夜の屋久島ドライブはヤクシカに注意!【安全に屋久島観光を楽しむ方法】

夜の屋久島ドライブはヤクシカに注意!【安全に屋久島観光を楽しむ方法】

ヤクシカ
ヤクシカ【屋久島 西部林道】

今回は安全に屋久島観光を楽しむためのちょっとした注意点について解説しています。
ヤクシカと車の衝突事故事例は意外と多いので、この記事を参考にして注意して頂けたら嬉しいです。

夜ドライブでヤクシカに注意するポイント

屋久島 ヤクシカ
ヤクシカは結構な斜面でも登っていきます【屋久島】

西部林道や白谷雲水狭で見かける可愛いヤクシカですが、けっこう沿岸部の方にも姿を現します。
この島全体が自然豊かな場所なのでどこにでも生息しているんですね。

民家があるような場所でも平気で出没するので、
「畑で育てている野菜が食べられてしまった!」という話をよく耳にします。

屋久島では「人2万・シカ2万・サル2万」という人と同じくらい多くのヤクシカやヤクサルが住んでいるという表現があるように、ヤクシカは意外にも集落周辺にも多く生息しているんです。

でも、昼間トレッキング中や西部林道で出会うのんびりした雰囲気の場面なら良いのですが
県道を車で走行中に急に出て来られるとこれが結構危ないんですよ。

屋久島の自動車保険会社の方に聞きましたが、
島内でもっとも多い事故は、「スーパーの駐車場の追突事故」と「ヤクシカとの衝突事故」
可愛いヤクシカですが、運転中は気を付けなければならないことがわかったかと思います。

そして、ヤクシカに注意しないといけないポイントは次の2つです。

  • 夜暗くなると事前に見つけにくい
    昼間なら道脇にいる姿が見つけやすいヤクシカですが、夜は暗い場所に潜んでいれば
    飛び出す前に見つける事は難しいです。更に対向車のライトがあると見辛くなるので、
    そんな時は減速して注意しましょう。
  • 高さのある所から飛び降りてくることがある
    ヤクシカは急な岩壁を登ったり、高さのある場所から飛び降りることもできます。
    県道脇の地面を歩いて出てくれば回避し易いですが、道路脇に高低差がある場合は
    その高台から車の目の前に飛び降りてくる可能性もあるのでご注意下さい。

そうなんです、暗いところから急に飛び出してこられると回避するのは難しいんです。
ましてや目の前に上から降ってくるのは、もう反則ですね。回避不能です。

実際私も2回ほど目の前で回避したことがありましたし、友人はヤクシカと衝突して車を修理に出した事がありました。オスの大型のヤクシカにでも衝突したらと思うとちょっと怖いですよね。
屋久島で夜のドライブはちょっとリスクがあることが分かってもらえたかと思います。

ヤクシカとの衝突事故を回避する方法

続いてはヤクシカと衝突しないようにするにはどうしたらよいか、について

  • 日が落ちたらスピードを落とす
    ヤクシカが車道に飛び出してくるのは夜が多いです。辺りが暗くなってきたら減速して走るようにして、前方だけではなく左右にも気を配るように心がけましょう。
    また、ヤクシカの早期発見とヤクシカに存在を知らせる意味でも対向車がいない時には
    ライトを遠目にして走行するとよいです。
  • できるだけ車群で走る
    他に同じ方向に走る車がいるならその後に付いて、何台か連なって走る方が
    ヤクシカに存在をアピールできてよいと思います。
    私の2度の体験でもヤクシカが飛び出してきたのは、単独走行時と前を車との距離が結構開いていた状態の時なので、できれば車群に紛れるのが〇
    ※屋久島では19時を過ぎれば帰宅者の車も居なくなるので、殆ど他の車は居なくなります。
  • 夜はあまり外出しない
    突き詰めると結局この答えになるのですが
    屋久島では夜に観光できる場所も少ないので、夜は宿泊施設内での滞在を楽しむ時間に
    するのが良いかと思います。そもそも屋久島の夜はどこに行っても真っ暗闇ですので。
    翌日の朝から元気いっぱいに活動できるように、夜はお休みしましょう。

夜ヤクシカと遭遇し易い場所

基本的に農業集落がある場所は、ヤクシカやヤクサルから「たんかん」や「ぽんかん」などの作物を
守るために電気柵が張り巡らされています。

なので、そういった場所では県道沿いにまでヤクシカが出てくることは少ないです。
逆に警戒すべきなのは、電気柵なども無く山や川が近くて人家もまばらなエリア

実際に飛び出しのあった場所も含めて、夜ドライブするのであれば以下の場所は
注意してくださいね。

  • 空港から安房にかけての地域
    意外とヤクシカが出るのが空港から安房に向かう途中「小瀬田」「船行」あたり
    急に山側から大型のヤクシカが飛び出してきたことがあるので皆さんも注意して下さいね。
  • 平野周辺
    山から行き来がしやすいのか、昼間でもたまにヤクサルやヤクシカを見かける場所です。
  • 栗生周辺
    大川の滝のあたりにはもちろん多いですが、民家のあるあたりでも出没します。
    特にこの辺りには高低差のある石垣があるので、そこから県道に飛び降りることもあります

この他にも島北部・宮之浦から西側のエリアや島南部・湯泊西側のエリアは、民家が全く無い場所も
多いのでヤクシカが県道近くまで来やすい環境と思います。

夜のドライブは安全運転で楽しい屋久島観光を!

屋久島のヤクシカ

今回は夜ドライブの注意点にスポットを当ててまとめてみました。
せっかくの屋久島旅行なのにヤクシカと衝突事故を起こしてしまうなんて勿体ないですよね。
怪我なんてしてしまったらなおさら大変です。

レンタカーを運転している皆さんも残念な思いをしますし、ヤクシカもとても辛い思いをします。
屋久島の夜はできるだけ宿で楽しい時間を過ごすようにして、もし外出する場合でも
今回まとめた注意ポイントを参考に安全運転で走行するようにしましょう。

夜のドライブは止めて昼間のドライブを楽しみましょう。
こちらの記事ではドライブしながら気軽に立ち寄れる観光スポットについてまとめていますので、
合わせて読んでみてください。

コメント