屋久島についてご不明な点があればお気軽にご相談下さい♬ お問い合わせ

屋久島の天気予報は当たらない?|変わりやすい屋久島の天気の確認方法

屋久島の天気予報はなぜ当たらない

屋久島の天気予報は当たらない?|変わりやすい屋久島の天気の確認方法

屋久島の天気予報はなぜ当たらない

屋久島に来た観光者のブログやSNSなどで『屋久島で天気予報が外れた』といった書き込みを見かけることがあります。

私自身も屋久島に住んでいて不意打ちの雨に合う事も多く、思っていた天気と違う!なんてことが結構ありますね(^^)/

屋久島では『屋久島』全体で表示されている天気予報をただ見ても役に立たないことが多いんです。

この記事ではなぜ屋久島の天気予報は外れるのか、天気予報のチェックする精度を上げるにはどうしたらよいのか、これらについて解説していきます。

普段から屋久島で暮らしている私達なら多少天気予報が当たらなくても大して気になりませんが、旅行者の場合はトレッキングや観光スケジュールを決める重要なポイントになります。

屋久島の天気の予報の仕方について、旅行前に知って頂ければと思います。

目次

屋久島ではなぜ天気予報が外れるのか?その原因

そもそも、屋久島の天気予報が外れたと思われてしまうのはなぜでしょう。

天気予報の精度は日々進化していますし、今では細かいエリアごとの天気の予測も可能になっていますよね?

それではなぜ天気が違ってしまうのか・・・

それは天気予報の精度の問題ではなく、屋久島の天気が場所によって違うことがあるから

屋久島の地図

屋久島は周囲を黒潮が通る暖かな海に囲まれ、島の中央部には九州最高峰【宮之浦岳】をはじめ標高の高い山々がそびえるとても特殊な地形の場所。そのため、風の吹き込む方角によって雨の降る場所が変わることが多いです。

風が吹くことで暖かい海から発生する水蒸気が島に押し流され、屋久島の急な山間部を押しあがり雨雲が発生します。

これにより風の当たる側のエリアは、でも山を越えた反対側のエリアまでは雨雲が流れにくいため晴天という現象が起こります。場所によって天気が違う屋久島の謎現象のメカニズムはこんな理由なんです(^^♪

なのでおそらく天気が外れた!と思うのは、屋久島全体(一纏め)の予報しか見ていないからだと思います。

Yahoo!天気などのウェザーサイトを見ても屋久島の天気は一纏めで紹介されます。隣の種子島は『西之表市』『中種子町』『南種子町』の3カ所に分けて天気予報されていますが、屋久島はなぜか『屋久島町』のみ。

屋久島町の天気をウィザーサイトでざっくり見ていても天気が違う場合があるのは明白ですよね。

屋久島で天気に注意しなければならない場合には、必要な方法で自身で情報を取ってくる必要があると思います。

屋久島での天気の読みかた

それではどんなふうにして天気を把握するのが良いのか。

高気圧に覆われていたり、前線が通ることもなくしばらく天気予報でも晴れマークが続いているようなら天気の大崩れを心配する必要はありません。心配なのは天候の変わるタイミング、大気が不安定な時です。

島の反対側で天気が違うように平地と山の中でも天気が違うことは多いです。『里は晴れているのに白谷雲水狭は雨が降っていた』なんて話しを宿泊のお客様から聞く機会も何度かありました。

天気が心配な時、トレッキングに行こうか悩む場面もあるかと思います。そんな時は以下の方法で情報収集して判断するようにしましょう。

天気予報サイト

屋久島の風向き 雨の強さWINDY
【Windy】:風の流れや雨の強さが視覚的に分かり易く見る事ができます。

全体的な天気予報だけでなくタイムリー&スポットな情報が分かる雨雲レーダーを活用するのが一番おすすめです。

【Windy】は風の流れや雨の強さが文字や数字でなく、ビジュアル的な表現で確認ができるのでイメージし易く分かり易いです。

これらツールを天候が不安定な時に活用して、その後の観光スケジュールをどうするか検討するようにしましょう。

トレッキングを見送った方が良い状況

天気を予測するツールを紹介してきましたが、明らかに『山に入るのは止めた方がいい!』という状況はあるのでその辺りをお知らせします。

①台風接近時
②積雪・凍結時
③停滞前線通過時

①台風の時は誰も山に行こうと思わないと思いますが、もちろんダメです(笑)。平地では大したことないと思っていても山の中は状況が全く違います。

②は真冬の場合ですね。基本雪が降ると山へのアクセス道路も通行止めになるので、そもそも山に行くことが出来なくなります。もし雪山に行くのであれば屋久島の山を良く知っている地元のガイドに相談するようにしましょう。

③停滞前線通過時。とくに5月下旬~7月にかけての梅雨前線の動きには特に注意です。梅雨入りしてからは梅雨前線が上下に行ったり来たりしますが、前線のラインが屋久島にかかると天気が大荒れします。

昼夜問わず長いと数日の間雷がゴロゴロ鳴り続き土砂降りの雨が降ります。この時期に観光される方は梅雨前線の動きをよく確認するようにしましょう。

トレッキング雨天中止の判断・安全面からガイドがおすすめ

屋久島でトレッキングを楽しむ際天候が安定しているなら心配はいりませんが、こればかりは旅行当日にならないと何とも言えませんね。

もし天候の判断が自身で難しいと感じる方はトレッキングガイドをお願いするのも手だと思います。ガイドを利用すれば安全面は勿論のこと屋久島の歴史や島に自生する植物などの情報を楽しく教えてくれるので、屋久島をより深く知ることができます。宿までの送迎を行っているガイドも多いので必要であれば検討してみて下さいね。

屋久島でガイドや装備レンタル・シュノーケル・カヤックなどのアクティビティを予約するなら直接予約よりも【じゃらん】からの予約がおすすめ。

その理由は2つ

  1. 【じゃらん】で申し込めばじゃらんポイントがたまる
  2. 【じゃらんクーポン】が使える場合が多く1割以上安くなることがある

『じゃらんポイントは普段から使わないんだけど・・・』という人でもじゃらんポイントはローソンなどで貯まるPontaポイントに交換できるので無駄にはなりません。

じゃらんクーポンは年に結構な頻度で配布されます。旅行に行くことを決めたらまずは【じゃらんクーポン】をチェックするようにしましょう。

屋久島で楽しめるアクティビティをジャンル別にまとめていますのでぜひ参考にして下さい。【じゃらんクーポン】についても紹介しています▼

屋久島の天気予報はなぜ当たらない

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URL Copied!
もくじ
トップへ
目次
閉じる