屋久島の人気トレッキングコース紹介|コースの所要時間や難易度について解説

屋久島の人気トレッキングコース紹介|コースの所要時間や難易度について解説

縄文杉トレッキングトロッコ道
縄文杉コースのトロッコ道【屋久島】

屋久島には毎年たくさんの観光客が訪れています。
観光客の皆さんが屋久島に来る主な目的は屋久島の自然を直に感じられるトレッキング。

この記事では、屋久島にある主なトレッキングコースの紹介と、
そのコースの往復にかかる所要時間・コースの難易度・その他注意事項についてまとめています。

屋久島で楽しむトレッキングコース選びの参考になれば嬉しいです。

屋久島のトレッキングコース

白谷雲水狭のヤクシカ
苔むす森のヤクシカ【屋久島 白谷雲水狭】

屋久島は約9割が森林で覆われている島です。
そのため無数のトレッキングコースが存在し、それを目的に何度も屋久島を訪れる方もいます。

どのコースを歩いても日常見ている風景とはまるで別世界。
屋久島の自然の豊かさを感じてもらえると思います。

運動を普段からやっていない方もいますし、体力に自信がある方もいると思います。
自分の体力に合った無理のないトレッキングコースを選んで屋久島の自然を楽しみましょう。

それでは屋久島を代表するトレッキングコースについて紹介していきたいと思います。

ヤクスギランドコース

苔むした森【屋久島】
ヤクスギランドの森【ヤクスギランド 屋久島】

どこかレジャー施設感があるネーミングですが、ここも列記としたトレッキングコース
標高1000m付近の樹齢千年を超える屋久杉の原生林の中を歩くことが出来ます。

ヤクスギランド内は「30分コース」「50分コース」「80分コース」「150分コース」の4コースで
構成されているので、体力に合わせたプランを立てる事ができますね。

「30分コース」と「50分コース」は路面が舗装されているのでとても歩きやすく
小さなお子さんがいても安心です。
この辺りまでなら本格的なトレッキングの格好は必要なく、島内周遊バスツアーなどのコースにも
組み込まれている気軽に自然散策が楽しめるトレッキングコースになっています。

しかし「80分コース」「150分コース」に入ると整備された歩道も無くなり、木の根や岩を越えながら進むようなワイルドなコースになります。

観光シーズンである夏休みの時期でも縄文杉や白谷雲水狭に行く方が多いようで、
意外にも人が少なく静かな状態の森を散策できるのも良いポイント。
小川の脇や東屋など休憩によさそうな場所も沢山ありますので、里でお弁当を買って一日かけて
ゆっくりまわるのもおすすめの過ごし方ですよ。

 ヤクスギランドコース
   難易度        
  全 長(往復)    約3km(150分コース)
所要時間目安(往復)  約3時間(150分コース)

標 高        1000m~1100m
  登山高低差       約100m
  コース      30分コース、50分コース、80分コース、150分コース

  駐車場        ヤクスギランド駐車場

白谷雲水狭・太鼓岩コース

苔むす森【屋久島 白谷雲水狭】
苔むす森【屋久島 白谷雲水狭】

スタジオジブリ映画「もののけ姫」に出てくる森のイメージをつくりあげたと言われる緑深い森です。
屋久島に来た人は必ず訪れると言ってもいい一番の人気観光スポットです。

名のある屋久杉が立ち並び、何百種類もの苔に覆われた「もののけの森」や見事な眺望が楽しめる「太鼓岩」といったみどころ満載のトレッキングコースになっています。

本格的なトレッキングの経験がない方や、体力にあまり自信がない方でも
ゆっくり休憩をとりながら進めば太鼓岩までたどり着くことができるので、初心者にもおすすめできるスポットと言えます。

ただ、このトレッキングコースは白谷川に沿って歩いたり沢を渡ったりもするので、
天候が不安定で急激な雨が予想される場合には無理して行こうとせずに、予定変更または中止の判断を
するようにしてください。川が急激に増水して渡れず帰れなくなってしまうこともありますのでご注意ください。

屋久島レクリエーションの森保護管理協議会HPでは、
ヤクスギランドと白谷雲水狭の天候・気温などの最新情報を発信しています。
現在の状況を把握する為にも入山前には確認しておくと安心です。
  ≫屋久島レクリエーションの森保護管理協議会

 白谷雲水狭・太鼓岩コース
   難易度          
 全 長(往復)    約5.6km(太鼓岩コース)
所要時間目安(往復)  約5時間(太鼓岩コース)

  標 高        600m~1050m
   登山高低差        約470m
  コース       弥生杉コース、奉行杉コース、太鼓岩コース

 駐車場       白谷雲水狭駐車場

縄文杉日帰りコース

ウィルソン株の♡【屋久島 縄文杉コース】
ウィルソン株の♡【屋久島 縄文杉コース】

推定樹齢7200年と言われる「縄文杉」に会いに行く屋久島を代表するトレッキングコースです。
片道11kmの内8.5kmはトロッコ軌道の平坦な道を歩いていきますが、後半の2.5kmは
登りが険しい原生林の中を進んでいきます。

