【屋久島の1月の気温はどのくらい?】1月の屋久島観光を楽しむポイント解説

【屋久島の1月の気温はどのくらい?】1月の屋久島観光を楽しむポイント解説

屋久島の冬の観光【冬のトレッキング】
ヤクスギランド安房線【屋久島 冬】

新しい年が明けて気持ちも新たになったところで『どこか旅行に行きたい!』と思う方もいると思います。

屋久島旅行を計画している方の中には『1月の屋久島の気温はどんな感じ?』『トレッキングは楽しめるの?』
こんな疑問を持つかたも多いのではないでしょうか。

今回の記事では1月の屋久島観光について気温やトレッキング情報・おすすめの過ごし方について
詳しく紹介していきます。

じゃらんクーポン なんでも

▶屋久島旅行をお得に楽しむなら【じゃらんクーポン】を必ずチェックするようにしましょう(^^)/
トレッキングツアーや登山用品のレンタル、クラフト体験などなんでも使えて600円~2000円も
安くなるものもあります。

例えば登山用品を【レンタルの山下】でレンタルする場合 1セット3,400円
この料金もクーポンを使えば600円以上安く利用できます。
▶【じゃらん】レンタルの山下 登山用品レンタル≫

もちろんトレッキングやダイビングなどのツアー料金もクーポンで安くなるのでぜひ
チェックしてみてくださいね(^^♪
▶【じゃらん】屋久島ガイドクラブ トレッキング&シュノーケルなどツアー予約≫

現在 2022年4月30日まで使えるじゃらんクーポンが配布中!!ぜひ活用してくださいね♪

▶【じゃらんクーポン】をチェックする≫

▶【じゃらんクーポン】が使える屋久島の遊び・体験をチェックする≫

目次

1月の屋久島の気温と気候について|気温・天候

屋久島の冬山

屋久島の1月の気温

屋久島の1月気温平地
縄文杉・白谷雲水狭
山岳
最高気温14℃5℃-5℃
最低気温8℃-1℃-11℃
屋久島の標高別気温

まず屋久島の1月の気温はこんな感じになります。
平地は平均で10℃前後なのでそこまで寒さは強くありませんが、縄文杉や白谷雲水狭・ヤクスギランドなどの
標高1000mあたりまで行くと平地とは10℃近く気温差がでてきます。

私自身も車の車外気温計を使って自宅からヤクスギランドまで行ったことがありますが、
日中自宅を出発した時は18℃くらいあった気温も、ヤクスギランドに近づくにつれて8℃程度にまで下がり
ヤクスギランド園内は結構冷え込んでいたことを思い出します。

更に標高の高い黒味岳や宮之浦岳などの山岳エリアの気温は常に氷点下の雪深い極寒の世界。
1月にトレッキングをするには適しません。

1月の天気や気候について

1月の屋久島は意外にも晴れる日が多いです。特に平地は気温もポカポカ暖かくとても過ごしやすいので
里をドライブ観光するには最適な時期だと思います。

ただ、冬の寒波が入ると天候は一変・・・
強い北西風が吹き荒れ、それに伴ってどんよりとした雲が広がり小雨が降り続けます。
寒波が入ると縄文杉や白谷雲水狭などのコースも雪で通行止めになることが多いです。

こんな荒れ模様になる寒波の到来ですが、そんな時でも島の南側だけは穏やかで天気が良い日が続きます。
その理由は冷たい北風を屋久島の高い山々が防いでくれるから、なので冬の屋久島は北側と南側で天気が違うという
現象がよく見られます。

島の南側に居ると風も穏やかで春のようにポカポカ暖かく春の装いで過ごせますが、車で島の北側に移動すると
どんより曇って冷たい北風が吹きつける天気に変わるので、着ていく服装選びにはご注意を。

1月に屋久島でトレッキングは楽しめる?

屋久島の冬の観光【冬のトレッキング】
屋久島の雪【屋久島 冬】

結論から言うと1月でもトレッキングは楽しめます。
縄文杉・白谷雲水狭・ヤクスギランドのある600m~1,300m付近でも一時的に雪が積もることはありますが、
気温があがると溶けてなくなるので、冬の間ずっと雪が残っている訳ではないんです。

ですが旅行予定日に寒波が到来してしまうとトレッキングコースへのアクセス道が雪と氷で覆われ通行止めになってしまう
ことも・・・。そうなると通行止め期間中はトレッキングに行くことができません。

1月にはこんなリスクがあるので『トレッキングを旅行の目的としている!』という方は考え直した方が良いかも。
寒波はいつやって来るのか事前には分からないので、リスクがちょっと大きいですよね(;^_^A

宮之浦岳などの山岳部はトレッキング不可です。

真冬の山岳エリアは一度積雪すると冬の間雪が溶けません。
雪山装備の準備はもちろん、雪山登山の専門知識が無いと非常に危険です。
もし行く場合には雪山装備の準備と屋久島の山を熟知したガイドさんの同行が必須です。

冬の屋久島の楽しみ方

屋久島の虹
モッチョム岳と虹【屋久島 冬】

寒波が入る状況によっては縄文杉や白谷雲水狭へのトレッキングができない場合がある、ということは先ほどお話ししました

人気の縄文杉や白谷雲水狭には行けないかもしれませんが、屋久島の里山トレッキングは真冬でも楽しめます。
むしろ里山トレッキングは冬がベストシーズンと言ってもいいかもしれません。

というのも里山は気温が高い時期に登るのが結構辛いんです。虫も多いですし真夏に登るのはあまりおすすめしません。
反対に真冬の里山は気温も丁度良く虫も少ないので快適にトレッキングを楽しめます。

冬に登るのなら『モッチョム岳』がおすすめですよ。
島の南側にあるので天気も安定していて、頂上から雄大な景色が楽しめます。

他にも冬ならではの楽しみ方があるので、興味のある方はこちらをどうぞ

まとめ

1月の屋久島は観光客の姿が少なくとても静かです。
賑わいがないのは少し寂しい気もしますが、それはそれで本来ある屋久島の森の静けさが体感できる希少な時期なので
ゆっくりと静かな時間を楽しみたいかたにはおすすめの時期だと思います。

真冬なので屋久島の観光はオフシーズン。
航空チケットや宿泊料金が格安で予約できるというメリットもあるので、興味のある方は1月の屋久島観光を検討
してはいかがでしょうか。

何か聞きたい事があればお気軽にお問合せください(^^♪

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2014年に福島から屋久島へ移住。同時に宿泊施設ヴィラウルーを開業しました。
国内外たくさんのお客様との出会いがあり今まで質問や旅行プランの相談など生の声をたくさん聞かせて頂きました。
これからも皆さんのお役に立てたら嬉しいです。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる