーは3通り(縄文杉への個別ツアーもアリ)
■厳選された定評ある宿のみ登録(その分選べる宿は少なめ)
■ハイグレードな宿を利用する場合は他社より安くなることが多い
■送迎付き・別料金で登山用品のレンタルも可能
■2名以上から参加可能



■JAL専門の格安旅行会社(羽田・伊丹・福岡空港発のみ)
■屋久島に多い飛行機欠航時の対応がスムーズで安心
■縄文杉への個別ツアーもアリ
■送迎付き
■①JALパッケージには少ない低コストな宿が選べる(トレッキング付き格安ツアーになる)
■一人旅でも対応可能



■JAL便以外のLCC+高速船を利用したツアーも選べる
■格安宿〜ハイグレードホテルまで選択に幅がある
■登山用品レンタル・送迎付きなので便利
■トレッキング以外にもカヤックツアーなどもある



■観光バスに乗って島内周遊観光が主
■種子島とセットになった観光ツアーもある
■縄文杉や宮之浦岳のツアーもある
■先にツアー催行日が決まっているのでそこに参加するスタイル

【お知らせ】屋久島でお得にアクティビティを楽しむ方法

屋久島でお得にアクティビティを予約するならじゃらん♪

\ 屋久島の遊び・体験予約はじゃらんがお得 /

『じゃらんクーポン』を使えばお得にアクティビティが楽しめます!

登山用品レンタル・製作体験・ダイビング・カヤックなど2000円近く安く利用できるクーポンもあるので必ずチェックするようにして下さいね♪

STEP
まずはクーポンをチェック

現在クーポンを配布中

穴場スポット・シーズン・旅費目安など観光情報全部まとめてご紹介

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
もくじ