屋久島のタクシー料金と「観光タクシー」の利用について

屋久島のタクシー料金と「観光タクシー」の利用について

屋久島のタクシー

この記事では屋久島の移動方法にタクシー利用を検討している方の為に、屋久島のタクシー会社に関する情報をまとめています。

この記事はこんな人におすすめ

〇 現在、屋久島で移動する方法を検討している
〇 タクシーの料金を知りたい
〇 タクシーはクレジットやキャッシュレス決済に対応しているか知りたい
〇 観光タクシーの利用を検討している

目次

屋久島でのタクシー事情

屋久島にあるタクシーは全部で3社
『安房タクシー』『屋久島交通タクシー』『まつばんだ交通タクシー』の3社になります。

まず知っておいて頂きたいのは、
屋久島では本土のように乗せるお客さんを探しながら走っている『流し』のタクシーはいないという事

また、屋久島のタクシーは『空港』『港』『屋久杉自然観』に基本的には常駐していますが
常駐台数が少ないこともあって、いない場合もあるので基本的にタクシーを利用したい場合には
各タクシー会社に直接電話して来てもらう方法が一般的です。

そして観光客が増えるシーズンになると起こることなのですが、
タクシーは観光の最盛期に合わせて台数を保有しているわけではないので、観光客が増える時期になると待ち時間が長くなってしまうことも多いです。

タクシーを読んだら「1時間以上待つようになりますが、良いですか?」と言われるケースもあります。

特に大型連休になるゴールデンウィークや夏休みシーズンの夕食の時間帯は要注意。
このタイミングは皆さん飲んで帰りたいのでタクシーは大忙しになります。

タクシーの支払い|クレジットカードは使えるのか?

屋久島では、まだ現金払いのお店が多いです。
タクシー会社も例外ではなく現在(2021/09/25時点)どのタクシー会社も現金払いのみの対応です。

ただ、『まつばんだ交通』では事務所のある【空港】と【宮之浦】でならクレジットカードを使っての清算ができます。
非常に限定的ですね。帰る時くらいしか使えないと思いますので基本的に現金払いと認識して頂ければと思います。

屋久島のタクシー会社/連絡先

屋久島にあるタクシー会社を紹介したいと思います。

下記に各タクシー会社名の情報を記載しています。
必要な場合はこちらの電話番号にかけてタクシーを予約するようにして下さい。

  【会社名】        【営業所】      【電話番号】   【営業時間】

◆安房タクシー         安房       0997-46-2311   7:00~22:00

屋久島交通タクシー   宮之浦・安房・尾之間  0997-42-0611   7:00~24:00

まつばんだ交通タクシー 宮之浦・安房・尾之間  0997-46-5000   8:00~18:00

屋久島のタクシー料金目安について

それでは、屋久島でタクシーを使う場合どのくらいの料金になるのか、
ここではその目安になる金額を大まかにご紹介していきたいと思います。

※屋久島での通常タクシーを利用した場合の料金の目安となります。
タクシー会社や乗車場所、時間帯によっても料金が変わってきますので正確な金額が知りたい場合には各タクシー会社にお問い合わせ下さい。

乗車・
下車場所
宮之浦空港安房尾之間
永田4,7307,3009,37013,060
宮之浦2,5704,6408,330
白谷雲水狭2,7504,7306,89011,080
空港2,5702,3905,540
安房4,6402,3903,830
屋久杉自然館6,5003,5001,3004,800
荒川登山口8,5105,9004,0107,250
ヤクスギランド8,4205,4503,5607,790
淀川登山口10,5807,2505,1808,510
尾之間8,3305,5403,830
屋久島のタクシー料金目安

屋久島交通タクシーの料金計算方法

屋久島交通タクシーは以下の計算方法で乗車料金を決めています。
利用予定距離をGoogleマップなどで調べて計算すれば金額を把握できますので参考にしてみて下さい。(2021/10/25時点)

小型タクシー&電気自動車リーフタクシー料金
初乗運賃1.3kmまで550円
加算運賃以後341mごとに80円
中型タクシー(トヨタクラウン・コンフォート)料金
初乗運賃1.3kmまで580円
加算運賃以後300mごとに80円
ジャンボタクシー(ワゴンタイプ)料金

最大9名が乗車できるので大人数での旅行にはこちらのタクシーを利用します。

初乗運賃1.3kmまで660円
加算運賃以後240mごとに90円

『観光タクシー』を利用して屋久島観光もできます

屋久島のタクシー会社は通常利用の他に、観光客が貸切で利用できる『観光タクシー』も行っています

タクシーの通常利用の場合は『走行距離』によって料金積算されていきますが、貸切観光タクシーの場合は走行距離ではなく利用する時間で料金が決まります。

ベースになる観光プランが何種類も用意されていますのでその中から選ぶこともできますし、
行かなくて良い観光スポットをプランから外して別のスポットを組み入れる事も対応してくれます。

時間内であれば自由に観光スポットや滞在時間が決められるフリープランについては
4時間以上から利用が可能です。

利用を検討している方は、以下の内容を決めてタクシー会社に相談するようにしましょう。

〇 利用人数・・・タクシーのサイズで料金も変わります。
〇 観光時間・・・観光可能な時間を2時間~6時間で決めておきましょう。
〇 乗車場所・・・どこからスタートしてどこで降車するかでプランが全く変わってしまいます。

屋久島交通観光タクシーのプラン一例を紹介

屋久島交通の観光タクシーを利用した例をご紹介します。
車両サイズと所要時間そして料金が確認できますので検討中の方は参考にしてみて下さい。

白谷雲水狭プラン

〇出発地区別料金と所要時間

地区普通車ジャンボ所要時間
宮之浦12,000円18,000円2時間
安房17,000円 25,000円 3時間
屋久島空港17,000円 25,000円 3時間
観光タクシー【白谷雲水狭プラン】
  • 乗車場所(宿・港など)
  • 約1時間程度
    白谷雲水狭

    案内付き 約1時間散策

  • ラベル
    降車場所(宿・港など)
屋久島一周プラン

島内の有名なスポットに立ち寄りながら島を一周するコース。

〇出発地区別料金と所要時間

地区普通車ジャンボ所要時間
宮之浦26,000円39,000円5時間
安房26,000円 39,000円 5時間
屋久島空港26,000円 39,000円 5時間
尾之間 26,000円 39,000円 5時間
観光タクシー【島一周プラン】
乗車場所によって観光スポットを巡る順番が変わります
  • 乗車場所(宿・港など)
  • 千尋の滝

    案内付き 約1時間散策

  • ラベル
    大川の滝
  • ラベル
    西部林道
  • ラベル
    永田灯台
  • ラベル
    いなか浜
  • ラベル
    降車場所(宿・港など)

屋久島交通タクシーではこれ以外にも観光プランが用意してありますので
興味のある方は屋久島交通タクシーの公式ウェブページをご覧ください。
 ≫屋久島交通タクシーおすすめ観光コース

屋久島でタクシーを早朝から登山利用する場合

もし縄文杉トレッキングなどの早朝から出発する移動手段に『タクシー』を利用しようとしている方はご注意下さい。

早朝にタクシー会社に電話しても誰もいませんので予約することはできません。
前日の営業時間内までに電話予約しておくようにしましょう。

また、同時に帰りの日程もタクシーに伝えて予め予約しておくと安心
日帰りならば下山予定時刻を伝え、その頃迎えに来てもらうようにしましょう。

宮之浦岳を縦走するなどして登山口と下山口が違う場合には、
『下山口』や『下山日程』についてもしっかりと伝えておく必要がありますのでご注意ください。

夜間は時間帯によって別途料金が発生しますので、その点もタクシー会社に確認するようにしましょう

屋久島でタクシーを利用した方がよい場合

ここまで屋久島のタクシー事情・料金などについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
屋久島での移動手段はバス、レンタカー、タクシーの3択ですが、料金だけを比較すると他の交通手段を優先する方が多いと思います。

でも、場合によってタクシーが活躍する場面もあるんです。

屋久島でタクシーが活躍する場面

〇 縄文杉や白谷雲水狭から下山したものの最終バスに間に合わなかった。
〇 バス路線から大きく離れた場所への下山
〇 バスが運行していない時間帯の移動
〇 荷物が多い場合

特にレンタカーを利用しないでトレッキングをする予定の方は、バスに乗り遅れることも想定して
予めタクシーの連絡先などを控えておくようにしましょう。

荒川登山口は、携帯電話(docomo、auは確認済)がつながりますし20時までなら
管理人もいてくれます。もし帰りのバスに間に合わなかった場合でもタクシーを呼ぶことができますので慌てず登山口まで戻りましょう。慌てると遭難や思わぬ怪我につながります。

タクシーは必要に応じて利用しましょう。

以上、今回は屋久島のタクシー利用について色々まとめてみました。
正直レンタカーを利用するのが自由度も費用面においても一番お得です。

でも屋久島に来る人の中には運転免許を持っていない方や車の運転に自信の無い方もいらっしゃると
思うので、そんな時にはバスとタクシーを上手に利用して屋久島観光を楽しんで欲しいと思います。

別の記事ではバスの乗り方や時刻表についてまとめていますので、是非こちらも参考にして頂けたら
嬉しいです。

また、レンタカーを使わず1日もしくは半日の空き時間があるようであれば、
ゆうらん観光バスを利用して観光スポットを回る方が観光タクシーより安くてお得です。
こちらも別記事にまとめていますので読んでみてください。


屋久島島内での移動方法について色々調べた結果「やっぱりレンタカーにしよう!」と思った方は
主要玄関口別にレンタカーショップを紹介している記事がありますので合わせてご覧ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2014年に福島から屋久島へ移住。同時に宿泊施設ヴィラウルーを開業しました。
国内外たくさんのお客様との出会いがあり今まで質問や旅行プランの相談など生の声をたくさん聞かせて頂きました。
これからも皆さんのお役に立てたら嬉しいです。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる