屋久島は何県にあるの?【屋久島の場所・特徴・天気について】

屋久島は何県にあるの?【屋久島の場所・特徴・天気について】

「いつか訪れてみたい世界遺産」「今後訪れてみたい世界遺産」についてのアンケート調査などを
見ると必ずと言っていいほど屋久島はランキング上位に入っていますよね。

「世界自然遺産の島」「スタジオジブリ映画もののけ姫の舞台となった場所」ということで、
屋久島の名前は多くの人が認知しているということがアンケートの回答から分かります。

でも屋久島の名前は知っていても実際にどんな場所なのかよく分からない方も多いはず。

この記事では、改めて【屋久島ってこんな場所です!】ということを書いていきたいと思います。

これから屋久島旅行を検討しようとしている方に予備知識として役立てて頂けたら嬉しいです。

屋久島はどこにあるの?【屋久島の場所について】

海から見た屋久島
海上から見た屋久島

「屋久島ってどこにあるの?」「屋久島って何県?」「屋久島って沖縄だよね」
島外の人と話をする時、こんな質問をされることが実際多いんです。

知名度はある屋久島ですが、まずどこにある島なのか知らない人が多いことにびっくりしました。
沖縄の本土から遠く離れた離島だと思っていた人も少なからず居て、旅行に行くには
飛行機と船を乗り継いで長時間の移動を強いられる・・・
そんなイメージをしていたそう。

屋久島も飛行機の直行便が少ないのでアクセスが良いとは正直言えませんが、
南西諸島の中では意外にも本土に近い場所にある島なんです。

屋久島は九州本土最南端にあたる佐多岬の南南西約60kmに位置する島です。
島へのアクセスは、鹿児島本港からの高速船やフェリーと鹿児島空港・福岡空港・大阪伊丹空港からの直行便を利用することになります。

詳しい屋久島までの行き方はこちらの記事でまとめていますので、合わせて参考にしてください。

屋久島はこんな島 【屋久島の特徴について】

白谷雲水狭【屋久島】
白谷雲水狭【屋久島】

屋久島の場所が分かったところで続いては、屋久島の特徴についての紹介。
『屋久島はどんな魅力がある島なのか』『どうして世界自然遺産に選ばれたのか』・・・など島の特性をお話ししたいと思います。

屋久島の大きさについて

屋久島の面積504.29k㎡、周囲130km、東西距離約28km、南北距離約24km
全体的に円い形をしている島です。

島の外周に沿って1周ぐるりと「県道77号線、78号線」が通っています。

そんな島の形と1本通っている道路を利用して
屋久島では島の場所を示す際に時計の文字盤の位置をイメージしながら
「2時の場所」とか「「11時の場所」と言い表すことをします。

更には県道を車で右回りで巡る際には「時計回りで・・・」という説明をしたり
その逆であれば「反時計回りで・・・」という言い回しは分かり易いのでよく使われます。

屋久島は日本全国の島の中で7番目に面積が広い島です。
鹿児島県では奄美大島に次いで2番目。
意外にも大きな島であることが分かるかと思います。

実際に当館に宿泊されたお客様からは
「思っていたよりも広い島ですね」「思っていたより島を1周するのに時間がかかりました」という
声がよく聞かれます。

この様に実際に来てみると意外と時間がかかる事が分かるかと思います、

移動する際には所要時間を事前に確認するようにしましょう。

世界自然遺産登録について

屋久島は島の9割が森林で、島の21%107.47㎢が世界自然遺産として登録されています。

1993年に姫路城、法隆寺、白神山地とともに日本で初めて世界遺産になりました。

世界遺産に認定された大きな理由は、植物の多様性です。

屋久島は海抜0mから九州最高峰宮之浦岳の標高1936mまで大きな標高差がある島で、
その標高の違いから亜熱帯気候、温帯気候、亜寒帯気候の地域があります。

日本列島が凝縮された島だとよく表現されますが、この幅広い気候のおかげで屋久島では
多様性のある植生分布がつくられているんです。植生の垂直分布と呼ばれています。

屋久島は1つの島に沢山の種類の植物が存在する特別な島だということが分かるかと思います。
驚異的な樹齢の屋久杉の存在だけでも凄いと思ってしまいますが、この屋久島の生態系の特異さを知ればさらに屋久島の森を歩く楽しさもあがりますね(^^♪

屋久島の天気

屋久島の雨 天気
雨の屋久島

屋久島では『ひと月に35日雨が降る』と表現されるように、雨が多いことで有名ですよね。
日本の平均的な年間降水量がおよそ1500ミリなのに対し、屋久島では平地でも年間4000ミリほど、
山の上では年間10,000ミリ以上降ることもあります。

屋久島がいかに雨の多い島かが分かるかと思います。

では、なぜ屋久島ではこんなに雨が多いのか?

その理由について見ていきたいと思います。

屋久島の雨と黒潮の関係

屋久島付近の黒潮
屋久島近くを流れる黒潮の流れ

この画像は赤道付近から日本近海に流れ込んでくる黒潮の本流の様子
赤道付近で温められた黒潮が屋久島のすぐ近くを通っているのが分かるかと思います。

そのため屋久島付近の海水温は年間通して暖かく20℃~30℃になっています。

そしてこの黒潮の暖かい海水温というのが雨をつくる一番のポイント。
暖かい海からは大量の水蒸気が発生しますので、その水蒸気が風に乗って屋久島の急峻な山肌を
駆け上がるとやがて雲になり大量の雨を降らせる、という仕組みになっています。

暖かい海水温から大量に供給される水蒸気と屋久島の高い山々の関係性が、
屋久島で雨が多い最大の理由です。

暖かい黒潮から大量の水蒸気が発生
       ↓
発生した水蒸気が屋久島の急峻な山々を駆け上がることで雨雲になり大量の雨を降らせる
       ↓
地上に落ちた雨は川を下って海にたどり着き再び水蒸気に・・・

このように屋久島を取り巻く環境の中で水の循環が延々と繰り返されています。
屋久島は言わば「水の島」ともいえるのではないでしょうか。

屋久島は場所によって天気が違う

屋久島では同じ時間でも「平地と山中」、「島の北側と南側」など、場所によって天気が違うんです。

この現象は屋久島の中央に標高の高い山々があるために起こります。
風が当たる側の地域は上記の理由により雨雲ができますが、屋久島の高い山で雲がせき止められるので風の当たらない反対側の地域には雲が発生しない、というのがこのメカニズムです。

なので、島の北側と南側の天気が違うという事は屋久島では珍しくなく
車でドライブしていると天気の違いがよくわかります。

里と山間部でも天気が違うことも多いので、屋久島では天気予報は必須ですが
加えて今後の雨雲の状況が分かる天気情報も必ずチェックするようにしましょう。

まとめ

以上、今回は屋久島の場所や特徴ついてまとめてみました。
屋久島について少し理解して頂けたでしょうか。

屋久島はトレッキングを目的に訪れる方が多い場所ですので、
特に屋久島のお天気事情については是非知っておいてもらいたいと思います。

今後も屋久島観光に役立つ情報を書いていきますのでよろしくお願いします。

コメント