【温泉&星空観賞】屋久島の屋外天然温泉『湯泊温泉』を紹介

【温泉&星空観賞】屋久島の屋外天然温泉『湯泊温泉』を紹介

屋久島 温泉 湯泊温泉
湯泊温泉 【屋久島】

屋久島には屋外にある天然温泉が2つあります。
1つは『平内海中温泉』、潮位が下がる干潮の2時間前後しか入ることのできない幻の温泉として、テレビ番組で何度も
取り上げられていますよね。

でも今回はもう一方の『湯泊温泉』を紹介したいと思います。
潮位に関係なくいつでも入れるので、潮位が高くて平内海中温泉に入れない場合におすすめですよ。

湯泊温泉情報

泉質  :アルカリ性単純温泉(低張性・アルカリ性温泉)
源泉  :38.4℃
入浴時間:24時間
入浴料金:こころざし200円
電話番号:0997-48-2806

目次

湯泊温泉はこんなスポット 魅力と特徴を解説

それでは早速『湯泊温泉』について紹介したいと思います。
湯泊温泉のどんなところが魅力でどんな特徴があるのか まとめてみました。

湯泊温泉の魅力

湯泊温泉の魅力
  1. 海岸にある屋外天然温泉 潮位に関係なくいつでも入れる。
  2. 夜でも入れるので晴れた日には綺麗な星空が楽しめる。
  3. 地元の島民との会話が楽しめる場所。

湯泊温泉の魅力はなんといっても時間を気にせず入れるところ。夜でも来れるので天気の良い日を選んで来れば
満天の星空を眺めながらの温泉入浴が楽しめてしまいます!

5月~6月ころには近くを流れる川からホタルが飛んでくることもあります。

当館宿泊のお客さまの中にも「湯泊温泉で地元の方と色んな話ができてとても楽しかった」とおっしゃる方が多いです。
地元の方と交流するのが好きな方は是非おすすめです。

湯泊温泉の特徴

湯泊温泉の特徴
  1. 男湯と女湯が柵一つで区分け(ほぼ混浴です)
  2. 源泉温度が38℃なのでぬるめの温泉
  3. 水着・下着での入浴が禁止

続いて湯泊温泉の特徴についてですが、ちょっと注意が必要な部分になるので気を付けて下さいね。

屋久島 湯泊温泉
湯泊温泉【屋久島】

まずは『ほぼ混浴』なこと。
簡易的な柵はありますが男湯と女湯を仕切っているくらいのものなので気になる人は気になると思います(笑)

上の写真の右側が男湯で左側が女湯。
加えて脱衣場が無いので温泉脇の岩陰で服を脱いで入浴します。
水着・下着での入浴はNGなので、湯浴み着やバスタオルを使って入浴するようにしましょう。

そしてもう一つの特徴は『源泉温度38℃のぬるめの温泉』であること。
暖かい時期なら全然問題なく気持ち良く入ることができますが、真冬には寒くて絶対に入れません。

春先や晩秋でも気温が低い日や時間帯には寒くて温泉から出られなくなってしまうことも。
気温がまだ低い時にはできれば日中の方が良く、夜に利用したいのであれば気温が暖かくなった5月以降の方が
寒い思いをせずにゆっくり楽しめると思います。

屋久島町公式ホームページ内湯泊温泉

湯泊温泉の施設を紹介

湯泊温泉 トイレ
湯泊温泉の更衣室とトイレ

こちらの写真にある施設はトイレと更衣室になります。左手がトイレ右側が更衣室です。
更衣室で湯浴み着やバスタオルを着けて温泉まで歩いていく流れですね。

湯泊温泉には少し離れた場所に『離れ湯』があります。写真でどんな場所かを紹介しますね。

屋久島 湯泊温泉
湯泊温泉の離れ湯

通路を進んだ海に突き出る場所に『離れ湯』があります。
この離れ湯だけは水着着用がOKなので誰でも気軽に入浴できますね。

温泉が海の目の前なのが分かると思います。波の音を聞きながら温泉に入る最高のひとときを味わえます(^^♪

屋久島 湯泊温泉 珈琲はまゆ
湯泊温泉の入り口にある喫茶 【珈琲はまゆ】

あともう一つ、湯泊温泉のすぐ脇には【珈琲はまゆ】という喫茶店があります。
営業日が基本金曜日と土曜日というかなり限定的ではありますが、もしタイミングがあれば立ち寄ってみて下さいね。

おすすめは、
コーヒー好きの店主が自身で焙煎した豆をつかって淹れてくれる『珈琲』そして手作りの『スイーツ』。

注意事項

温泉入り口にも大きく表示されていますが、湯泊温泉を利用する際には注意事項があります。

湯泊地区で管理している温泉ということもあり地元の方も多く利用する温泉です。
決められたルールを守って気持ちよく利用するようにしましょう!

湯泊温泉利用上の注意&ルール
  1. 空き瓶、空き缶、タバコの吸い殻などのゴミ類は必ず持ち帰りましょう。
  2. 入浴中にアルコール類を飲んだり、酔った状態での入浴は禁止。
  3. 水着・下着での入浴は禁止。
  4. 体を洗う時は石鹸水が湯の中に入らないように配慮しましょう。
  5. 駐車場でのキャンプは禁止。

➌の『水着・下着での入浴禁止』については、バスタオルを巻いての入浴や湯浴み着を着ての入浴はOK。
また、先ほど紹介した30メートルほど先にある離れ湯だけは水着を着用して入浴しても大丈夫です。

夜に湯泊温泉を利用する場合、辺りは真っ暗なのでライトは忘れずに持ってくるようにしましょう。

アクセス

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2014年に福島から屋久島へ移住。同時に宿泊施設ヴィラウルーを開業しました。
国内外たくさんのお客様との出会いがあり今まで質問や旅行プランの相談など生の声をたくさん聞かせて頂きました。
これからも皆さんのお役に立てたら嬉しいです。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる