【屋久島グルメ】お寿司・トビウオ・首折れサバが食べられる飲食店

【屋久島グルメ】お寿司・トビウオ・首折れサバが食べられる飲食店

屋久島の寿司 トビウオ サバ
屋久島の地魚握り【ヴィラウルー自家製】

屋久島の料理と聞いて皆さんは何を思い浮かべますか?

代表的なものだとトビウオや首折れサバが有名ですよね。
屋久島近海は生息する魚の種類が日本でもトップクラスと言われているので、トビウオやサバ以外にも様々な魚が水揚げされます。

魚だけではなく、水のように透き通った「ミズイカ(アオリイカ)」や「アサヒガニ」
「珍味カメノテ」なども屋久島の名物食材です。
多くの魚介類を名物としている屋久島は海からの恩恵を多く受けている島だと言えます。

今回はそんな海産物を皆さんに食べてもらうために、
お寿司や屋久島産の新鮮な魚介類が食べられるオススメのお店を紹介したいと思います。

目次

屋久島は『寿司屋』より『地魚料理店』の方が多い

スマガツオ【屋久島の魚】
スマガツオ【屋久島の魚】

屋久島には意外にも「寿司」をメインに営業しているお店は少なく、
どちらかというと「地魚料理店」や「地魚を仕入れている居酒屋」という形態のお店が多いですね。

私は個人的に「寿司」が好きなので、寿司が食べられるお店が屋久島でもっと増えればいいなぁ、と
いつも思っているのですが。誰か屋久島で新規参入してくれませんかね?(笑)

話しがそれましたが、どのお店も『屋久島産』の海産物を使った品々を提供していますので
間違いなく新鮮でおいしいです。それは間違いない!

「地魚料理店」は寿司メニューが無いところも多いですが、『トビウオの刺身』『地魚の盛り合わせ』『トビウオの姿揚げ』『ミズイカの刺身』『カメノテの蒸し焼き』『首折れサバの刺身』など
屋久島の海の幸は色々と食べられます。

ただ、島内で水揚げされたものを使っているので、収獲が無いとお店も仕入れられず提供できません。
特に『首折れサバ』は入荷が無いときも多いのであらかじめ電話で入荷状況を確認しておくと良いと思います。

屋久島の醤油は甘い

屋久島で使う醤油 寿司・刺身
屋久島では主に甘口醤油を使う。コクや旨味が感じられて美味しい。

普段しょっぱい醤油しか使わない方は、屋久島に来て『甘い醤油』を初めて使うと変に思う方もいます。寿司や刺身に甘い味付けの醤油をつけるので違和感があるんですよね。

私も元々はしょっぱい醤油しか知らなかった人間ですが、甘い醤油に食べ慣れてしまうと
醤油に入っている魚の風味であったりコクが感じられるので非常に後曳く旨さを感じてきます。

コクや旨味があるので淡白な白身魚でも刺身で美味しく食べられます。
また、屋久島の魚は獲れたものをすぐに提供するので活きが良すぎるくらいです。その為、未だ魚の身が硬直していて硬さが残っている事も多いです。

身が硬いと醤油が乗りにくくなるので、屋久島の鮮度良い魚を食べるには少しトロミのある甘さや旨味がしっかりとしている醤油を使う方が美味しいと思います。

屋久島に来たら是非とも『甘いお醤油』にチャレンジして頂きたいです。

とはいえ、好みもありますので
寿司屋・地魚料理以外の店も含め、屋久島のお店では九州の『甘口醤油』としょっぱい『辛口醤油
の両方を店に準備してあるところも多いです。

屋久島のお寿司屋さん

それでは早速、屋久島のお寿司屋さんを紹介したいと思います。
先述しましたが島内には専門のお寿司屋さんが少ないので、地魚の握りが食べたいなら
こちらで紹介するお店に足を運んでくださいね。

若潮寿司/宮之浦

宮之浦にお店を構える屋久島を代表するお寿司屋さん。ガイドブックに載ることがあまり無い
小さなお店ですが寿司の美味しさに定評があります。地元の方にも人気のある寿司屋です。
寿司ネタが大きくボリュームがあってとても満足感があります。

「トビウオの握り」「首折れサバ」「アカバラ(カンパチ)の握り」「地魚握り」などの
屋久島の魚を味わえるお店です。

それと、本土で本格的に洋食を学んできた息子さんが作る料理がメニューに入っています。
寿司と洋食の異色の組み合わせではありますが、屋久島の食材を使った料理はどちらもおいしいです。

若潮寿司 情報

住所  :〒891-4205  鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦421-35
電話番号:0997-42-2114
17:30~21:30
定休日 :火曜日

