屋久島についてご不明な点があればお気軽にご相談下さい♬ お問い合わせ

【屋久島の交通手段】自分に合った選び方を紹介|レンタカー・バス・タクシー・レンタルバイク・レンタサイクル移動手段

屋久島観光バス
屋久島観光バス
屋久島交通バス

屋久島観光を快適なものにするためには、自分のプランに合った移動手段を選ぶ必要があります。

島内スポットを色々まわりたいという方が『バス移動』を選んでしまうと、効率が悪いため予定していたスポットを全部巡ることができなかった……なんてことにもなってしまいます。

結論を言えば一番おすすめなのは『レンタカー』。自由度の高い移動手段なので早朝や夜でも気軽に出かけることができるのでとても便利です。

でも中には車の運転免許を所持していなかったり、レンタカー以外の交通手段を使う方がお得だったりする場合もあります。

この記事では、レンタカーがおすすめな理由その他の移動手段を使うメリット・デメリットについて解説し、自分に合った移動手段を選ぶための考え方についてわかりやすく紹介しています。

この記事を読んでわかること

・レンタカーが一番おすすめな理由

・バスがおすすめな人

・バス利用のメリットデメリット

・タクシーがおすすめな人

・タクシー利用のメリットデメリット

・レンタルバイクがおすすめな人

・レンタルバイクのメリットデメリット

・レンタサイクルがおすすめな人

・レンタサイクルのメリットデメリット

目次

屋久島でレンタカー利用がおすすめな理由

先ほども書きましたが、屋久島を観光するのに一番おすすめな移動手段は『レンタカー』です。

主なおすすめ理由は以下の通り

①軽自動車なら1日5,000円程度なので安い
②効率良く観光スポットを巡れる
③荷物が多くても問題ない
④雨の多い屋久島でも安心

それぞれ解説していきます。

①軽自動車なら1日5,000円程度なので安い

屋久島で軽自動車をレンタルするのにかかる費用は1日およそ5,000円程度。

タクシーの場合一回の乗り降りだけで5,000円以上かかることも珍しくありません。費用面で見てもレンタカーを使う方がお得なのが分かりますね。

旅行人数が2人、3人と増えれば増えるほどレンタカーを使う費用面のメリットも大きくなります。

②効率よく観光スポットを巡れる

レンタカーなら自分の好きな時間に好きな場所へ移動することができます。

屋久島には観光スポットが沢山あります。これらのスポットを1時間に1本しか運行していないバスを使って巡るのはハッキリ言って非効率です。

色々なスポットを見て回りたいという方は、まずはレンタカー利用を検討してみて下さい。

夕方以降、バスは運行していません。ウミガメ観察や夜の観光に行くのであればレンタカーは必須になります。

③荷物が多くても問題ない

キャリーバッグやスーパーでの買い出し品・購入したお土産など、荷物を持って移動する場面も多いと思います。

その際レンタカーなら、トランクに積み込めば出発できるので移動がとても快適です。

④雨の多い屋久島でも安心

屋久島は雨の多い島。いつも天気が良いとは限りません。

バスの場合は雨の中停留所でバスを待つ必要がありますが、レンタカーを使えばすぐさま車に乗り込んで出発できます。

港や空港でレンタカーを借りる方法

レンタカーショップは『宮之浦港』『安房港』『屋久島空港』の周辺に集まっています。

下の記事では港や空港別にレンタカーショップの情報をまとめ、それぞれのショップの特徴についても紹介しています。

利用するレンタカー選びの参考にして下さい。

バス利用について

屋久島観光バス
屋久島交通バス

続いてバス利用の特徴について紹介していきます。

バスを利用するのであれば『屋久島交通バス』で使える乗り放題チケットを購入するのがオススメ。

旅行人数にもよりますが、チケットを使って観光すれば島内交通費を安く抑える事ができます。

バスを使う方がよい人

バスを使う方がよいのは以下の様な方

・車の運転ができない
・各スポット巡りをする日程余裕がない
・送迎付きのツアーガイドに参加

バス利用のメリット

乗り放題バスチケットを使えば移動費が安くて済む
・遊覧観光バスを利用すればリーズナブルに観光スポットを一度に楽しめる

バス利用のデメリット

・運行本数が少ないのでスポットをたくさん巡れない
・観光プランが制限され自由度が低い
・雨の日は停留所で待つ時間が辛い
・夜はバス利用が出来ない(夕方には最終便)

ですが旅行の自由度が低くデメリットもあるので、その点も留意した上で利用しましょう。

送迎付きのツアーやトレッキングガイドを組み合わせた旅行プランを作れば、バス利用のメリットが活きてきますね。

バス利用を検討している方は下記の関連記事も是非読んでみてください。

バスの時刻表や島内路線の案内、乗り放題チケットの購入場所などの情報をまとめています。

また、島内を巡る遊覧観光バスの別記事もあるので興味のある方はご覧ください。

屋久島でのタクシー利用について

『早朝トレッキング』『夜間の飲食店への移動』『観光スポット巡り』など、どんな使い方にも対応できるタクシーですが料金がちょっと高いのが悩みどころ。

『レンタカー』『バス』のようにメインの移動手段として使うのは難しいので、他の交通手段と組み合わせながらここぞという場面でスポット的に利用する方法がおすすめです。

屋久島のタクシー

タクシー利用のメリット

〇 電話で呼べば昼も夜も送迎してもらえるので便利。前日予約すれば早朝トレッキングも可
〇 下山時に最終バスに乗り遅れてしまってもタクシーを呼べば迎えに来てくれる
〇 観光タクシーを利用すればオススメコースやオリジナルコースでの観光が楽しめる

タクシー利用のデメリット

タクシーを使うデメリット

・料金が他の交通手段より高額
・観光シーズン中は混んでいるのでタクシーを呼んでも長時間待たされることがある

屋久島でのタクシー利用についてもう少し詳しく書いている別記事がありますので、
宜しければこちらも読んでみてください。

屋久島でのレンタルバイク利用について

番外編のような扱い方をされていますが、意外にも利用している旅行者は多いんです
天気の良い日に屋久島の大自然の中を風を切って走るのは『爽快』の一言。

雨の多い屋久島ですが梅雨明け後の夏は比較的晴天が続くので利用し易いです。
他の移動手段を臨機応変に組み合わせながら利用するのがおススメ。

屋久島のレンタルバイク

レンタルバイクのメリット

・屋久島の大自然の中を風を切って走るのが気持ちいい
・公共交通機関に頼らずに自由に島内を回れる
・西部林道などの狭い道でも運転が安心
・一人旅やタンデムでの利用ならレンタカーより安価
・レンタカーが満車でもバイクなら空いている場合がある

レンタルバイクのデメリット

・雨天の場合は運転が大変
・多い荷物は持ち運べない
・2台以上レンタルするとレンタカーの方が安い
・急な坂道が多い屋久島では車種によっては馬力不足を感じる事も
・ショップ店頭でしか借りられない(港・空港乗り出し、乗り捨てができない)

レンタルバイクについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事もどうぞ!

屋久島でのレンタサイクル利用について

滞在期間に1日時間が空くのであれば、自転車を借りて島を一周してみるのも面白いです。
勿論、短い時間だけレンタルして『宮之浦』や『安房』の街中をサイクリングしながら
カフェやお土産屋を巡るのも楽しみ方の一つと思います。

屋久島のレンタサイクル

レンタサイクル利用のメリット

・宮之浦や安房などの街中を走るのに便利
・数時間から借りられお手頃価格なので気軽に利用できる
・車やバイクの運転に自信のない方でも利用できる

レンタサイクル利用のデメリット

・長距離移動は辛い
・雨が降るとずぶ濡れになるのでレインコートは常備
・大きな荷物は持ち運びできない
・貸出・返却は必ず店までこなければならない。返却後バス移動になるケースがでてくる

屋久島の観光情報をもっと色々知りたい方へ

屋久島にはトレッキング以外にも「海水浴」や「温泉」「パワースポット巡り」など様々な観光スポットがあります。

下の記事では島内の観光スポットやコンビニ・ATM・コインロッカー・ランドリーなどのお役立ち情報も含め、屋久島観光に役立つ内容を総まとめしています。

旅行を計画する際や旅行中の調べものに役に立てて頂けたら嬉しいです▼

屋久島での交通手段で一番オススメなのは

屋久島の交通機関の中で一番のおススメはやはり『レンタカー』。
自分たちで自由にスケジュールが決められるし待ち時間も無いので一番効率的に屋久島を観光できます

でも、中には『レンタカー』が運転できないという方もいると思います。
その場合は、今回の記事で紹介した他の交通機関のメリット・デメリットを考慮した上で
都合に合う交通手段を組み合わせて観光を楽しむようにしましょう。



屋久島観光バス

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URL Copied!
もくじ
トップへ
目次
閉じる