屋久島の台風の時期はいつ?停電や欠航の影響について【屋久島観光】

屋久島の台風の時期はいつ?停電や欠航の影響について【屋久島観光】

屋久島の台風 海

日本では毎年必ず台風が発生していますが、
屋久島を含む九州南部は多かれ少なかれ毎年の様に台風の影響を受けています。

今回は屋久島を観光するなら事前に知っておきたい 台風の影響について書いていきたいと思います。

屋久島に台風が接近するシーズンについて

屋久島の海

屋久島はどのくらい台風の影響を受ける場所なのか、まずは気象庁の統計データを見てみました。

九州南部への接近数
台風の中心が宮崎県、鹿児島県の薩摩地方、大隅地方、種子島・屋久島地方のいずれかの気象官署等から300km以内に入った場合を「九州南部に接近した台風」としています。

気象庁ホームページより

気象庁ではこのような定義で九州南部への台風の接近数を統計をとっているのですが、
このデータをざっくりと過去40年間(1981年~2020年)まで見て分かることは・・・

  • 過去40年間 九州南部に接近した台風の年間平均数は3.68個
  • 最も少ない年で1個、最多の年は9個接近
  • 7月~9月の接近数が全体の7割以上を占めている
  • 6月と10月に接近する年もあり全体の2割程度

結果的に「6月~10月」までの接近数が全体の9割を占めるので、他の時期に関しては
台風直撃のリスクはかなり少ないといえます。

気象庁|九州南部への接近数

とりあえずは1月、2月、3月、4月、5月、11月、12月は台風のリスクが少ないので
これらの時期に屋久島旅行を計画されている方は、少し安心できたのではないでしょうか。

台風が来ると屋久島ではどんな影響がでるのか

続いては「台風が来ると受ける影響」についてです。
強風や大雨が降るような台風の直接的な影響と、台風が遠くにあっても海が荒れて影響を受ける間接的な影響がありますので、こちらでまとめてみました。

台風の影響① 停電が高確率で起こる

屋久島全域に電気を供給している電線は県道に沿って引かれています。
県道沿いには大きな木が立ち並ぶような場所もあり、その枝と電線が接触することによって断線し停電を起こすことが度々あります。

なので台風レベルの暴風が吹けば、ほぼ間違いなく停電になります。
更に台風が過ぎ去ってくれないと復旧作業は行えず停電も長期的になりやすいので、次の様な
準備を事前にしておきましょう。

  1. 電気を使わなくてもよい食べ物や飲み物を事前に買出ししておく
  2. 食事は早めに済ませる (台風接近や停電になれば飲食店も臨時休業になります)
  3. お風呂は早めに済ませる(停電になればお湯が沸かせなくなります)
  4. 携帯・スマホの充電は満タンにしておく(情報収集・緊急連絡方法の確保)

この4点について停電になる前に前倒しで済ませておくことをおススメします。
もちろん台風の影響が強まってからの外出は危険ですのでその前に準備するようにしましょう。

台風の影響② スーパーの品物が何も無くなる

台風の影響で一番困ってしまうのがスーパーの棚から品物が一切無くなってしまうこと、
買いたいものが手に入らないので観光客の方は注意が必要ですよ。

屋久島に毎日生活物資を運んでくれているのは午後12時30分に宮之浦に入港する「フェリー屋久島2」なんですが、台風の影響で波が高くなってくるとフェリーが欠航してしまうので
その結果、食料や日用品などスーパーに並ぶはずのものが屋久島に入ってきません。

そうなるとパン類や乳製品から在庫が無くなりはじめ、
そしてこれが2日、3日と続くとスーパーの品物が次第に空っぽになっていきます。

私が経験した中での最長記録が2021年7月にあった1週間のフェリー欠航。
この時の台風は屋久島に近づかず遠くを通過する予報だったので強風が吹くことなく天気も良かったのですが、海上が荒れた影響によって早々にフェリーが欠航になり長期化してしまいました。

このように台風の暴風を受ける直接的な影響以外にも、遠く離れた台風から受ける間接的な影響もあるので、もし台風が発生した場合には進路や波の状況など情報収集しておくことをおすすめします。

台風が直撃する予報なら旅行の延期も視野に入れて

屋久島 台風一過
台風一過【屋久島】

皆さん屋久島旅行に行く数日前には必ず天気予報をチェックすると思いますが、
台風が発生していて「どうやら屋久島の旅行日あたりに最接近しそうだ!」といった場合には
旅行の延期も視野に入れながら検討するようにしましょう。

屋久島に台風が近づくとフェリーや高速船、飛行機も早めに欠航しますので、移動予定日に影響が
出れば そもそも屋久島に入ることが出来ません。
逆に島に居るときに台風が直撃すれば帰宅予定日に島から出られなくなってしまうこともあります。

ホテルやツアーガイドによっては台風の影響により交通機関がストップして屋久島に来れなくなった
場合のキャンセル料がかからないケースもあります。
予約時には必ずキャンセルポリシーを確認するようにしておきましょう。

発生している台風の影響がどれ程なのかが分からない時には
予約している宿泊施設やガイドなどに前以て相談しておくことが大切です。

快く対応してくれると思いますので、まずは気軽に連絡をとってみる事をおすすめします。

台風意外にも屋久島に来る皆さんに知っておいてもらいたい屋久島観光に役立つ情報を紹介しています。是非こちらも読んでみてくださいね。


コメント