MENU

楽天トラベルで宿を予約する方はcheck!

【ふるさと納税】楽天トラベルクーポン返礼品でお得に

屋久島ふるさと納税 楽天捉えるクーポン返礼品

【ふるさと納税】で楽天トラベル宿泊クーポンを返礼品とすることができます。

寄与額によって3,000円~300,000円の宿泊クーポンが利用できるのでおすすめです。

遊び・体験予約は じゃらん がおすすめ

屋久島でお得にアクティビティを予約するならじゃらん♪

\ 屋久島の遊び・体験予約はじゃらんがお得 /

『じゃらんクーポン』を使えばお得にアクティビティが楽しめます!

登山用品レンタル・製作体験・ダイビング・カヤックなど2000円近く安く利用できるクーポンもあるので必ずチェックするようにして下さいね♪

STEP
まずはクーポンをチェック

現在クーポンを配布中

屋久島旅行は個別予約よりツアーがお得

トレッキング付きツアー交通+宿だけ予約の現地フリーツアーのおすすめをそれぞれご紹介⇩


■JALで予約するパックツアー
■屋久島に多い飛行機欠航時の対応がスムーズで安心
■選べるトレッキングツアーは3通り(縄文杉への個別ツアーもアリ)
■厳選された定評ある宿のみ登録(その分選べる宿は少なめ)
■ハイグレードな宿を利用する場合は他社より安くなることが多い
■送迎付き・別料金で登山用品のレンタルも可能
■2名以上から参加可能



■JAL専門の格安旅行会社(羽田・伊丹・福岡空港発のみ)
■屋久島に多い飛行機欠航時の対応がスムーズで安心
■縄文杉への個別ツアーもアリ
■送迎付き
■①JALパッケージには少ない低コストな宿が選べる(トレッキング付き格安ツアーになる)
■一人旅でも対応可能



■JAL便以外のLCC+高速船を利用したツアーも選べる
■格安宿〜ハイグレードホテルまで選択に幅がある
■登山用品レンタル・送迎付きなので便利
■トレッキング以外にもカヤックツアーなどもある



■観光バスに乗って島内周遊観光が主
■種子島とセットになった観光ツアーもある
■縄文杉や宮之浦岳のツアーもある
■先にツアー催行日が決まっているのでそこに参加するスタイル

屋久島観光について分からないことがあれば気軽にご相談下さい➡ お問い合わせ|CONTACT

屋久島の特産品・名産品おすすめ10選を紹介|魚介・果物・農産物・お酒

屋久島の特産品 名産品
※この記事には広告・宣伝を含む場合があります。

この記事で紹介する商品やサービスを購入・申込することで売り上げの一部が還元されることがあります。

取扱い広告案件(会社)一覧は下記のとおりです。

・株式会社JTB

・株式会社ジェイトリップ

・近畿日本ツーリスト株式会社

・株式会社アクティビティジャパン

・株式会社リクルート

・クラブツーリズム株式会社

・株式会社ジャルパック

・ヤフー株式会社

・アソビュー株式会社

・株式会社エイチ・アイ・エス

・株式会社日本旅行

・株式会社スカイツアーズ

・スカイ・シー株式会社

・株式会社アドベンチャー

・株式会社ビジョン

・株式会社カカクコム

・楽天グループ株式会社

・Google LLC

・Amazon.co.jp

じゃらん遊び体験クーポン配布中! 忘れず使おう♪

今回の記事では、魚介類や農産物といった屋久島の特産品を紹介しています。

屋久島の特産品を知ればお土産選びにも役立ちますし、旬の時期に屋久島を訪れた際には鮮度の良いものを食べることもできますよ。

どんなものが特産品としてあるのか、この記事を読んで知ってもらえたら嬉しいです。

オーガニック商品に興味がある方向け

屋久島にはオーガニック栽培された農産物や添加剤を使用せずに製造されているお土産が存在します。詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にして下さいね。

もくじ

屋久島産の果物|ポンカン・タンカン・パッションフルーツ

屋久島産タンカン
屋久島産タンカン 【生産者:ヴィラウルー】

屋久島は、その温暖な気候から果物を栽培する農家が多い島です。

  1. ぽんかん
  2. たんかん
  3. パッションフルーツ

主に力を入れている果物はこの三品目で、収穫時期になると全国各地の果物店などに並びます。

また、これら果物を使った加工品にも力を入れていて、ジュースやお菓子の材料としても利用されています。

1|ぽんかん

屋久島 ぽんかん 
ぽんかん|生産者ヴィラウルー

ポンカン栽培の歴史は古く栽培が始まったのは1924年(大正13年)。その時に植えたポンカンの原木は今でも現役で残っています。

そんな歴史あるポンカンは今でも屋久島の主力の特産品として扱われ、毎年12月になると島内のあちこちで収穫作業が忙しく始まります。

屋久島ぽんかんの収穫時期:12月~1月

屋久島ぽんかんの歴史や特徴については以下の記事で詳しく紹介しています。

2|たんかん

屋久島の果物たんかん
たんかん|生産者ヴィラウルー

たんかんは亜熱帯性の柑橘類で主に鹿児島県の離島と沖縄県でしか栽培されていない珍しい柑橘類です。

タンカンの特徴まとめると…

  • 果汁がとても多くてジューシー
  • 糖度が高い
  • 甘さを下支えする酸味もしっかりしている

このように味のバランスがとても良い柑橘類と言えます。

屋久島たんかんの収穫時期:2月上旬から2月いっぱいまで

3|パッションフルーツ

屋久島産パッションフルーツ
我が家のパッションフルーツ

『ぽんかん』や『たんかん』ほどではありませんが、パッションフルーツのハウス栽培を行っている農家さんも屋久島には多いです。

パッションフルーツは、南国の果物で甘酸っぱいトロピカルな味わいがあります。糖度が15〜16度と他の果物と比べると高めですが、酸味も強い果物なので食味は甘すぎる感じはしません。

トロピカルな香りがする果物なので、旬となる真夏の暑い日でも食欲をそそられますよ。

我が家では、炭酸ジュースにパッションフルーツを入れたものを毎年夏に飲んでいます(^^♪

屋久島パッションフルーツの収穫時期:8月中

屋久杉の加工品

大王杉【屋久島の屋久杉】
大王杉【屋久島の屋久杉】

現在は伐採することが禁止されている屋久杉を使った屋久杉工芸品は、まさに屋久島を代表する名産品と言えます。

屋久杉について

屋久島では、標高500メートル以上の山地に自生する杉の中で、
樹齢1000年以下の杉を小杉と呼び、1000年を超えた杉だけを屋久杉と呼んでいます。

屋久杉は、屋久島の栄養分が乏しい花崗岩地帯で育ったために成長が遅く普通の杉の大きさになるのにかなりの年月がかかっています。
そのため年輪がつまっていてとても硬く、樹脂分を多く含んでいるので香りが濃厚で腐りにくい性質を持っています。

屋久杉についてもう少し詳しく知りたい方はコチラ

屋久杉は樹脂分の豊富さから腐りにくいため、数百年前に伐採されたものが今に至っても完全に腐ることなく残っているんです。

昔伐採した残材を土埋木(どまいぼく)と呼びますが、屋久杉工芸品はこの土埋木を使って製作されています。

島内のお土産屋では様々な屋久杉工芸品が販売されていますが、屋久杉を使った製作体験を行っている施設もあるので興味のある方は予約しておくと良いですよ。

屋久島の海産物|トビウオ・ミズイカ・カメノテなどの魚介

スマガツオ【屋久島の魚】
スマガツオ【屋久島の魚】

屋久島近海は生息する魚の種類が多いことで知られている海域で、その理由は魚の分布境界線が近いからだと言われています。

黒潮が流れる南方の暖かい海に住む魚本土付近に生息する温帯系の魚が混在する場所のため、多種多様な魚が獲れるとても恵まれた海域と言えます。

  1. トビウオ
  2. ミズイカ
  3. カメノテ

主な海産物は上記3種ですが、他にもアサヒガニ・イセエビ・トコブシといった魚介類が獲れます。

1|トビウオ

屋久島産とびうお
トビウオのすり身

屋久島で獲れる魚介類の中で最も有名なのがトビウオですよね。地方では別名で『アゴ』とも呼ばれます。

トビウオは暖かい海域の魚で、西日本や九州・伊豆諸島などでも漁獲はありますが、屋久島の安房漁港の漁獲量が日本一なんですよ。

屋久島の飲食店では刺身や姿揚げを提供しているお店が多いです。

お土産としては、すり身にした練り物や燻製なども人気があります。

2|ミズイカ

アオリイカ【屋久島で釣れる魚】】
アオリイカ(ミズイカ)【屋久島】

アオリイカを屋久島ではミズイカと呼んでいます。屋久島近海のアオリイカは身が透き通っていることからミズイカの名で呼ばれるようになったそうです。

屋久島近海のミズイカはかなり大きく成長し、2月~4月頃になると4キロにもなる巨大なものが水揚げされます。

ミズイカの特徴は身の柔らかさと甘みの強さ。実際にいろいろなイカを食べてみましたが他のイカと比べて断然身が柔らかくて美味しかったです。

お土産屋では冷凍のミズイカも販売されているので、お土産に購入する場合は海産品を扱うお店に在庫を確認すると良いですよ。

3|カメノテ

屋久島産カメノテ

『カメノテ』という名前を聞いて実際に亀の手だと思い驚く人もいるかもしれませんが、違うので安心して下さい。

カメノテは波が掛かる海岸の岩場に張り付いている貝のような形をした甲殻類の仲間。

見た目が亀の手ににていることから『カメノテ』と呼ばれるようになったそう。味は甲殻類なだけにエビのような味がします。

味に興味がある方は、屋久島の飲食店で味噌汁の具や一品料理として提供されているので食べてみて下さい。

出汁が美味しいので味噌汁の具材として使うのが定番と思います。

お土産として購入する場合は、ミズイカ同様にお土産屋に冷凍品が売られていることがあるので在庫状況を確認してみましょう。

屋久島産のお茶

屋久島のお茶畑
屋久島のお茶畑

屋久島産のお茶と聞いて意外だと思う人は多いのではないでしょうか。

島内をドライブしていても県道沿いでお茶畑が見える場所はほとんど無いので、気が付かない方が殆どと思います。

屋久島は水がとても綺麗なことに加えて急峻な地形で昼夜の寒暖差もあるので、お茶の栽培にとても適している地域なんです。

屋久島は他の地域よりも早く春の気候を迎えるので、静岡や京都など他の産地よりも約1ヶ月ほど早く一番茶の採取が始まります。

屋久島の一番茶の採取開始日は、おおよそ3月下旬~4月上旬

そのため屋久島のお茶は、日本で最も早くから流通する一番茶ということになります。


屋久島産のお酒|芋焼酎

屋久島の焼酎
屋久島の焼酎

鹿児島でお酒といえば芋焼酎。屋久島内でも焼酎の材料となる芋が生産されています。

島内の酒造メーカーは【三岳酒造】と【本坊酒造】の2社あり、どの銘柄も屋久島を流れる超軟水を使い仕込んでいるためどれも味わいよく美味しいものばかりです。

その時のタイミングで値段も変動しますが、島内で買う方が通販サイトで買うよりも安く購入できることが多いので、屋久島のお土産として購入していく方も多いです。

屋久島産産のおすすめ焼酎については以下の記事を参考にして下さい。

屋久島の焼酎『三岳』はお菓子の材料としても使われているので興味のある方はぜひ食べてみて下さいね。『三岳生チョコ』や『三岳パウンドケーキ』などのお菓子が【新月堂】で販売されています。

御菓子司 新月堂
三岳を使った商品:よくろわんど(三岳パウンドケーキ)、三岳生チョコ
所在地 : 〒891-4205 鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦94
電話番号: 0997-42-0131 

屋久島産のウコン

屋久島はウコンの産地でもあります。

ウコンを栽培するためには高温多湿な気候が適しているので鹿児島や沖縄が国内の主な生産地になっています。

島のウコンを収穫し加工してパック詰めされたサプリメントがお土産屋にも並んでいます。

意外に知らないウコンの生産地としての屋久島の顔。宜しければお土産に1つ買って行かれてはどうでしょうか。

まとめ

今回の記事では屋久島を代表する主な特産品をまとめてご紹介しました。

海産物や農産物、屋久杉加工品など意外なものもあったのではないでしょうか?

屋久島を訪れた際には今回紹介した内容を参考にしながら、食事場所選びやお土産選定に役立ててもらえたら嬉しいです。

屋久島でお土産が買えるお店は下の記事で紹介しています。こちらも参考にされて下さいね。

屋久島旅行は個別予約よりツアーがお得

トレッキング付きツアー交通+宿だけ予約の現地フリーツアーのおすすめをそれぞれご紹介⇩


■JALで予約するパックツアー
■屋久島に多い飛行機欠航時の対応がスムーズで安心
■選べるトレッキングツアーは3通り(縄文杉への個別ツアーもアリ)
■厳選された定評ある宿のみ登録(その分選べる宿は少なめ)
■ハイグレードな宿を利用する場合は他社より安くなることが多い
■送迎付き・別料金で登山用品のレンタルも可能
■2名以上から参加可能



■JAL専門の格安旅行会社(羽田・伊丹・福岡空港発のみ)
■屋久島に多い飛行機欠航時の対応がスムーズで安心
■縄文杉への個別ツアーもアリ
■送迎付き
■①JALパッケージには少ない低コストな宿が選べる(トレッキング付き格安ツアーになる)
■一人旅でも対応可能



■JAL便以外のLCC+高速船を利用したツアーも選べる
■格安宿〜ハイグレードホテルまで選択に幅がある
■登山用品レンタル・送迎付きなので便利
■トレッキング以外にもカヤックツアーなどもある



■観光バスに乗って島内周遊観光が主
■種子島とセットになった観光ツアーもある
■縄文杉や宮之浦岳のツアーもある
■先にツアー催行日が決まっているのでそこに参加するスタイル

【お知らせ】屋久島でお得にアクティビティを楽しむ方法

屋久島でお得にアクティビティを予約するならじゃらん♪

\ 屋久島の遊び・体験予約はじゃらんがお得 /

『じゃらんクーポン』を使えばお得にアクティビティが楽しめます!

登山用品レンタル・製作体験・ダイビング・カヤックなど2000円近く安く利用できるクーポンもあるので必ずチェックするようにして下さいね♪

STEP
まずはクーポンをチェック

現在クーポンを配布中

屋久島の特産品 名産品

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
もくじ