早朝から出発して往復約10時間もかかる、けっこう気合の要るトレッキングコースです。

トロッコ道の途中には屋久杉を搬出していた時代に人々が住んでいた「小杉谷集落」の跡地があり、
小中学校の校庭や石垣など当時の暮らしを思わせるものが今でも残っています。

樹齢1000年以上の屋久杉がたくさん見られ、樹齢3000年と言われる大王杉や
切り株上部の洞が♡に見えるウィルソン株など、縄文杉に会うまでの途中にも有名スポットがいくつもあるので、道中飽きることなくトレッキングを楽しめると思います。

大変なコースではありますが、その分すごく達成感を感じられると思いますよ。

 縄文杉コース
  難易度        
 全 長(往復)      約22km
所要時間目安(往復)    約10時間(標準時間)

 標 高         1300m
登山高低差         約700m
 駐車場         屋久杉自然館駐車場

西部林道コース

ヤクサルの群れ
屋久島のヤクサルの群れ

西部林道がある場所は唯一海岸部で世界自然遺産に入っている地域なんです。

縄文杉や白谷雲水狭の森とは全く違い、照葉樹林が広がっていて、
改めて屋久島の特徴である「森林生態系の多様性や幅広さ」を感じさせてくれる場所です。

もちろん人家が無い場所なので野生のヤクシカや野生のヤクサルがたくさん生息していて。
ここはヤクシカとヤクサルの楽園ともいえる場所です。
車で通ると驚いて逃げてしまう動物たちも、こちらが静かにしていると普段見せないような
リラックスした姿を見せてくれたりもします。

他にも美しい渓流や東シナ海の眺望なども楽しめるスポットです。

 西部林道コース
  難易度      
 標 高        0m~200m
所要時間目安    3~6時間(全域往復した場合)

蛇の口滝コース

尾之間温泉脇の「尾之間歩道入口」から約4km先にある名瀑「蛇の口滝」を目指すコースです。

蛇の口滝は「千尋の滝」「大川の滝」と並ぶ屋久島の名瀑の一つです。
他の2つの滝は車で行けるドライブスポットですが、蛇の口滝は亜熱帯のジャングルの様な森や
照葉樹林の森を3時間歩いてやっとたどり着ける幻の滝です。

コースは尾之間歩道とも呼ばれていますが険しく決して楽ではない登山コースなので、
しっかりとしたトレッキングの準備をして臨むようにしましょう。
また、鬱蒼としたジャングルのようなコースだということもあって目印が確認しにくい場所も・・・
コースを外れてしまう可能性もあるので目印をしっかり確認しながら進むようにした方が良いです。

とはいえ落差30m横幅100m岩肌を静かに流れ落ちる蛇の口滝は一見の価値あり。
しっかりとした装備でトレッキングに挑みましょう!

下山後はすぐに尾之間温泉に入って疲れを癒すことができたりもするので、屋久島の定番スポットを
外した少し変わった旅行プランが立てられるトレッキングコースかと思います。

温泉についてはこちらの記事で紹介していますので、合わせてご覧ください。

 蛇の口滝コース
  難易度        
 全 長(往復)      約8km
所要時間目安(往復)    約6時間

 標 高        80m~500m
 登山高低差        約410m
 駐車場       尾之間温泉駐車場
              (邪魔になりにくい外れた場所に駐車するのが〇)

モッチョム岳コース

本富岳(屋久島)
モッチョム岳(屋久島)

当館(ヴィラウルー)の後ろに聳え立つインパクトが凄い山がモッチョム岳(本富岳)
その天に突き出た特徴的な姿から「東洋のマッターホルン」とも呼ばれています。

森の中を歩くトレッキングコースとは違い、モッチョム岳コースは終始登山コースです。
全体の距離としては長くはないですが、その佇む姿の通りず~っと急な登りが続く非常に険しい
トレッキングコースです。

頂上から見える景色は眼下に小さく見える集落と海岸線、そしてどこまでも広がる大海原。
キツイ道のりを登って来たからこそ味わえる絶景がここにはあります。

距離の短さや里山ということに油断して午後から行こうとする方もいるかもしれませんが、
かなり大変なコースなので日没時間が迫ってしまい焦ることで思わぬ事故につながることも
考えられます。
綺麗な青空と紺碧の海が一番綺麗に見えるのも昼過ぎの時間帯なので必ず午前中から
出発するように心がけるようにしましょう。

 モッチョム岳コース
  難易度        
 全 長(往復)      約6km
所要時間目安(往復)    約7時間

  標 高         940m
 登山高低差        約729m
  駐車場       千尋の滝駐車場

まとめ

屋久島を代表するトレッキングコースについてまとめてみました。
山に入るときには入山届を出したり、宿泊施設の方にきちんと行き先を伝えておくなど
万が一遭難や事故があった際にすぐに救助に向かえるような対応をすることが鉄則です。

屋久島では毎年必ず山での遭難事故が発生しています。
事故を未然に防ぐためにも装備品などの事前準備と無理のないコース選びはとても大切です。

自分達だけでのトレッキングに不安を感じる方は屋久島には頼りになるトレッキングガイドさんが
たくさんいますので、ガイドをお願いするか団体のツアーに申し込むようにすると安心です。

屋久島の大自然を満喫して欲しいと思います。

記事をご覧頂き有難うございました(^^♪

コメント