レンタカーが無くても楽しめる!屋久島のゆうらん観光バスを紹介

レンタカーが無くても楽しめる!屋久島のゆうらん観光バスを紹介

ヤクサルの群れ
ヤクサルの群れ【屋久島 西部林道】
この記事はこんな人にオススメ
  • レンタカーを使わずに島内の観光地をあちこち回りたい
  • 半日だけ予定が空いている
  • トレッキングはしないのでバスツアーに参加して観光地を回りたい

▶屋久島旅行をお得に楽しむなら【じゃらんクーポン】を必ずチェックするようにしましょう(^^)/
トレッキングツアーや登山用品のレンタル、クラフト体験などなんでも使えて600円~2000円も
安くなるものもあります。

例えば登山用品を【レンタルの山下】でレンタルする場合 1セット3,400円
この料金もクーポンを使えば600円以上安く利用できます。
▶【じゃらん】レンタルの山下 登山用品レンタル≫

もちろんトレッキングやダイビングなどのツアー料金もクーポンで安くなるのでぜひ
チェックしてみてくださいね(^^♪
▶【じゃらん】屋久島ガイドクラブ トレッキング&シュノーケルなどツアー予約≫

現在 2022年4月30日まで使えるじゃらんクーポンが配布中!!ぜひ活用してくださいね♪

▶【じゃらんクーポン】をチェックする≫

▶【じゃらんクーポン】が使える屋久島の遊び・体験をチェックする≫

目次

屋久島周回観光バス『やくざる号』について

『やくざる号』は屋久島のバス会社まつばんだ交通が運行している観光バスです。
屋久島内の主要な観光スポットを1日かけてまわってくれるので、レンタカーを利用しない人にとっては非常に便利な周遊バスです。

通常の路線バスを利用して観光スポットをまわることもできますが、路線バスはだいたい1時間に
1便しか運行しておらず、複数の観光スポットに行こうとするととても効率が悪いんです。

そんな時に利用して欲しいのがこの『やくざる号』
周遊コースは屋久島を代表する観光地がきちんとおさえられていますし、バスを降りてすぐに見られるアクセスの良い観光スポットばかりなので小さなお子様連れのご家族やお年寄りの方でも気軽に利用できます。

キャプション

『やくざる号』を利用するには事前に予約が必要です。
 席に限りがあるので利用する場合には早めに予約するようにしましょう。
まつばんだ交通バス株式会社|ネット予約ならアソビュー! (asoview.com) 
まつばんだ交通

屋久島周遊観光バス 『やくざる号』のコース紹介

それでは『やくざる号』のコースを紹介したいと思います。
コースは1日かけて観光地を回る『Aコース』と午前中半日の『Bコース』午後半日の『Cコース』の
中から選んで予約する形になります。

屋久島周遊観光バス『やくざる号』コース

宮之浦~原地区から順次バスに乗車
千尋の滝【原 観光20分】
尾之間からのバス乗車

※尾之間から乗車した方は『千尋の滝』の観光には参加できません

中間ガジュマル【中間 観光15分】
大川の滝【西部 観光30分】
西部林道【西部 観光20分】
いなか浜【永田 観光10分】
◆午前中半日はここで終了 Bコースの方は『ふるさと市場』で解散になります。
『ふるさと市場』で昼食【宮之浦 昼食40分】

屋久島名物のトビウオ料理が食べられます。
※季節・仕入れで変動アリ

◆午後半日Cコースの方はここからスタートになります。
 乗車場所は『ふるさと市場』『屋久島空港』『安房港』です。

ヤクスギランド【散策50分】
紀元杉【観光15分】
順次送迎・下車【終了】

屋久島周遊観光バス『やくざる号』の料金

大川の滝【屋久島】
大川の滝【屋久島】
やくざる号の料金

Aコース【1日コース】  :5,000円  昼食付き+Bコース+Cコース

Bコース【午前中コース】:4,000円 千尋の滝ー中間ガジュマルー大川の滝ー西部林道ー永田浜

Cコース【午後コース】 :2,500円 ヤクスギランドー紀元杉

これを見ると昼食も付いて主要な観光地もまわれるコースが断然お得に感じてしまいますね。
午後は空港からも乗車できるので昼過ぎに屋久島入りする方はCコースなら参加できるので
初日にヤクスギランドと紀元杉を楽しむことができます。

まとめ

『やくざる号』いかがだったでしょうか。
意外と知られていない屋久島の周遊バスツアーなんですが、
レンタカーを使わない方にとってはホントおすすめのバスツアーです。

利用する場合には早めの予約をおすすめします。

まつばんだ交通バス株式会社|ネット予約ならアソビュー! (asoview.com) 
まつばんだ交通

バスを利用して屋久島観光を楽しみたいという方はコチラの記事も合わせてどうぞ!
島内のバスの時刻表や路線図・乗り放題チケットや注意点などをまとめた記事なので、よかったら
参考にして下さいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2014年に福島から屋久島へ移住。同時に宿泊施設ヴィラウルーを開業しました。
国内外たくさんのお客様との出会いがあり今まで質問や旅行プランの相談など生の声をたくさん聞かせて頂きました。
これからも皆さんのお役に立てたら嬉しいです。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる