屋久島の交通手段は何がオススメ?|移動手段それぞれのメリット・デメリット【まとめ】

屋久島の交通手段は何がオススメ?|移動手段それぞれのメリット・デメリット【まとめ】

屋久島観光バス
屋久島交通バス

島内交通手段の選択は屋久島での観光を快適に楽しむ為の大切なポイントになります。
この記事では島内の移動手段について、その特徴をメリット・デメリットに分けて紹介しています。

屋久島での交通手段を決める参考になれば嬉しいです。

目次

屋久島でのレンタカー利用について

いきなりですが屋久島を観光するのに一番効率的な移動手段は『レンタカー』です。
車種が選べれば価格も安く済み、時間に縛られず自由に観光を楽しむことが出来ます。

夕方以降はバスの運行が無いので移動するのにはタクシーを使うようになります。
レンタカーがあれば夜のちょっとした買出しやウミガメ観察など時間問わず移動も楽ちんです。

レンタカーのメリット

・軽自動車だと4,000円台から借りられるので車種を選べば安く乗れる。
・荷物が多くても問題ない
・雨の多い屋久島でも安心
・人数が多くても問題ない
・観光プランを自由に立てられる

レンタカーのデメリット

・車の運転に慣れていないと道路が狭い場所もあるのでちょっと怖い

レンタカーの利用を検討している方はこちらの関連記事も合わせてご覧ください。


屋久島でのバス利用について

屋久島観光バス
屋久島交通バス

続いてバス利用の特徴について紹介していきます。
バスを利用するのであれば『屋久島交通バス』で使える乗り放題チケットを購入するのがオススメ。
旅行人数にもよりますが、チケットを使って観光すれば島内交通費を安く抑える事ができます。

ですが旅行の自由度が低くデメリットもあるので、その点も留意した上で利用しましょう。
送迎付きのツアーやトレッキングガイドを組み合わせた旅行プランを作れば、バス利用のメリットが
活きてきますね。

バスを使うメリット

・乗り放題バスチケットを使えば移動費が安くて済む
・遊覧観光バスを利用すればリーズナブルに観光スポットを一度に楽しめる

バスを使うデメリット

・バスの運行本数が少ないので観光スポットをたくさん見て回れない
・観光プランが制限され自由度が低い
・雨の日は停留所で待つ時間が辛い
・夜はバス利用が出来ない(夕方には最終便)

バス利用を検討している方は下記の関連記事も是非読んでみてください。バスの時刻表や島内路線の
案内、乗り放題チケットの購入場所などの情報をまとめています。
また、島内を巡る遊覧観光バスの別記事もあるので興味のある方はご覧ください。

屋久島でのタクシー利用について

『早朝トレッキング』『夜間の飲食店への移動』『観光スポット巡り』など、どんな使い方にも対応できるタクシーですが料金がちょっと高いのが悩みどころ。

それなので『レンタカー』『バス』のようにメインの移動手段として使うのは難しいですが、
必要な場面を絞って利用すれば快適に屋久島観光を楽しめます。
他の交通手段と組み合わせながら利用するのが現実的な使い方かと思います。

屋久島のタクシー
タクシーを使うメリット

〇 電話で呼べば昼も夜も送迎してもらえるので便利。前日予約すれば早朝トレッキングも可
〇 下山時に最終バスに乗り遅れてしまってもタクシーを呼べば迎えに来てくれる
〇 観光タクシーを利用すればオススメコースやオリジナルコースでの観光が楽しめる

タクシーを使うデメリット

・料金が他の交通手段より高額
・観光シーズン中は混んでいるのでタクシーを呼んでも長時間待たされることがある

屋久島でのタクシー利用についてもう少し詳しく書いている別記事がありますので、
宜しければこちらも読んでみてください。

屋久島でのレンタルバイク利用について

番外編のような扱い方をされていますが、意外にも利用している旅行者は多いんです
天気の良い日に屋久島の大自然の中を風を切って走るのは『爽快』の一言。

雨の多い屋久島ですが梅雨明け後の夏は比較的晴天が続くので利用し易いです。
他の移動手段を臨機応変に組み合わせながら利用するのがおススメ。

屋久島のレンタルバイク
レンタルバイクを使うメリット

〇 屋久島の大自然の中を風を切って走るのが気持ちいい
〇 公共交通機関に頼らずに自由に島内を回れる
〇 西部林道などの狭い道でも運転が安心
〇 一人旅やタンデムでの利用ならレンタカーより安価
〇 レンタカーが満車でもバイクなら空いている場合がある

レンタルバイクを使うデメリット

〇 雨天の場合は運転が大変
〇 多い荷物は持ち運べない
〇 2台以上レンタルするとレンタカーの方が安い
〇 急な坂道が多い屋久島では車種によっては馬力不足を感じる事も
〇 ショップ店頭でしか借りられない(港・空港乗り出し、乗り捨てができない)

レンタルバイクについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事もどうぞ!

レンタルバイク関連記事

屋久島でのレンタサイクル利用について

滞在期間に1日時間が空くのであれば、自転車を借りて島を一周してみるのも面白いです。
勿論、短い時間だけレンタルして『宮之浦』や『安房』の街中をサイクリングしながら
カフェやお土産屋を巡るのも楽しみ方の一つと思います。

屋久島のレンタサイクル
レンタサイクルを使うメリット

〇 宮之浦や安房などの街中を走るのに便利
〇 数時間から借りられお手頃価格なので気軽に利用できる
〇 車やバイクの運転に自信のない方でも利用できる

レンタサイクルを使うデメリット

〇 長距離移動は辛い
〇 雨が降るとずぶ濡れになるのでレインコートは常備
〇 大きな荷物は持ち運びできない
〇 貸出・返却は必ず店までこなければならない。返却後バス移動になるケースがでてくる

レンタサイクル関連記事

屋久島での交通手段で一番オススメなのは

屋久島の交通機関の中で一番のおススメはやはり『レンタカー』。
自分たちで自由にスケジュールが決められるし待ち時間も無いので一番効率的に屋久島を観光できます

でも、中には『レンタカー』が運転できないという方もいると思います。
その場合は、今回の記事で紹介した他の交通機関のメリット・デメリットを考慮した上で
都合に合う交通手段を組み合わせて観光を楽しむようにしましょう。

また、利用者と打ち合わせした上で行きたいスポットなどを丸1日かけて車で案内してくれる観光ガイドさんもいます。
当館を利用された方の中には、屋久島に到着してから帰るまで全てガイドさん同伴で過ごしている方もいますのでご参考に。

もし、全日程をガイドさんにお願いしたいという方は観光案内所に相談してみてくださいね。



よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2014年に福島から屋久島へ移住。同時に宿泊施設ヴィラウルーを開業しました。
国内外たくさんのお客様との出会いがあり今まで質問や旅行プランの相談など生の声をたくさん聞かせて頂きました。
これからも皆さんのお役に立てたら嬉しいです。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる