【12月の屋久島観光】トレッキングも可能!12月の楽しみ方や特徴を紹介

【12月の屋久島観光】トレッキングも可能!12月の楽しみ方や特徴を紹介

屋久島の12月の観光

12月に入ればどこの地域でもイルミネーションが設置され、すっかりクリスマスムードが高まってくる
頃だと思います。皆さんこの頃にはもう冬の装いですよね。

そんな中で12月に屋久島に行こうと思っている方は服装選びにお困りではないでしょうか?
南の島の暖かいイメージがある屋久島ですから『気温はどのくらいなのか』『何か他の時期との違いはあるのか』そんなことを考えてしまうと思います。

この記事では、そんな方々の為に12月の屋久島についての情報をまとめていますので
持っていく服装の選び方や旅行プランを立てるのに役立てて頂けたら嬉しいです。

この記事を読んでわかること

・屋久島の12月の平地&山の気温
・12月のトレッキング情報
・12月におすすめの楽しみ方
・屋久島の年末年始について

屋久島旅行を計画中で一人旅の方はいませんか?
一人旅の参考記事があるのでよかったら参考にして下さい。

目次

屋久島の12月の気候・気温とその特徴

屋久島 観光スポット ヤクスギランド
ヤクスギランドの東屋 【屋久島】

南の島の屋久島でも12月になればグッと気温が下がります。
それでも本土の寒さと比べれば全然暖かいと思うのでご安心を

まずは12月の気温はどんな感じなのか、下に標高でエリア分けした気温を記載しましたので
参考にして下さい。

屋久島の12月の気温

平地エリア(里)
 平均気温13℃ 最低気温10℃ 最高気温16℃

・標高600m~1300mエリア(白谷雲水狭・ヤクスギランド・縄文杉)
 平均気温9℃  最低気温6℃  最高気温12℃

・山岳エリア(宮之浦岳など)
 平均気温1℃ 最低気温-2℃  最高気温4℃
 ※積雪・路面凍結が始まる時期

平地は「東京」の4月・11月頃の気温と同じくらいなので、ダウンジャケットなどの防寒着は必ずしも必要ではないのが分かるかと思います。ただしトレッキングに行く場合には標高が違ってきますので、防寒対策はバッチリ決めていく必要がありますのでご注意。
特に休憩中は体が冷えて体調を崩す原因にもなります、上着は着なくても常備すると良いですよ。

12月でもトレッキングは可能

屋久島の冬の観光【冬のトレッキング】
ヤクスギランド安房線【屋久島1月】

白谷雲水狭や縄文杉に行く場合、1月・2月と比べると積雪の可能性は低いと言えます
このあたりの標高であれば雪が降っても数日で溶けてなくなるので一時的な場合が多いんです。

もし冬に白谷や縄文杉・ヤクスギランドを観光したいという方は12月を強くおススメします!
理由は年明け後の1~2月は雪の降る日が増えるので通行止めになる可能性が高まるから。
そなればトレッキングコースの入り口にすら行けなくなってしまいますので、
トレッキングを観光目的としている方にとってはリスクが大き過ぎますよね。

宮之浦岳などの山岳エリアは積雪や路面凍結が始まる時期なので、雪山経験の無い方やアイゼンなどの装備を持って来ていない方は危険なので絶対におすすめしません。
もし行く場合には屋久島のガイドさんを依頼するようにしましょう。

屋久島の12月観光の特徴と楽しみ方

縄文杉トレッキングトロッコ道
縄文杉コースのトロッコ道【屋久島】

12月の屋久島は来島される観光客の数もかなり少なくなるオフシーズン
逆に言えば観光スポットをゆったりのんびり巡ることができる時期とも言えますね。

トレッキングに行く人も少ないので静かな屋久島の森を体感できるのも大きなポイントです。
とっても静かな屋久島の森の中で過ごす時間はこの時期にしか体験できない貴重なもの。
私個人的には12月の観光は結構おすすめです(^^♪

他にもある楽しみ方を幾つか紹介しますね。

縄文杉トレッキングに車で行ける(登山バス運休期間)

12月1日からは屋久杉自然館と荒川登山口の間を運行する登山バスが運行しません。
 ≫屋久島山岳部保全利用協議会 車両乗り入れ規制について

そのため縄文杉トレッキングコースに行くためにはレンタカーもしくはタクシーで行く必要があります

ということはレンタカーで気軽に荒川登山口まで行き、好きな時間に帰ってOKということになるので

コース序盤の景色だけを見て帰るのもよし!トロッコ道だけ歩いて帰るのもよし!ウィルソン株の♡を見て帰るのもよし!という自由なプラン作りができるんです。

折角なので縄文杉は見てもらいたいですが、体力的に自身の無い方やお子様連れの方など
縄文杉コースのトロッコ道の雰囲気だけでも楽しみたい!という人には12月はおすすめの時期です。

ポンカンの収穫時期

屋久島 特産品 ポンカン
屋久島産ポンカン 【生産者:ヴィラウルー

屋久島の特産品『ポンカン』
今では全国に産地があるポンカンですが、屋久島の収穫時期は早く12月からスタートします。

早ければ12月上旬、遅くても中旬になれば島内の無人市や土産屋施設、Aコープなどのスーパーにも
島内産のポンカンが並びます。

屋久島の温暖な気候で育ったポンカンは他の地域のポンカンよりも味わいが良くコクもあり
とても美味しいと定評があります。

無人市やぽんたん館などでは格安で買えるので、12月屋久島に行くなら是非屋久島産ポンカンを
食べてみて下さい。

宿泊料金が安い&臨時休業のお店多い

オフシーズンとなる12月。
宿泊施設は料金をオフシーズン料金に設定していることが多いので他の時期よりも宿泊費を
抑えられます。費用面でもメリットがあると言えますね。

これは逆にデメリットになりますが、
観光客の来ない時期なので個人経営の飲食店やショップなどは冬季休業するところも多いです。
長期休暇をとって『本土の実家に帰省する』とか『冬は別事業をしている』というオーナーさんが
いるので、特に冬は営業しているかどうかを事前にお店と連絡をとっておくのがおススメですよ。

屋久島の年末年始

年末年始はスーパー・飲食店も含め営業時間を短縮したり、休業するお店が多いです。
元旦は殆どのお店が休業になり、Aコープなどのスーパーもお休みします。食料などの買出しは
前日までに済ませておきましょう。

年末年始の営業はお店によってマチマチです。
行こうと思っているお店には事前に確認し予約をとっておくことをお勧めしています。

というのも、毎年年末年始は観光の方も結構数訪れるから
飲食店が込み合うことも考えられるので事前予約するのが良いかと思います。

また、ホテルの予約も早くから埋まってしまう傾向があるので宿泊先も早めにとるようにしましょう。

まとめ

以上。今回は12月の屋久島について色々書き出してみました。
12月はオフシーズンではあるものの『充分なメリットのある良い時期』という事が分かって
頂けたかと思います。

12月に屋久島旅行を計画している方の為に少しでもお役に立てたら幸いです。

冬にしか楽しめない観光体験をまとめた別記事もあるので、よかったら読んでくださいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2014年に福島から屋久島へ移住。同時に宿泊施設ヴィラウルーを開業しました。
国内外たくさんのお客様との出会いがあり今まで質問や旅行プランの相談など生の声をたくさん聞かせて頂きました。
これからも皆さんのお役に立てたら嬉しいです。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる