屋久島についてご不明な点があればお気軽にご相談下さい♬ お問い合わせ

【東京発・屋久島ツアー】1番おすすめのツアーはどこ?|7社を徹底比較検証|東京発ツアー・トレッキング・格安・一人旅  

縄文杉トレッキングコース

【東京発・屋久島ツアー】1番おすすめのツアーはどこ?|7社を徹底比較検証|東京発ツアー・トレッキング・格安・一人旅 

縄文杉トレッキングコース
縄文杉コースのトロッコ道

屋久島を旅行する際、どこのツアーを使えば一番お得に旅行できるのか知りたくありませんか?

旅行は個人手配よりツアーの方が【航空券】や【宿泊先】などがセットになっているので個人で手配するより旅費が安くなります。でも屋久島のツアーを企画している旅行会社は幾つもあるので、そこでどこで予約したらいいのか悩むんですよね(^^)/

この記事では結局どこのツアーで予約するのが一番お得なのか徹底比較して、その答えを解説しています。ぜひお得なツアーを利用して屋久島の旅を楽しんでください!

目次

パッケージツアーとダイナミックパッケージの違い

ツアーの紹介をする前に・・・

旅行会社のサイトなどで見ることも多い【パッケージツアー】【ダイナミックパッケージ】の違いは皆さんご存じでしょうか?分からない方がいるかもしれなので簡単に解説しておきます。知っている方は飛ばし読みでOK!

パッケージツアーとは

『航空券』+『観光地案内』+『ホテル』が全てセットになっているツアーのこと。

昔からある観光バスを使った団体ツアーをイメージされると分かりやすいかと。ツアーを予約するだけで他に何の手配もいらないので非常にお手軽です。

屋久島のパッケージツアーの場合、添乗員付きの観光バスで島内の観光スポットを巡るツアーや縄文杉や白谷雲水狭のトレッキングツアーが含まれているツアーなどもあります。

パッケージツアーを利用するメリット

①セット予約で個別予約よりも安くなる
②一つの旅行サイト予約で完結(航空券やホテルなど複数サイトを見る手間が省ける)
③観光バス移動なので自分でレンタカーを運転せずに観光が楽しめる

ダイナミックパッケージとは

『航空券』と『ホテル』という旅の2大要素がセットになっているツアーのこと。必要であれば『レンタカー』も追加できます。当然、観光スケジュールは旅行者が好きに計画できるので自由度が高いセットプランです。

屋久島空港に発着しているの飛行機は【JAL便】だけ(ANAやLCCは無い)なので、JAL便の航空券とのセットになります。

最近では【ダイナミックパッケージ】で航空券とホテルを予約しておき、細かい観光スケジュールは自由に決めたい!という需要が多いようで旅行各社【ダイナミックパッケージ】に力を入れています。

パッケージツアーよりも【宿泊先】の選択枠が多いのも特徴で、グレードの高いホテルはもちろん低価格の民宿まで幅広く予約がとれるのでご自身の旅の予算に合わせて宿泊先を選ぶこともできます。

低価格の宿を選べばパッケージツアーより旅費が安くなるので、価格重視で屋久島旅行を計画する場合はダイナミックパッケージ一択で良いと思います。

ダイナミックパッケージを利用するメリット

①セット予約で個別予約よりも安くなる
②宿泊先の選択枠がパッケージツアーよりも多い
③自由に観光内容を決めることができる
④一つの旅行サイト予約で完結(航空券やホテルなど複数サイトを見る手間が省ける)

検証結果:いきなり結論|【じゃらんパック】か【JAL楽パック】を使うのがベスト

この記事では【東京発】の屋久島ツアーを紹介していますが、どのツアーが一番おすすめなのか結論から先にお伝えします。

ツアー名セットレンタカー料金(同月比較)
(1名あたり)
移動方法
HISパッケージツアー
(団体ツアー)
航空券+トレッキング+宿泊
(装備レンタル無料)
無し72,400円
鹿児島空港バス含
ホテル選択で料金追加有
高速船
J-TRIPパッケージツアー
(オプション団体ツアー)
航空券+宿泊+オプションを追加無し73,000円飛行機
高速船
クラブツーリズムツアー
(観光バス団体ツアー)
航空券+団体観光+宿泊無し153,000円飛行機
JALダイナミックパッケージ
(現地自由観光)
航空券+宿泊のみツアーに追加可64,400円飛行機
じゃらんパック
(現地自由観光)
航空券+宿泊のみ ツアーに追加可 62,300円 飛行機
JAL楽パック
(現地自由観光)
航空券+宿泊のみ ツアーに追加可 63,000円 飛行機
全ツアー比較表

上の▲表はこの記事で紹介しているツアーを徹底比較した結果です。

まず初めに『団体のバスツアー』を希望する場合は【クラブツーリズム】を選ぶのが良いと思います。島内を観光バスで巡りながら白谷雲水狭をトレッキングできるプランなどもあります。

旅行スケジュールの自由度はありませんが、屋久島の主要観光スポットを効率的にまわることができます。車の運転が苦手な方にはとてもオススメだと思います。プランの種類も豊富なのも嬉しいポイント。

観光バスで巡る団体ツアーを望まないのであれば基本的に【じゃらんパック】【JAL楽パック(楽天トラベル)】を使うのが一番おすすめです。

おすすめの理由は以下の通り▼

1⃣料金を単純に比較して安かった
2⃣滞在中は自由に観光スケジュールが決められる(団体ツアーじゃない)
3⃣選べる宿泊先の数が多い
4⃣定期的に配布されるクーポンがある:じゃらんクーポン・楽天ラ・クーポン
5⃣日常生活で貯められるポイントが利用できる:pontaポイント・dポイント・楽天ポイントなど

ツアー選びに迷ったら【じゃらんパック】か【JAL楽パック(楽天トラベル)】どちらかで予約すればまず間違いないです。どちらの旅行会社も定期的にクーポンが配信されるので、使えるクーポンがある方で予約すれば更にお得に屋久島旅行が楽しめます。

【じゃらんパック】と【JAL楽パック】との一番の違いは貯まるポイントの種類。

Pontaポイント・dポイントを日常的に使うなら【じゃらんパック】を利用するべきですし、楽天ポイントを貯めたり使いたいのであれば【JAL楽パック】で予約するのが良いと思います。

楽天ポイントを利用している方は結構多いと思うのでまずは【JAL楽パック】からの予約を検討してみて下さい。オススメする理由を下記記事でまとめています▼

 ➡楽パックで使えるクーポンをチェック ≫

 ➡楽天トラベル内で使える【ラ・クーポン】をチェック≫

【JAL楽パック】に次いでおすすめするのが【じゃらんパック】。Pontaポイントやdポイントも魅力的ですが、定期的に配布される『じゃらんクーポン』を使えば超割安価格で旅行が楽しめます。

旅行予約前には必ずチェックするようにしましょう。

屋久島の旅で【じゃらんパック】はどんな人におすすめなのか、詳しく紹介している記事はこちら▼

東京発の屋久島パッケージツアー|内容と価格を比較

それではまずは東京発のパッケージツアーをご紹介します。

それぞれの旅行会社の特徴と料金イメージを比較のために記載しているので、そのあたりを見ながら利用するメリットや違いなんかを参考にしてもらえたらと思います。

1⃣JALのパッケージツアー|2022年3月31日帰着で終了

JALパッケージツアー終了のお知らせ

【JAL】が企画するパッケージツアーは料金が高めなものの、しっかりしたホテルが選べるのとサービス対応に定評があります。

・・・が、JALのパッケージツアーが2022年3月31日帰着分で終了とのこと。非常に残念ですコロナの煽りでしょうか(泣)引き続きJALのダイナミックパッケージは予約受付しているので、4月以降はそちらを検討しましょう。

JALパックの特徴としては以下の通り▼

①選べる宿がグレードの高いホテルばかりなので安心
②屋久島到着後ホテルまで送迎サービス付き
③交通機関欠航時の便の変更やキャンセル対応が良い

JALパックで選べるのは民宿やペンションといった宿泊施設ではなく全てホテルです。サービスの行き届いているホテルばかりなので安心して利用できます。また事前予約すれば登山用品のレンタルもできます(別料金)

主な宿泊先:JRホテル いわさきホテル

また、荒天による影響で島への交通機関が欠航になる場合が多いです。その際のJAL便の変更対応やキャンセル対応がスムーズで安心できる点もポイントです。

2022年時点のJALパックツアーの内容と価格帯イメージは以下の通り▼

①2泊3日旅
2名1室の1名当たりの料金帯:105,300円~129,100円
食事:朝2 夕2

1日目:羽田空港から屋久島へ
2日目:早朝から縄文杉トレッキングツアー
3日目:空港出発時刻までフリー。各自空港まで移動

②3泊4日旅
2名1室の1名当たりの料金帯:131,000円~151,900円
食事:朝3 夕3

1日目:羽田空港から屋久島へ
2日目:白谷雲水狭トレッキングツアー
3日目:早朝から縄文杉トレッキングツアー
4日目:空港出発時刻までフリー。各自空港まで移動

➡【関東発】屋久島パッケージツアーをJALパックでチェック≫

2⃣HISのパッケージツアー

HIS屋久島パッケージツアー

HISでも屋久島へのパッケージツアーを企画しています。

HISパッケージツアーの特徴は以下の通り▼

①トレッキング付きのツアーは飛行機ではなく高速船で移動
②高速船での移動なので価格が安い
③船移動なので移動に時間がかかる
④フリープランのツアーもあるが他のダイナミックパッケージの方が安い
⑤種子島や指宿など他のエリアを一緒に巡る観光バスツアープランもある

HISパッケージツアーはトレッキング付きのツアーとしては安いです。

その理由は伊丹空港から直接屋久島空港に入るのではなく鹿児島港から高速船で移動するからなんですが、そのおかげで飛行機で移動するよりも移動時間が多くかかります。

注意点
1⃣鹿児島空港到着からは自費で港まで移動
2⃣追加料金無しで選べるホテルが1つくらいしかない

HISで予約する際に注意が必要なのは鹿児島空港から高速船乗り場までは自費での移動という点です。鹿児島空港からはシャトルバスが出ているので、そのバスを利用して高速船ターミナルを目指しましょう。

高速船ターミナルまではシャトルバスを利用して約54分ほど。(バス乗車運賃1人:1,300円)

あとはパッケージで選べるホテルの数が少なく無料で選べるホテルも1つしかないのでご注意を。

当然、無料で選べるホテルから満室になっていくのでHISを利用するなら早めの方が良いです。

他のホテルは別途1人あたり1万円~7万円以上の追加料金が発生します。HISに登録されている宿泊施設はグレードの高いホテルばかりなので別途追加料金がかかるのは仕方ないですが、正直あまりお得感は感じられないですね。

2022年時点のHISパックツアーの内容と価格帯イメージ(一例)は以下の通り▼

①2泊3日旅
2名1室の1名当たりの料金帯:69,800円~77,800円
食事:朝2 夕2
装備品レンタル代無料

1日目:羽田空港から鹿児島空港 高速船を使って屋久島へ
2日目:縄文杉か白谷雲水狭トレッキングツアー(どちらか選択)
3日目:高速船でお帰り。鹿児島空港から羽田空港へ

➡【関東発】屋久島パッケージツアーをHISでチェック≫

3⃣J-TRIPのパッケージツアー

J-TRIP 屋久島パッケージツアー

【J-TRIP】はJAL便の専門格安旅行会社です。

ちょっとマイナーな旅行会社かもしれませんが、他の旅行会社とは違うパッケージ方法をとっているのでぜひチェックしてみて下さい。

【J-TRIP】の特徴は以下の通り▼

①基本は【航空券】+【宿泊先】でそこにオプションを追加するシステム
②予約当日からキャンセル料が発生するプランを利用すると安くなる

【J-TRIP】の最大の特徴は【航空券】と【宿泊先】を決めた後で必要なオプションを追加していく方式をとっている点。どこかのうどん屋みたいにトッピングを乗せると料金が追加されていくのと同じです(笑)

宿泊先】についても基本となる宿のグレードが決まっているようで、その基本グレードの宿よりもグレードの高い宿泊先を選択すると追加料金がかかるシステムになっています。とはいえ選べる宿泊先も多いので予算に合った宿を選べるのは旅行者にとってはメリットかなと思います。

オプションで追加できるのは【縄文杉トレッキングツアー】【白谷雲水狭トレッキングツアー】【安房川SUPツアー】など。1組ずつ専属でトレッキングツアーを設定することもできるので、必要に合わせて追加しましょう。

レンタカーについてはオプションで追加できません。滞在中レンタカーが必要な場合には個人で予約する必要があります。

【J-TRIP】では予約したその日からキャンセル料が発生する代わりに料金が安くなるプランも用意されています。スケジュールが確定しているのであればこのプランを利用するのも格安で旅行する方法の一つだと思います。

2022年時点のJ-TRIPパックツアーの内容と価格帯イメージ(一例)は以下の通り▼

①屋久島空港利用「屋久島フリープラン」レンタカーなし|2泊3日旅

2名1室の1名当たりの料金帯
・予約直後からキャンセル料発生の場合:39,500円~53,700円/人
・出発21日前までキャンセル無料の場合:67,800円~86,700円/人
 ※食事は付いていません

 ▼上記の基礎料金に以下のオプションを追加するようになります▼

・宿泊先(宿のグレードに応じて料金追加):0円~38,600円
・オプションツアー代:0円~20,000円

 2泊3日の場合のツアー流れ▼
1日目:羽田空港から鹿児島空港 高速船を使って屋久島へ
2日目:フリー(オプションでトレッキングツアーなどを付ける)
3日目:高速船でお帰り。鹿児島空港から羽田空港へ

以下はJ-TRIPの宿泊先でかかる追加料金のイメージです。表示価格は春シーズンのもの、シーズンが変われば金額は増減するのであくまで参考資料です▼

宿泊先宿泊先グレード別の追加料金例
素泊まり民宿 いわかわ 0円
屋久島 素泊まり民宿 あらき +200円
ビジネスイン 八重岳+2,000円
民宿 やくすぎ荘+2,600円
コテージ森のこかげ+4,600円
屋久島 田代別館+6,800円
屋久島グリーンホテル+8,700円
THE HOTEL YAKUSHIMA OCEAN&FOREST+11,000円
縄文の宿まんてん+12,900円
sankara hotel&spa屋久島+38,600円
【J-TRIP】屋久島の宿泊先追加料金イメージ

▼こちらはオプションで付けられるトレッキングなどのツアー料金です。専属ツアーもお願いできますが団体ツアーよりも料金は高くなります。

オプションツアーオプション代金(一人あたり)
縄文杉トレッキングツアー(団体ツアー)12,100円
白谷雲水狭ツアー(団体ツアー)11,000円
白谷雲水狭半日ツアー (団体ツアー) 7,000円
宮之浦岳トレッキングツアー(専属ツアー)20,000円
【J-TRIP】屋久島ツアーの追加オプション料金

【J-TRIP】は必要なものだけを追加する方式なので、不要だと思うオプションは外しておいて旅費を安く抑えることが可能です。トレッキングツアーのオプションを付けずに個人でレンタカーを予約して島めぐりを楽しんだり、個人でトレッキングをのんびり楽しむという選択肢も当然アリ。

組み合わせ自由なので格安で旅行を楽しみたいという方は一度検討するのがおすすめです▼

➡【関東発】屋久島パッケージツアーをJ-TRIPでチェック≫

4⃣クラブツーリズムのパッケージツアー

クラブツーリズム屋久島パッケージツアー

パッケージツアー旅行と言ったら【クラブツーリズム】企画ツアーが有名ですよね。独自性のあるツアーが多く、他の旅行会社とは違った切り口で企画されたテーマには定評があります。

主に添乗員付きの観光バスで屋久島の主要スポットを巡るツアーになります。

縄文杉や白谷雲水狭などの人気トレッキングコースが楽しめるツアーも用意されていて、プランによっては移動日の初日からトレッキングを行うツアーもあったりするのですが、バス移動なので大きな荷物があってもバスに乗せたままトレッキングが楽しめます。

屋久島以外のエリアを一度に巡る観光ツアーも行っていて『屋久島+指宿』だったり、チャーター機で『屋久島+奄美』の観光ツアーが一緒に楽しめたりする他にはない企画が多かったりします。

宿泊先の選定もしっかりしていて評価の高い屋久島のお宿ばかり。ツアーの企画内容もしっかりしているので、その分ツアー料金は少々お高めですね。

注意点としては【催行人数】というのが設定されているので、参加人数がその定員に達しないとツアーが中止になってしまう点。

でも、なかには最低催行人数が4名ほどの少人数パッケージツアーもあったりするので、そんな催行人数が少なくても実施してくれるツアーを予約しておくのもアリだと思います。

2022年時点のクラブツーリズムパックツアーの内容と価格帯(一例)は以下の通り▼

①『弊社SランクのJRホテル屋久島2連泊』2泊3日旅
2名1室の1名当たりの料金:153,000円/人
食事:朝2 昼1 夕2

1日目:羽田空港から飛行機で屋久島入り➡白谷雲水狭トレッキングツアー
2日目:縄文杉トレッキングツアー
3日目:島内観光スポット巡り➡屋久島空港から帰宅

クラブツーリズムのパッケージツアーをチェックする場合はコチラ▼

仲間と出会う、感動と出会うクラブツーリズムの旅/人気の九州ツアー

東京発の屋久島ダイナミックパッケージ

ここからは【航空券】と【宿泊先】だけがセットになった【ダイナミックパッケージ】の紹介です。

滞在日数も飛行機の便も自由に決められるので何の縛り無く、旅行のスケジュールを決めることができます。

1⃣JALダイナミックパッケージ

『JALダイナミックパッケージ』は【JALの航空券】+【宿泊先】を自由に組み合わせてセットで購入できるツアーです。

特徴としては以下の通り▼

①選べる宿は少ないもののグレードが高く安心して利用できる宿ばかり
②グレードの高い宿ばかりなので格安を求める人向きではない
②以下の「じゃらん」「楽天トラベル」より料金が高い事が多い

登録されている宿が少なく質の高い宿が多いという特徴はありますが、その分格安の宿が無く旅費を抑えたいというニーズには答えられないという印象。

同じ利用日・同じ宿で比較しましたが下記の『じゃらんパック』『JAL楽パック』の方が割安な結果に。両社は定期的に割引クーポンが配布されるので、ダイナミックパッケージを選ぶ際には『じゃらんパック』か『JAL楽パック』のどちらかという感じがします。

【JALパック】の料金イメージは以下の通り▼

JALダイナミックパッケージ料金比較
JALダイナミックパッケージ料金比較

JALダイナミックパッケージ利用2泊3日旅(例:3月料金)
 宿泊宿:やくすぎ荘
2名1室の1名当たりの料金帯:64,400円/人

・料金に含まれるもの:羽田-屋久島間の往復航空券、2泊分の宿泊代(2食付き)
・必要に応じて手配するもの:レンタカー、トレッキングツアー代、レンタル代など

2⃣じゃらんパック

【じゃらんパック】は大手旅行会社『じゃらんnet』で予約できるダイナミックパッケージの名称です。【JAL便】+【じゃらん取り扱い宿】のセットで予約できます。

特徴としては以下の通り▼

①『pontaポイント』『リクルートポイント』などのリクルート系ポイントが使える
②dポイントが使える
③定期的に配布される『じゃらんクーポン』がお得
④基本的にダイナミックパッケージでの予約が最安にできる

この記事の『結論』の部分でも書きましたが【じゃらんパック】はとてもお得なダイナミックパッケージです。 屋久島の旅で【じゃらんパック】はどんな人におすすめなのか、詳しく別記事でまとめています▼

お得な『じゃらんクーポン』の最新情報はコチラ▼

④についてですが基本的にダイナミックパッケージを利用しつつ宿のグレードを抑えるのが屋久島旅行を一番安くする方法だと思うので、格安で行きたい場合はダイナミックパッケージで検討するようにしましょう。

【じゃらんパック】の場合は年に何度も配布される『じゃらんクーポン』を使えば更に安くなります。旅行を決めたら『じゃらんクーポン』は忘れずチェックするようにしましょう。

トレッキングやダイビングなどのアクティビティの予約も【じゃらん】を利用するとクーポンが使えてお得です。アクティビティをジャンル別でまとめているので、ぜひこちらもチェックしてみて下さい▼

【じゃらんパック】の料金イメージは以下の通り▼

じゃらんパック料金イメージ
じゃらんパック 料金比較

じゃらんパック利用2泊3日旅(例:3月料金)
 宿泊宿:やくすぎ荘
2名1室の1名当たりの料金帯:62,300円/人

・料金に含まれるもの:羽田-屋久島間の往復航空券、2泊分の宿泊代(2食付き)
・必要に応じて手配するもの:レンタカー、トレッキングツアー代、レンタル代など

➡【関東発】屋久島ダイナミックパッケージを【じゃらんパック】でチェック≫

3⃣JAL楽パック(楽天トラベル)

最後に紹介するのは皆さんご存じ『楽天トラベル』のダイナミックパッケージ【JAL楽パック】です。【JAL便】+【楽天トラベル取り扱い宿】のセットで予約できます。

特徴としては以下の通り▼

①取り扱い宿の数が最も多い
②楽天ポイントが使える
③楽天トラベル内で使えるクーポンがお得
④基本的にダイナミックパッケージでの予約が最安にできる

楽天トラベルは取り扱っている屋久島の宿の数が最も多いので宿の選択肢が多いのが特徴。

もちろん【楽天ポイント】が使えるので『楽天市場』での買い物や『楽天スーパーセール!』でお得に貯めて、それを旅費に充てる事ができます。なので常日頃から【楽天ポイント】を貯めまくっている方は絶対に【JAL楽パック】がおすすめ。

【JAL楽パック】が一番オススメという理由と予約する方法について以下で詳しく解説しています。ぜひご覧ください▼

こちらも【じゃらん】と同様クーポンが定期的に配布されるので、忘れずにチェックするようにしましょう。

【楽パッククーポン】だけでなく個人予約でホテル予約やレンタカー予約をする際に割引できるクーポン【ラ・クーポン】もあるので旅行の予約前には必ずチェックして下さいね。

 ➡楽パックで使えるクーポンをチェック ≫

 ➡楽天トラベル内で使える【ラ・クーポン】をチェック≫

料金イメージは以下の通り▼

JAL楽パック料金比較

JAL楽パック利用2泊3日旅(例:3月料金)
 宿泊宿:やくすぎ荘
2名1室の1名当たりの料金帯:63,000円/人

・料金に含まれるもの:羽田-屋久島間の往復航空券、2泊分の宿泊代(2食付き)
・必要に応じて手配するもの:レンタカー、トレッキングツアー代、レンタル代など

➡【関東発】屋久島ダイナミックパッケージを【JAL楽パック】でチェック≫

まとめ

この記事では【関西・大阪発】の一番オススメな屋久島ツアーを紹介しました。

【JAL楽パック(楽天トラベル)】【じゃらんパック】なら幅広いニーズにも対応できるので、ツアー選びに悩んでいる方はぜひ検討してみて下さい。もう少し詳しくしりたい方はこちらをご覧ください▼

屋久島旅行をお得に楽しく満喫して下さいね(^^♪

 ➡楽パックで使えるクーポンをチェック ≫

 ➡楽天トラベル内で使える【ラ・クーポン】をチェック≫

縄文杉トレッキングコース

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URL Copied!
もくじ
トップへ
目次
閉じる