いその香り/安房

屋久島の漁師一家で育った店主が自ら船に乗って獲れた魚を提供している寿司屋です。

それなので収獲できた魚によってメニューも当然変わります。

メニューは『地魚の握り』『地魚さしみ定食』『お子様寿司定食』の中心メニューの他
『トビウオつきあげ』『オジサンの姿揚げ』や入荷次第では『首折れサバの刺身』も食べられます。

地元民にも人気のあるお店、いつも家族連れで賑わっているので特に観光シーズンになると
開店と同時に客席が埋まり入店できないことも。
屋久島の人気店ですので必ず予約をしておくようにしましょう。

いその香り 情報

住所  :〒891-4205 鹿児島県熊毛郡屋久島町安房788-150
電話番号:0997-46-3218
11:30~14:00(L.O.13:30)
17:30~22:00(L.O.21:00)
定休日 :火曜、水曜の昼 (お昼は出漁等の為に休業することあり)

若大将/宮之浦

宮之浦にある地魚料理の人気店です。
このお店では『地魚握り10カン』『地魚細巻き3本』『地魚天ぷら』『地魚あら煮』などの
地魚メニューが食べられます。
他には『ヤクシカの握り』やメチャクチャ粘りの強い『屋久島産山芋のとろろ丼』も人気。

若大将 情報

住所  :鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦79
電話番号:0997-42-0161
18:00~23:00
定休日 :日曜

恵比寿大黒とし/宮之浦

寿司の提供はしていませんが、首折れサバや新鮮な地魚が食べられるお店。
地魚の唐揚げ料理も人気で『トビウオ』や『アラカブ』『チレダイ』をそのまま1匹揚げた唐揚げ定食は
見応えもあるし美味しいのでおススメ。

美味しい魚料理を食べながら屋久島の美味しいお酒も楽しめる人気の地魚料理店・居酒屋です。

恵比寿大黒とし 情報

住所  :鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦129
電話番号:0997-42-0461
17:30~22:30
定休日 :日曜日(予約があれば営業)

寿司・地魚料理専門店 やしま/安房

屋久島の寿司屋・魚料理店
出典:寿司・地魚料理専門店やしま

安房にあるお店で、店舗はこじんまりとした小さめな料理店なのですが
その料理には定評があり地元民もよく利用する居酒屋さんです。

お寿司も提供していて『トビウオの握り』『首折れサバの握り』の他、
カツオ、チレダイ、キビナゴ、真鯛、トビウオ、アカバラ、ホタ、首折れサバなど
その日仕入れたもので内容が変わる『地魚の握り』も食べられます。しかも8カン1,600円ほどで提供しているので他のお店よりリーズナブル価格。

それと、このお店の『しま茶漬け』みそ汁のお椀程度の大きさの物が出てくると思っていると
その大きさにビックリします。魚の出汁がしっかり出ているスープを使ってお茶漬けにしているメニューなんですが、魚の切り身もしっかり入った物が『おおどんぶり』にドーンと入って提供されます。

そしてメチャクチャ美味しいので【やしま】に行ったら是非食べて欲しいオススメの一品です。

やしま 情報

住所  :【一号店】鹿児島県熊毛郡屋久島町安房92-1
     【二号店】鹿児島県熊毛郡屋久島町安房88

電話番号:【一号店】0997-46-4005
     【二号店】0997-46-3916
   
営業時間:【一号店】17:00〜23:00(22:00 ラストオーダー)
     【二号店】17:00〜22:00(21:00 ラストオーダー)

定休日 :不定休
屋久島 安房の鮨・地魚料理専門店 鮨・居酒屋 やしま (ambo-yashima.com)

屋久島の海の幸を是非ご堪能下さい。

以上、今回は屋久島の地魚料理が食べられるお店を紹介しました。
屋久島の寿司はあらかじめ寿司ネタが決まっている形でそれを単品注文するスタイルではなく、
『地魚の握り』というメニューを1つ提示してその日に獲れた魚を日替わりで提供するスタイルが主です。
食べたい食材があるかはその日の水揚げ状況にはなってしまいますが、新鮮な状態の屋久島産の魚介類が食べられるので『今日は何が食べられるか』を楽しみに是非地魚料理店に足を運んでみてください。

『屋久島の魚料理』にはやっぱり『屋久島の焼酎』ですよね。
こちらも合わせて読んでみて下さい👇

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2014年に福島から屋久島へ移住。同時に宿泊施設ヴィラウルーを開業しました。
国内外たくさんのお客様との出会いがあり今まで質問や旅行プランの相談など生の声をたくさん聞かせて頂きました。
これからも皆さんのお役に立てたら嬉しいです。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる