【早朝受取可】屋久島の登山弁当が買えるお店と注文の流れを紹介

【早朝受取可】屋久島の登山弁当が買えるお店と注文の流れを紹介

屋久島の弁当

お宿の経営をしていると予約されたお客様から

『縄文杉トレッキング用のお弁当はどこで注文したらいいですか?』

こういった質問を多く受けます。

縄文杉トレッキングに行く場合は早朝4時~5時起きで出発するので、
その時間に営業している弁当店の事や受け取り方法が分からないようですね。

なので今回は早朝から登山弁当を受け取る基本的な流れと、登山弁当店を紹介したいと思います。

この記事を読んで分かること

・登山弁当の注文~受け取りまでの流れ
・登山弁当店の詳細情報

目次

屋久島で登山弁当を注文する流れについて

営業時間による弁当店の違い

屋久島の弁当屋は朝4:00から営業する登山弁当と、6:00頃から昼まで営業している
通常営業の弁当店があります。

登山弁当店は基本的に前日に受けた予約分だけの対応となるので、予約なしで店に行っても
買うことはできません。縄文杉や宮之浦岳登山などの早朝から出発する方向けにお弁当を
販売しているお店です。

早朝から営業していますが、どこの店も日が昇り朝になると営業終了になります。

通常営業の弁当店は昼の時間帯まで営業しているので、
ゆっくり出発できる白谷雲水狭やヤクスギランドのトレッキング用に購入したり、
島内ドライブ観光の方が利用します。休憩スポットなどでお弁当を食べる方向けですね。
こちらは事前予約は必要ありません。

島内で働いている方々もよく利用しているので昼頃になると弁当店の前は
買いに来た人の車でいっぱいになることも。ちょっと早めが良いかも。

チョイまとめ

・登山弁当店:早朝4:00から営業   事前予約制
・通常弁当店:6:00~昼過ぎまで営業 予約必要無し

登山弁当の注文の流れ

基本的な登山弁当の注文方法はどこも一緒です。

以下に簡単なフローで書きましたが、事前に予約して代金と引き換えにお弁当を受け取る流れです。
予備のお弁当は作っていないため、予約せずイキナリお店に行っても買うことはできません。

登山弁当の注文の流れ
  • 登山前日
    前日夜までに電話で弁当を注文
  • 登山当日
    お店は早朝4:00から営業
    店頭で代金を支払い予約していた弁当を受け取る
    ※『お弁当の八百八』だけは予約時に支払いが必要
  • トレッキングへGO!

早朝から受け取れる登山弁当店の紹介

ここからは屋久島の弁当店を紹介していきたいと思います。
まずは早朝から営業している登山弁当店の紹介です。

島むすび/宮之浦

屋久島 弁当 島むすび

宮之浦を起点にして早朝トレッキングに向かうなら『島むすび』の利用がおススメ。
朝食用のおにぎり弁当は550円、昼食用の弁当は600円~650円ほど。

店舗名島むすび
地域宮之浦
営業時間4:00~8:00
定休日無休
TEL0997-42-0770
前日予約 前日20:00までに予約
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2014年に福島から屋久島へ移住。同時に宿泊施設ヴィラウルーを開業しました。
国内外たくさんのお客様との出会いがあり今まで質問や旅行プランの相談など生の声をたくさん聞かせて頂きました。
これからも皆さんのお役に立てたら嬉しいです。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる